【Switch】ニンテンドースイッチで遊べるおすすめのアクションRPG14選

ニンテンドースイッチで人気のジャンルと言えばアクションゲームですが、そこにRPG要素が盛り込まれたアクションRPGも非常に人気です。

特にゼルダの伝説は長年多くのファンを持つシリーズですよね!それ以外にも高い評価を受けているタイトルがたくさんあります。

今回はアクションRPGのジャンルに絞って、Switchで遊べるおすすめタイトルをご紹介させてもらいます!

★商品情報はAmazon Product Advertising APIから取得して表示しています。限定版や廉価版などが発売されている場合は、評価は平均値あるいはもっとも件数の多いものを採用しています。
★評価ポイント及びレビュー件数は随時再集計していきます。

Switchで遊べるアクションRPG

ここからはおすすめのタイトル順にアクションRPGをご紹介させてもらいます。

レビュー文章を準備中のタイトルについてはTwitter引用によるユーザーの皆さまの声をまとめていますので、ぜひ参考にしてみてください!

ゼルダの伝説 ブレス オブ ザ ワイルド

発売日 : 2017/3/3
発売元 : 任天堂
ジャンル : オープンワールド型アクションRPG
販売方法 : パッケージ/ダウンロード版
評価 : 4.6
レビュー件数 : 2,106件(2019/08/06 13:00時点)

ニンテンドースイッチのローンチタイトルとなった(Wii U版も出たけど)、ゼルダ最新作の「ゼルダの伝説 ブレス オブ ザ ワイルド」です。

ゼルダの伝説としては初めてオープンワールドが採用されたタイトルです。そのオープンワールドという世界が、多くのゼルダファンを魅了し没頭させるほどの面白さを生み出してくれました。

天候・気温・時間が変化する大自然の中、木を切り倒したり、崖を登ったり、滑空したり、泳いだり、料理を作ったり、本当に自由な冒険が楽しめるゲーム性になっています。

遊び方が自由なことに加え、そのフィールドの広大さに圧倒されることになります。大きさは「トワイライトプリンセス」の12倍程度とされていて、高い所に立って見える遠くまで行ける広大さがあります。

ちょっと気になる点としては、従来のゼルダの伝説を楽しんで来た方にとっては、少し謎解き要素が物足りないと感じるところでしょうか。

それでも新たなゼルダの伝説の魅力を見せてくれたタイトルとして、世界中で高い評価を受けています!

ただ、全員が全員詳細しているわけでもない点には一応触れておきます。その理由は、PS4やPCなどのオープンワールドゲームに慣れ親しんでいる方にとっては目新しさを感じにくいからです。

そのため、これまでオープンワールド型のRPGをプレイしたことがない人にこそ特にオススメしたいタイトルになっています!

多くのオープンワールド型RPGは、世界観がかなり大人向けのものが多いのが正直なところ。そういう意味で、子どもから大人まで幅広く楽しめるオープンワールドとしては初の名作と呼べるかもしれません!

「The Game Awards」「D.I.C.E.Awards」「GDCアワード」と言った世界の著名な3大アワードで2017年度におけるゲーム・オブ・ザ・イヤーを獲得し、日本国産ゲームとしては初の快挙を成し遂げました!世界中から賞賛を得たこれぞまさに神ゲーです!

イースVIII -Lacrimosa of DANA-

発売日 : 2018/6/28
発売元 : 日本一ソフトウェア
ジャンル : オープンワールド型アクションRPG
販売方法 : パッケージ/ダウンロード版
評価 : 4.4
レビュー件数 : 52件(2019/08/06 13:00時点)

イース8 プレイ画面

2016年7月にPS Vitaで発売されたタイトルのリマスター版がPS4で2017年5月にリリースされましたが、同様にスイッチ版としてもリリースされたのが本作「イースVIII -Lacrimosa of DANA-」です。ファルコム35周年記念作品となったタイトルです。

