【DbD】ピエロな新キラー「クラウン」&金髪美女の新サバイバー「ケイト」情報【デッドバイデイライト】

2018/5/30に公開されたベータテストの内容を元に更新中です。Ver2.0bアップデートの内容も反映しました!

チャプターVIIとなるSAWコラボから約4月以上もの間が空いていたため、まだかまだかと待ちわびているファンが多かったと思いますが、遂に新キラー&新サバイバーの情報が明らかになりました!

今回は久々のコラボ無しオリジナルチャプターとなります。チャプター名は「CURTAIN CALL(カーテンコール)

新キラーと新サバイバーの基本情報やパークなどをご紹介していきます。

▼大型アップデートとなるVer2.0の内容についてはこちらをご覧ください

【DbD】YEAR3&2018年6月Ver2.0アップデート情報まとめ【デッドバイデイライト】
【速報】PC版のVer2.0の配信が開始されましたが、なんとハッチ閉める要素が見送られていました!日本版PS4がリリースされ...

新チャプター「CURTAIN CALL(カーテンコール)」

今回のチャプターVIIIでは新キラー&新サバイバーがデッドバイデイライト完全オリジナルのものとなります。そして予告通り新マップも配信されます。

このチャプター自体が無償/有償になるのかは分かりませんが、Ver2.0からオリジナルキャラはシャードを使って解放できるようになることが明言されていることもあるため、課金要素のオーリックセルズが使ってさっと解放するか、地道にプレイしてイリデンストシャードで解放するかになりそうな気がしています。

このチャプターリリースと同時に、遂にDbDもVer2.0の大台に乗る大型アップデートも実施されます。

かなり色々な点が変更/追加されますので、詳細は↓の記事でご覧ください。

【DbD】YEAR3&2018年6月Ver2.0アップデート情報まとめ【デッドバイデイライト】
【速報】PC版のVer2.0の配信が開始されましたが、なんとハッチ閉める要素が見送られていました!日本版PS4がリリースされ...

新キラー「THE CLOWN(ザ・クラウン)」

新キラーの名前は「THE CLOWN(ザ・クラウン)

見た目の通り「ピエロ」という意味の名前が付いています。お腹がぷっくりした恐ろしい殺人鬼です。

※「クラウン」と聞くと王冠と言う意味の「CROWN」を思い浮かべる人が多いかもしれませんが(私もそうでした/笑)、”R”ではなく”L”で「ピエロ」という意味になります。

羽根を集める趣味があったのがいつしか小動物の足を集めるようになり、最終的には人間の指を集めるようになった殺人鬼です。

攻撃を与えたときなどの「うえ~~~ひゃっひゃっひゃっひゃ」という声なんかかなりおぞましいです。

お腹がぽっこりしたメタボリック体型な(多分)おじさんです。

ちなみにクラウン向けに販売される頭部スキンはこんな感じでよりピエロ感が増します。

まじこえーっす。

新キラー「クラウン」の特徴

クラウンの最大の特徴は、有毒ガスが詰まった小瓶(薬瓶)を投げることができる能力「THE AFTERPIECE TONIC(アフターピーストニック)」ではないでしょうか。

アドオンによって所有できる個数が変化しそうですが、標準だと4つまで薬瓶を保持することができます

足の速さは一般的なキラーの印象でした。遅いか速いかで分けるとすると、速い方ではないでしょうか。

ゲーム内では「狂言のトニック」という名称で翻訳されていますが、ひとまず現時点では「薬瓶」という名称で記述させてもらいます

使い切った場合はその場で調合してリロードすることが可能で、調合している間は移動速度が低下します

武器の柄の部分で瓶の蓋をこづいた後、瓶をクルンクルンと回して薬を混ぜているようなモーションが印象的です。

ちなみにこの間はセカンダリアクションボタンを長押ししないといけません(途中で離すとリロードが解除されます)

この薬瓶を投げると紫色の煙幕が一定範囲に広がり、生存者がその煙幕に触れると激しく咳き込み、1.5秒2秒のあいだ視覚障害・移動速度低下に苦しみます。

Ver2.0bで効果時間が2秒に増加しました!

また、一時的に心音が聞こえなくなります。そのため、救助タイミングなどで喰らってしまうとかなり戸惑います。

薬瓶を投げるときの操作感ですが、弧を描くような軌跡になるので軽いキャッチボールをするような感覚でしょうか。

ちなみに投げるモーションは溜めることもできますし、溜めている間は移動速度が低下しないのも特徴です。

サバイバー側の視点だと、薬瓶の煙幕効果が発動したときはこんな感じの画面になります。全体的にぼやける視覚効果となっています。

ちなみに効果発動中にさらに煙幕に食らうとそこからまた効果が持続し始めます。

あと、個人的な感覚かもしれないですが、薬瓶はサバイバーにも当たり判定があるのですが、頭部にもろに当てられると効果がきつめになるような気がしました。気のせいかもしれないですが…。

アドオンによって効果を強めたり時間が長くしたり、他の妨害効果を与えたりとサバイバーにとってはかなり厄介なスキルだと感じました。


新キラー「クラウン」の固有パーク

ここからはクラウンの3つの固有パークについて説明していきます。

個人的には非常に使いやすいパークが多めのキラーになっていると感じました。

※Ver2.0aで日本語化されたのでスクリーンショットも日本語のものに差し替えました!

まやかし(BAMBOOZLE)

跳び越えるスピードが5%増加する。
跳び越えを行うと、エンティティがその跳び越えた位置を8秒間ブロックする。
その場合、ブロックされる位置は一度に1か所だけで、サバイバーのみがブロックされる。

乗り越え速度が5%/10%/15%上昇する上に、乗り越えた窓枠を8秒/12秒/16秒間封印するパークとなります。

生存者が同じ窓枠を3回越えるとひじきのような障害物が生えてきますが、それと同じように障害物を一発で生やすことができます。ちなみにこの障害物は生存者にのみ有効です。

但し、この障害物は同時に1か所の窓枠にしか有効になりません。

そういう制約はありますが、強ポジでの窓枠封じとしては超強力なパークになりえると私は思います。このパーク流行りそうな気がしますが、いかがでしょうか。

ピエロ恐怖症(COULROPHOBIA)

存在そのものが、底知れない恐怖を呼び起こす。自分の心音範囲内のサバイバーの治療速度が30%低下する。

脅威範囲内にいる生存者の治療速度が30%/40%/50%低下するパークです。

似たようなパークに「看護婦の使命(ナースコール)」がありますので、正直このパークの有用性が感じられません…と思ったのですが、「きっとやり遂げる」対策にもなるかもしれませんね。

「苦悶の根源」を付けた爆音ドクターのようなパーク構成にした際にはさらに効果を発揮するかもしれません!?(みなさんはどう思うでしょうか)

イタチが飛び出した(POP GOES THE WEASEL)

エンティティとの深い絆が強力なパワーを解放する。サバイバーをフックに吊るすと、次に破壊する発電機の修理過程が、即座に15%後退する。その後は、発電機が受けるダメージは通常に戻る。
イタチが飛び出したはサバイバーが吊るされた後、30秒間発動する。

フックに吊るして30秒間の間、最初に蹴った発電機が一瞬で15%/20%/25%後退するパークとなっています。

確実に発電機を遅延させることができるパークなので、フックに何度も吊るすような戦い方をするキラーにとっては非常に有用なパークになると思います。

フックに吊るす→バベチリで索敵→ついでに発電機破壊を繰り返せば、修理を遅らせられるかもしれないですね。

過充電(オーバーチャージ)と組み合わせてさらなる遅延を狙うのも手かもしれません。

ただ、30秒はかなりあっという間に過ぎてしまうので、ナースとヒルビリー以外だとちょっとキツイかも…?