PS Vita版も非常に高い評価を受けていましたが、PS4版もまた非常に高い評価を受け、色褪せることなく人気のアクションRPGです。

キャラクター、マップ、UI等すべてのデータが高解像度化されており、フレームレートも60fpsと非常に滑らかになっています。

イース8 プレイ画面

ただ、高解像度化されていると言ってもイース8のグラフィックは実は大したことないんです。普通にPS3レベルと言っても過言ではありません。

つまり、イース8の良さはそこではありません。

昨今のオープンワールドアクションRPGは、映画のような派手さや実物のようなリアルさがウリだったりします。そういった作品とは一線を画し、イースはかつての家庭用ゲームのようなカジュアルにアクションが楽しめる操作性を提供してくれています。

イース8 プレイ画面

また、PS4版同様にスイッチ版でもロードが劇的に早くなっているのでさらに軽快に遊べるようになりました。

広大なフィールド探索や素材回収などの収集要素が面白いRPGなので、ストレスなく遊べるようになっています。

ストーリー、BGMも高い評価を受けているイース8。昨今の壮大過ぎるゲームが苦手な方や、往年のアクションRPGの冒険感を味わいたい方にオススメしたいタイトルです!!

回復アイテムやステータスを向上させるアイテムなどをDLCで購入できるのも面白いですね。遊びたいけど忙しくてレベル上げしてる時間がない方もいると思いますので、そういう方のための近道として個人的にはアリだと思います!(賛否あるかもしれませんが)

ドラゴンクエストビルダーズ2 破壊神シドーとからっぽの島

発売日 : 2018/12/20
発売元 : スクウェア・エニックス
ジャンル : ブロックメイクRPG
販売方法 : パッケージ/ダウンロード版
評価 : 4.0
レビュー件数 : 231件(2019/08/06 13:00時点)

ドラゴンクエストビルダーズ2 プレイ画像

▲画像はPS4版のスクリーンショット(以下同様)

2016年1月に発売されたドラクエの世界が舞台となった新しいサンドボックスRPGの続編「ドラゴンクエストビルダーズ2 破壊神シドーとからっぽの島

ブロックやアイテムを組み合わせてモノ作りを楽しむブロックメイクRPGと称されていて、主人公は駆け出しビルダーとして活躍していくストーリーとなっています。

本作の舞台は「ドラゴンクエスト2 悪霊の神々」のその後の世界が描かれていて、わりとまったりとお話が進む物語になっています。

ドラゴンクエストビルダーズ2 プレイ画像

前作での不満点が解消されていて、アイテムボックスに個数を指定して出し入れできたり、スキップトラベルが使いやすくなって移動しやすくなったり、高い所から落ちても死ななくなったりとより遊びやすい仕様になっています。

前作はRPG色が強めの作りになっていて章ごとに街を作り直すという不満がありましたが、本作は章立てではないので一つの島をずっと発展させることができます。

UI含めて前作からの正統進化といった感じで、より遊びやすくなったドラクエビルダーズが楽しめます!

ドラゴンクエストビルダーズ2 プレイ画像

本作で新しくなった要素として注目すべき点はこの辺ではないでしょうか!

  • 作れるモノの高さが前作の31段から約100段と約3倍にUP
  • 水の表現度が向上し、流れ落ちる滝や水路などの表現が可能に
  • ダッシュ移動が可能になり、水中にも潜れるようになった
  • 一人称視点(主人公視点)でのプレイが可能に
  • 最大4人でのマルチプレイに対応(Switch版のみローカル通信可能)

さつえいモード」も搭載されていて、色々な視点から表現度の高い写真を撮ることができるのも嬉しいですね。撮った写真を「けいじばん」でオンライン公開することも可能なので、自分の作ったモノを他の人に「いいね」してもらえます。

リリースして日が浅いうちから既に多くの写真が投稿されていて、他の人のアイデアを参考にすることができるのもいいですね!

ドラゴンクエストビルダーズ2 プレイ画像

ただ難点と言えることがいくつかあるのもまた事実で、基本的にセーブデータは1ユーザーにつき1つしか作れません。昨今のゲームでこの縛りはちょっとキツイかなと思います。

また、(私は未確認ですが)ストーリー進行上のバグにより先に進めなくなって詰んでしまうことがあるようです。詰んだ状態でセーブしてしまうとアウトなのは厳しい。。。いずれアップデートで改善されるとは思うのですが、もし遭遇してしまうとしんどいかも…。

分割プレイがなくなったことも、人によってはマイナス点と感じるかもしれませんね。

あと、これは大人の私がプレイしたあくまで個人的な感想にはなりますが、ストーリーが前作よりもゆる~くなったと感じました。子どもでも遊びやすくなった反面、大人にとっては少しまったりし過ぎていると感じるかもしれません。

ドラゴンクエストビルダーズ2 プレイ画像

それでも、マイクラよりも幅の広い表現力が豊かなモノ作りができるのでサンドボックス型ゲームとしては非常に面白いタイトルだと思います。

ちょっと評価は低めではあるのですが、ゲーム自体の面白さと今後のアップデートによる改善に期待を込めてレビューを掲載させてもらいます!

ちなみにSwitch版とPS4版で悩む人がいるかもしれません。残念ながらSwitch版は約30fpsということもあり、描画の滑らかさでいうとPS4版よりも劣ってしまいます。特にテレビモードはカクつきやすいという声も上がっています。

それでも寝転びながらや外でも遊べる携帯性のメリットはデカいと思います!ローカル通信にも対応していますので、この辺りを重視する方にとってはSwitch版が良いのではないでしょうか!

© 2018 ARMOR PROJECT/BIRD STUDIO/SQUARE ENIX All Rights Reserved. © SUGIYAMA KOBO

DARK SOULS REMASTERED

発売日 : 2018/10/18
発売元 : フロムソフトウェア
ジャンル : アクションRPG
販売方法 : パッケージ/ダウンロード版
評価 : 3.8
レビュー件数 : 53件(2019/08/06 13:00時点)

ダークソウルリマスター タイトル画像

デモンズソウルが口コミでじわじわと人気を集め、続編となる本作から爆発的な人気シリーズの地位を確立したタイトルのリマスター版「DARK SOULS REMASTERED」です。

当時PS3で発売されたタイトルでPS4版が先行してリマスター版が発売されていましたが、約5ヵ月ほど遅れてニンテンドースイッチ版が発売されました!ダークソウルと言えば据え置き機でしたが、携帯機として遊べるのは初になりますね!

PS3版の発売から約7年経ったタイトルではありますが、リマスターされていることもあって昨今のコンシューマーゲームとなんら遜色のないアクションRPGを楽しめることができます!

ダークソウルリマスター プレイ画像

▲画像はPS4版をプレイ時のスクリーンショット(以下同様)

PlayStationユーザーではない方には馴染みの薄いタイトルかもしれないので説明させて頂きますが、ソウルシリーズは死にゲーとされる人気3DアクションRPGとなっています。

死にゲーと言うのは初見ではクリアが難しく、死にながら攻略方法を覚えていくゲームのことを総称するのですが、ソウルシリーズは死にゲーの中でも最高峰に位置するほど絶妙なゲームバランスを誇っています。

ボス敵だけでなく、雑魚敵でも油断するとあっという間に殺されますし、フィールド上のトラップや足を踏み外しただけで死ぬことも多々あります。その難易度さからマゾゲーとも言われているわけです。

しかも、ソウルと呼ばれる経験値のようなものがあるのですが、死ぬとその場に落とすんですね。そしてそれを取る前に再度死んでしまうと、初めに落としたソウルは消えるマゾ仕様です(笑)

ダークソウルリマスター プレイ画像

難しいとされるゲームに馴染みが薄い方からすると「そんなゲームのどこが面白いの?」と思われるかもしれないですが、本シリーズは死にながらもちょっとずつ攻略の糸口を見つけ、攻略できた時の喜びがハンパないからなんです!