▼パークまとめ

パーク名効果
まやかし
(BAMBOOZLE)
窓枠乗り越え速度が5%/10%/15%上昇
乗り越えた窓枠を1つだけ8秒/12秒/16秒間封印する
ピエロ恐怖症
(COULROPHOBIA)
脅威範囲内にいる生存者の治療速度が30%/40%/50%低下
イタチが飛び出した
(POP GOES THE WEASEL)
フックに吊るして30秒間の間、
最初に蹴った発電機が一瞬で15%/20%/25%後退する

新キラー「クラウン」のアドオン

パブリックベータテストの2.0aにてアドオンの日本語訳も追加されましたので、その情報をもとにアドオンを一覧形式でご紹介します。

一部明らかにおかしな訳は修正していますが、ほとんどそのまま掲載します。

※スクリーンショットでは、うっかり使ってしまって一部アドオンが表示されていませんのでご了承ください(笑)
レア度アドオン名効果効果重複
ウルトラレア入れ墨男の中指・陶酔したサバイバーのオーラを6秒間探知できる。×
ウルトラレア赤毛の小指・薬瓶が直接命中したサバイバーが
 窮地の状態効果を受ける。
ベリーレア安物のジンボトル・開始時に薬瓶を2つ追加で所有する。
・持ち運べる薬瓶の数が2つ増加する。
ベリーレア派手なメイクアップキット・薬瓶の効果範囲がある程度広がる。
・薬瓶の効果時間がある程度延長する。
ベリーレア葉巻の箱・薬瓶の効果範囲をわずかに増加する。
・陶酔した対象の視界のぼやけがわずかに増加する。
ベリーレアエーテル 15VOL%・陶酔の効果時間がかなり増加する。
レアVHSポルノビデオ・薬瓶のリロード中移動速度がある程度増加する。
レアエーテル 10VOL%・陶酔の効果時間がある程度増加する。
レアクロロホルムのボトル・薬瓶の効果範囲がある程度増加する。
レアブリーチのフラスコ・陶酔したサバイバーがある程度余分に
 鈍足のペナルティを受ける。
レア硫酸の瓶・陶酔した対象が滅多切りの状態効果により
 120秒間持続する大幅なダメージを受ける。
アンコモンネバネバしたソーダボトル・開始時に薬瓶を1つ追加で所有する。
・持ち運べる薬瓶の数が1つ増加する。
アンコモンムクドリの羽・薬瓶のクールダウン時間がある程度減少する。
アンコモン厚いコルク栓・リロード時間がある程度減少する。
アンコモン溶剤の容器・陶酔した対象が30秒間、
 消耗の状態効果を受ける。
アンコモン灯油缶・陶酔した対象が30秒間、
 目くらましの状態効果を受ける。
コモンエーテル 5VOL%・陶酔の効果時間がわずかに増加する。
コモンコマドリの羽・薬瓶のクールダウン時間がわずかに減少する。
コモン指なしパレードグローブ・リロード時間をわずかに減少する。
コモン臭い中底・リロード中の移動速度がわずかに増加する。



新サバイバー「KATE DENSON(ケイト・デンソン)」

金髪(?)でナイスバディが光る新サバイバー「KATE DENSON(ケイト・デンソン)」です。

女性サバイバーの中ではもっとも肌の露出が多めではないでしょうか。左腕にはびっしりとタトゥーが入っています。

彼女は旅するギタリストなのですが、森の中でギターを弾いているところさらわれてしまい、このデッドバイデイライトの世界に迷い込んでしまいました。

美しいです。。。

新サバイバー「ケイト・デンソン」の固有パーク

ここからはケイトの3つの固有パークについて説明していきます。

ケイトの固有パークは新しい概念のものが多くて面白いですね。全サバイバー必須と呼べるほど強力ではないかもしれませんが、戦術の幅が広がりそうな可能性を感じました。

※細かい数値はまだ不明な点がありますので誤りがあるかもしれません。随時更新していきますので、ご了承ください。

私と踊ろう(DANCE WITH ME)