また、ソウルを費やすことでキャラにステータスを割り振りながら育成をしていくのですが、ステータスによって装備できる武器や魔法などが変わってくるんです。そのため、プレイスタイルに応じたキャラ育成が重要になってきます。

プレイヤーそれぞれの立ち回り方を考えながら、超強いボス敵を倒せたときの快感はすごいものがあります。「ヨッシャー!」と一人でも叫んでしまうこともしばしば(笑)

例えるならば、長時間ハードな運動をしたあとにやっと水分を補給したときに感じる幸福感に近いかもしれません!

ダークソウルリマスター プレイ画像

本作はリマスター版ということもあり、マップの構成やオブジェクト、敵キャラや自由度の高いくせにプレイヤーを突き放すルートなど、ダークソウルが綺麗に生まれ変わった世界をまた楽しめる喜びがあります。

スイッチ版はPS4版よりも若干画質は劣る点はあるものの、TVモードであれば1080pのほぼ固定30fps、携帯モードでも720pの画質で遊ぶことができます。そのため、PS3よりは確実に向上しています!

さらに、オンラインマルチプレイの機能も拡張されました。追加DLC「ARTORIAS OF THE ABYSS」も収録されていますので、まさに完全版と言えます。

本当の原点は「デモンズソウル」ではあるのですが、Switchで初めて遊ぶことができるソウルシリーズは本作「DARK SOUL REMASTERED」となりますので、古いタイトルだからと言わずにぜひ遊んでみてください!歯応えバッキバキのアクションRPGが楽しめますよ!

ただ、少し前のゲームということもあってゲームの難易度としてはシリーズの中でも高めだと思います。そのため、3Dアクションが苦手な方はくれぐれもご注意ください💦(私の知人にゲーム序盤で挫折した人もいたくらいなので)



進撃の巨人2

発売日 : 2018/3/15
発売元 : コーエーテクモゲームス
ジャンル : アクションゲーム
販売方法 : パッケージ/ダウンロード版
評価 : 4.3
レビュー件数 : 46件(2019/08/06 13:00時点)

▲スクリーンショットはPS4版のもの(以下同様)

前作はPS3/4/Vitaタイトルだったのでニンテンドースイッチはとしては初のシリーズ作品となる「進撃の巨人2」。アクションやゲーム性が大幅に進化を遂げたアクションゲームです。

前作ではアニメ:進撃の巨人 Season1までを描いたストーリーでしたが、今作ではSeason1~Season2までのストーリーが収録されボリュームアップしています。また、原作の諌山先生監修のオリジナル展開も収録されています。

ストーリーの演出パートもフルボイスで展開され、丁寧にシナリオが描かれているので原作を知らない方でも充分に理解できる内容になっています。

前作ではシーンに応じて原作キャラを操作してゲームを進めるストーリーとなっていましたが、本作ではオリジナルの主人公を操作して物語を進めていきます。自分自身でオリジナルのキャラクターをエディットして、第104期訓練兵団の一員としてエレンやミカサ、アルミンなどと共に戦っていきます。

ゲーム版「進撃の巨人」の最大の特徴と言えるのが立体機動装置を使った空中アクションですが、その動きもより原作に近い多彩なアクションが可能になっています。

アンカーを射出してビュンビュンと素早く移動する爽快感は基本そのままに、通常の攻撃アクションに加え「奇襲攻撃」や「フックドライヴ」といった新たな要素が追加されました。

奇襲攻撃は遠距離からスナイプするかのごとく一気に間合いを詰めて攻撃するアクション、フックドライヴは巨人の背後に高速で旋回して大ダメージを与えます。一撃死の場合は原作さながらの演出が挿入されて非常にカッコいい!

前作だと「アンカー射出→タイミング合わせて攻撃」が基本の戦い方となってしまいバリエーションが少なかったのですが、より多彩な戦い方ができるようになりました。

戦闘中バディとなった仲間に指示を出してそのキャラ固有の攻撃・支援をしてもらったり、日常パートでそれぞれのキャラとの会話・行動により絆を深めたりと、仲間の連帯感をより感じられる仕組みになっています。

巨人も進化しており、グラフィックがよりリアルになっているのはもとより、警戒度という要素が追加されて「デンジャーゾーン」に突入すると巨人に集中狙いされる恐怖を感じます。

ただ、オンライン要素は充実はしてはいるもののプレイ人口が少ないのでオマケ程度に考えたほうがいいです。主にオフラインで楽しむアクションゲームという認識で購入されるのが吉だと思います!