素早い跳び越えを行ったり、ロッカーから飛び出したりする時、3秒間跡を残さない。
私と踊ろうの再使用は60秒間のクールダウンを必要とする。

走って窓枠を跳び越えるorロッカーから飛び出した時に3秒間スクラッチ(走った痕)を残さないパークとなります。1度発動すると60秒/50秒/40秒のクールダウンが必要になります。

ポイントはゆっくりだと効果が発動しないというところです。勢いよく跳び越えるかロッカーから出ないといけません。

そのため、このパークが発動するときはキラーに通知される音が発せられるときになります。

チェイスでキラーを撒くときに非常に有効なパークになりえますが、「素早く静かに」や「しなやか」など他のパークとの組み合わせが重要になってくると思います。

好機の窓(Windows of Opportunity)

オーラを読み取る能力を解放。20メートル以内のパレットを跳び越えのオーラを探知できる。
追跡中に跳び越えを行ったりパレットを倒したりする時、好機の窓は60秒間のクールダウンを必要とする。

20メートル以内にある板(パレット)と窓枠がオーラとして可視表示されるパークとなります。

チェイス中に窓枠越えか板倒しをしてしまうと60秒/50秒/40秒間のクールダウンが必要となります。

ちなみに画面で見るとこんな感じで表示されました。

パレットと窓枠が黄色いオーラで表示されるようになります。ゲーム序盤だと板も多く残っているので、結構気になります(笑)

キラーに見つかって逃げ出したときに、どっちの方に逃げる方が立ち回りしやすいかを判断するのに重宝しそうなパークですね。

板も少なくなるゲーム後半で効果を発揮しそうですが、どれだけ有用なパークとなるか様子見したいです。

ボイルオーバー(BOIL OVER)

闘志を奮い起こし、最後まで抵抗しろ!担がれたサバイバーの抵抗の効果が25%増加する。
10メートル以内にあるフックのオーラを探知するキラーの能力を妨害する。

瀕死状態になりキラーに掴まれた際にもがきの揺れ効果が25%/50%/75%上昇するパークです。またその際、キラーは10/12/14m以内のフックのオーラが見えなくなります

だだっ広いマップだとあまり効果を発揮しないかもしれませんが、入り組んだ建物やオブジェクトなんかだとレア度を上げれば有用なパークになるかもしれません。

レア度IIIまでいけば揺れ効果がかなり上昇するので、レア度最大の時にどうなるか試してみたいと思います。

▼パークまとめ

パーク名効果
私と踊ろう
(DANCE WITH ME)
走って窓枠を跳び越えるorロッカーから飛び出した時に3秒間スクラッチ(走った痕)を残さない。
1度発動すると60秒/50秒/40秒のクールダウンが必要
好機の窓
(Windows of Opportunity)
20メートル以内にある板と窓枠がオーラとして可視表示される
チェイス中に窓枠越えか板倒しをしてしまうと60秒/50秒/40秒間のクールダウンが必要
ボイルオーバー
(BOIL OVER)
瀕死状態になりキラーに掴まれた際にもがきの揺れ効果が25%/50%/75%上昇。
キラーは10/12/14m以内のフックのオーラが不可視



新マップ「FATHER CAMPBELL’S CHAPEL – クロータス・プレン・アサイラム」

新マップはピエロらしくサーカス団の跡が伺えるようなオブジェクトが確認できました。

追ってこの辺は更新したいと思います。

▼大型アップデートとなるVer2.0の内容についてはこちらをご覧ください

【DbD】YEAR3&2018年6月Ver2.0アップデート情報まとめ【デッドバイデイライト】
【速報】PC版のVer2.0の配信が開始されましたが、なんとハッチ閉める要素が見送られていました!日本版PS4がリリースされ...
デッドバイデイライト関連記事