本作のストーリーはSeason1から描かれているので、前作をプレイしていなくても全く問題ありません!(むしろ前作未プレイの方がより楽しめると思います)

プレイアブルキャラクターが10名→30名に増えたりと今回書ききれなかった進化要素が他にもあります。原作やアニメを知らない人でもめっちゃ楽しめます!

▼Season3のストーリーが追加収録された新パッケージも2019年7月4日に発売されました!

The Elder Scrolls V: SkyrimR

発売日 : 2018/2/1
発売元 : ベセスダ・ソフトワークス
ジャンル : オープンワールドRPG
販売方法 : パッケージ/ダウンロード版
評価 : 4.1
レビュー件数 : 113件(2019/08/06 13:00時点)

2011年にマルチプラットフォームで発売された「The Elder Scrolls V: Skyrim(通称: スカイリム)」。タイトルに「SPECIAL EDITION」と明示的に付いてはいませんが、PS4やXbox Oneと同様にこれまで発売された3つの追加コンテンツを全て同梱されています!

昨今、オープンワールド型のアクションRPGは多く発売されていますが、スカイリムは真の意味での自由度を持ったオープンワールドと言える名作です。

すさまじいほどのボリュームなので遊びつくすのも大変なのですが、携帯モードでいつでもどこでも遊べるメリットがもっとも得られるのがスイッチ版と言えます。そのため、非常に高い評価を受けています!

RPGがロールプレイングゲームの略であることは多くの方がご存知かと思いますが、もともと「ロールプレイング」というのは別の誰かを演じることを指す言葉です。だから、本来の意味でいう「RPG」というのは、そのゲーム世界の中で別人に成りきることが求められるわけです。

ただ、昨今多くの人がプレイしているRPGは、そのゲーム世界に設定があって、シナリオがあって、ストーリーがあって、それを進めていくのが基本です。主人公などを操作できますが、どちらかと言うと「成りきる」というよりは「操る」という感覚に近いものがあります。

しかし、スカイリムは「スカイリムという世界の中に自分の分身を作って生きていく」という真のRPGを体験させてくれるゲームになっています。

グラフィックが本物のようなリアルさがあるわけでもないし、敵との戦い方に戦略性があるかと言われるとそうでもありません。おそろしく広大な世界で自由に生きていくことが基本で、クエストをしたり冒険をするのもあくまで本人の勝手なんです。主目的であるドラゴン討伐をほったらかしでもいい自由さがいいんです!

なんとスカイリムのマップは16平方マイルもあるようです!メートルに直すと約40キロ平方メートルで、東京ドーム約8,555個分となっています。現実で歩いて回るだけでもめまいがしそうですね(笑)

戦士、魔法使い、アサシン、盗賊、人狼、吸血鬼などのプレイスタイルも用意されています。また、プレイヤーの行動は本当に自由なので、街の人をいきなりぶん殴って悪者になることも、助けを求めて来た人を守ることもできます。全ての行動はプレイヤーの気分次第でいいんです。

もともとスカイリムは結婚することができるゲームだったのですが、追加DLCによって土地を購入して家を建てることができるようになりました。また、子どもを養子にすることで家族も増やせます(まさに自分の分身!)

最近のオープンワールドRPGのような派手さや壮大なストーリーはないですが、真の意味でのRPGを体験することができるゲームとして非常に高い評価を受けています。あの名作「ゼルダの伝説BotW」の開発陣もスカイリムの影響を強く受けているそうです。

スイッチ版ということでロード時間も短く、携帯モードで気軽に遊べる手軽さがなんと言っても魅力です。ただ、スイッチ版はPS4/PC版などに比べると性能面では劣ってしまうため、グラフィックが少し落ちる点はご注意ください(特に気になるレベルではないですが)

また、ニンテンドースイッチ版の独自要素としてJoy-Conを使った特殊な操作が可能なことが挙げられます。Joy-Conを縦や横に振ることで剣を振るアクションができますし、弓を撃つことも可能です。ジャイロ機能や加速度センサーを活かした動きができるので、据え置き機とは異なる一味違うスカイリムを楽しむこともできます。

オマケ程度の要素ですが、ゼルダの伝説シリーズのamiiboを使うとリンクの装備が手に入るようですよ!

ディアブロ III エターナルコレクション

発売日 : 2018/12/27
発売元 : Blizzard Entertainment
ジャンル : ハクスラ系アクションRPG
販売方法 : パッケージ/ダウンロード版
評価 : 4.3
レビュー件数 : 93件(2019/08/06 13:00時点)

ディアブロ3 タイトル画面

家庭用ゲーム機での発売タイトルが増えて徐々に認知が増えて来たジャンルの”ハクスラ系“ですが、その中で最も人気の高いタイトルの1つが「ディアブロ III エターナルコレクション」としてSwitchにも登場しました。

家庭用ゲーム機としてはPS4版が2014年8月にリリースされていますが、遂にモニター無しでも携帯モードで遊べちゃうSwitch版ということで高い評価を受けています!

ただでさえ中毒性の高いタイトルが携帯モードで遊べるというだけあって、ハマり過ぎてやめ時を見失ってしまう人が続出しています(笑)

PS4版よりも高い価格設定となっていますが最新のDLC「ライズ オブ ザ ネクロマンサー」が含まれていますので、(本作リリース時点における)全ての職業を選択することができるようになっています(ただし、PS4よりグラフィックの質は少し落ちます)

ディアブロ3 戦闘シーン

斜め見下ろし型のアクションRPGとなっていて、自キャラを左スティックで操作しながら迫りくる大量の敵をスキルを活用してザクザクと倒していくゲームとなっています。

この”ハクスラ”というのは「ハック&スラッシュ」の略なのですが、hack(切り刻む)とslash(叩き斬る)の言葉通り、敵を倒していくことに重きを置いたゲームを指します。サクサクと戦闘を繰り返すジャンルです。

もう少し補足すると、繰り返し戦闘することで得られる経験値や装備品などにより、自キャラをどんどん成長させていく楽しさを追及するゲームでもあります。

攻撃ボタンをガンガン押しながら(スキルによっては押しっぱなしも可)、ワラワラ湧いてくる敵をガンガンと蹴散らす俺ツエー感を味わうことができます!

ディアブロ3 会話シーン

ストーリーはダークファンタジー風の内容となっていて、登場人物との会話は基本フルボイスで展開されています。世界観が非常に練り込まれており、途中ムービーも挿入されたりとかなり作り込まれています。

職業ごとにストーリーも微妙に変わっていたりしますので、他のキャラクターを育てる場合にもその微妙な差異を楽しむことができます。

基本的なゲームの進め方としては、まずはストーリーをクリアし→クリア後に解放されるアドベンチャーモードでレベル70を目指し→さらに様々な機能やアイテムを解放・入手していく流れになります。やり込み要素はめちゃくちゃたくさんあります!

ディアブロ3 職業選択

ディアブロ3ではもともと5つの職業から選択できたのですが、本作では最新のDLCも含まれていますので計7つの職業から選ぶことができます(PS4版そのままでは選べないネクロマンサーも選べます)

モードとしては、「通常キャラクター」「ハードコア・キャラクター」「シーズン・キャラクター」「ハードコア・シーズンキャラクター」の4つがあるのですが、ゲーム内では説明が少ないので分かりにくいと思います。

ハードコアは一度死ぬとセーブデータがなくなるモードで、シーズンは決められた期間の間にオンラインでランキングを競いあうモードとなっています。通常モードで進めてしまうとそのキャラではシーズンに参加ができなくなってしまうので、基本的にはシーズンモードを選ぶことをおすすめします

ディアブロ3 戦闘シーン

Switch版は携帯モードで遊べるのが良い点として先ほど述べましたが、友人などで集まって最大4人までのローカル通信マルチプレイが可能な点も特筆すべき点と言えます。

残念ながら私は試せていませんが、某ハンティングアクションゲームと同じ様にみんなでワイワイ共闘できるアクションRPGとしても最高だと思います!

ただ、Switch版は据え置き機と違って外でプレイする方もいるので1点注意が必要です。シーズンキャラの場合はプレイ時にオンラインでのログインが最低限必要になります。そのため、外出先でプレイする際はテザリングやモバイルWi-Fiが必要になる点にご注意ください。

中毒性の高いハクスラ系アクションRPGとして神ゲー認定されていますので、(人を選ぶゲームではありますので)ゲーム性が合いそうだと感じた方にはぜひおすすめしたいタイトルです!

チョコボの不思議なダンジョン エブリバディ!

発売日 : 2019/03/20
発売元 : スクウェア・エニックス
ジャンル : ダンジョンRPG
販売方法 : パッケージ版/ダウンロード版
評価 : 3.4
レビュー件数 : 61件(2019/08/14 20:00時点)

ドラゴンクエストヒーローズI・II for Nintendo Switch

発売日 : 2017/3/3
発売元 : スクウェア・エニックス
ジャンル : アクションRPG
販売方法 : パッケージ/ダウンロード版
評価 : 3.9
レビュー件数 : 83件(2019/08/06 13:00時点)

PS3/PS4/PS Vitaで発売された「ドラゴンクエストヒーローズI」「ドラゴンクエストヒーローズII」を一本にまとめたのが本作「ドラゴンクエストヒーローズI・II for Nintendo Switch」です。

一部追加要素があるものの、内容としてはほぼ他機種版と同様のドラクエヒーローズになります。

スイッチ版の追加要素は、ドラクエIVに登場した「ライアン」の参戦とドラクエIIの「破壊神シドー」が敵として登場することです。また、HD振動が一部対応しています。

ということで先に言っておくと、既にプレイ済の方は特に購入しなくてよいと思います(笑)

個人的にドラクエヒーローズは、リアリティのあるドラクエの世界を楽しめるアクションRPGだと思っています。ターンごとに攻撃するのでなく、リアルタイムにわらわらと現れるモンスターと戦う方が、冒険している感覚を味わえるからです。

また、グラフィックの面で言えばPS4版にはもちろん劣りますが、携帯モードでいつでもどこでも気軽に遊べるのはスイッチ版の良さだと思います。

そういう意味では、ドラクエヒーローズ未プレイでPS4を持っていない方であればぜひオススメしたいタイトルです!

ただ正直、定価が1万円近い高い設定にするのであれば、IとIIを別々にして発売すればよかったのになあとは思います。というか、移植作品なのであればもっと安くしてほしいところですね。

追加コンテンツも全て実装されていますが、そもそも追加コンテンツは無料配信だったので…(笑)

ちょっと不満もありますが、ヒーローズは新しいドラクエで面白いアクションRGPですよ!

ファイアーエムブレム無双

発売日 : 2017/9/28
発売元 : コーエーテクモゲームス
ジャンル : 無双アクション
販売方法 : パッケージ/ダウンロード版
評価 : 3.9
レビュー件数 : 177件(2019/08/06 13:00時点)

任天堂IPとして非常に人気の高いシミュレーションゲーム「ファイアーエムブレム(FE)」シリーズと、コーエーテクモゲームスの代表作とも言える「無双」シリーズがコラボしたタイトル「ファイアーエムブレム無双」です。

任天堂タイトルと無双シリーズは過去にWiiU「ゼルダ無双」でコラボしていますが、今回も同様にコーエーテクモが開発・発売したゲームとなっています。

本作オリジナルの主人公2人「シオン」と「リアン」、FEシリーズの主要キャラクターが操作可能な敵兵ワラワラのアクションRPGです。

FEシリーズのファンの方も無双シリーズがファンの方も、どちらもが注目したタイトルなのではないでしょうか。

ゲームの展開としては、ストーリー部(ムービー・会話)→作戦(配置・指示)→無双アクション→ミッションクリア→キャラ強化(紋章・武器装備)が基本的な流れとなります。

3Dグラフィックなのですがトゥーン調のグラフィックになっていることもあり、ファイアーエムブレムの原作イラストがばっちり再現されていると感じました。各キャラ固有の武器によるモーションも、それぞれのキャラの特徴がよく現れています。

FEならではの、武器の三すくみ(剣・斧・槍の相性)が反映されていたり、ダブルや絆システムといった要素もバッチリ盛り込まれています。

本作は、FEの少数精鋭の戦略性と無双シリーズの一騎当千の爽快感がうまく融合された非常に面白いゲームに仕上がっていると感じます!

全体としては無双シリーズおなじみのゲーム性ではありますが、無双シリーズも年々進化していることもあり、未プレイまたは久しぶりのプレイヤーには特に面白く感じるのではないでしょうか。

ただ、気になる点としては少しストーリーが物足りないな…というところでしょうか。会話パートのみの場合もあったりと、ボリューム不足感が少しあります。

また、敵兵の数が多くなりすぎると処理がもっさりすることもありました。ここはPS4とは違って性能差が出てしまっている気がします。

気になる点はあるものの、FEシリーズと無双シリーズのコラボ作品としては成功と言ってもいい出来ではないでしょうか!レビューでも高い評価を得ているおすすめタイトルです!

※3DS版も同時発売されましたが、さすがにグラフィックの綺麗さが全然違うので私としては断然Switch版をおすすめします!


聖剣伝説コレクション

発売日 : 2017/6/1
発売元 : スクウェア・エニックス
ジャンル : アクションRPG
販売方法 : パッケージ/ダウンロード版
評価 : 4.3
レビュー件数 : 75件(2019/08/06 13:00時点)

聖剣伝説シリーズ25周年を記念して発売された「聖剣伝説コレクション」です。過去に発売された初期3作品を1本にまとめたタイトルとなっています。

  • 聖剣伝説-ファイナルファンタジー外伝- (GB) 1991年6月28日発売
  • 聖剣伝説2 (SFC) 1993年8月6日発売
  • 聖剣伝説3 (SFC) 1995年9月30日発売

リメイクではなくほぼ完全移植なので、最新ハードのニンテンドースイッチでゲームボーイの聖剣伝説が遊べるのは非常に不思議な感覚があります(笑)

また、聖剣伝説2・3は2~3人のオフラインマルチプレイに対応していますので、Joy-Conをおすそわけして過去作を懐かしみながら友人と遊ぶのも面白いと思います。

過去の名作なのでゲームの中身については特に言及しませんが、聖剣伝説にハマった方であればコレクション目的に買っておいていいと思います!

また、未プレイな場合でも、年齢が低めな子どもの入門のアクションRPGとしてはアリだと思います(逆に最新ゲームに慣れている子どもには物足りなく感じるかもしれませんが…。)

どうせならPS2の聖剣伝説4も収録してほしかったところなのが少々残念ですが、聖剣伝説ファンであれば買ってオススメのタイトルです!

ドラゴンクエストX オールインワンパッケージ

発売日 : 2017/9/21
発売元 : スクウェア・エニックス
ジャンル : オンラインRPG
販売方法 : ダウンロード版(パッケージ版もダウンロードコードのみ)
評価 : 3.6
レビュー件数 : 24件(2019/08/06 13:00時点)

様々なプラットフォームで運営されて5周年を迎えた国産オンラインRPGのニンテンドースイッチ版となるのが「ドラゴンクエストX オールインワンパッケージ」です。

ドラクエX(以下 DQX)はいわゆる従来のドラクエとは違い、オンラインに繋いで遊ぶ終わりのないRPGとなっています。定期的にコンテンツが追加されていて、本作はVer.1~3までを含めたオールインワンパッケージとなっています。

見た目が大きく異なる5つの種族を選択し、キャラクターごとに職業について成長させていきます。

オンラインRPGなので当然ながら他のプレイヤーと協力プレイすることができるのですが、DQXのいいところはストーリーがきちんと用意されているところだと思います!

当然ながらドラクエの世界観で、おなじみの職業があり、おなじみのモンスターがいて、おなじみのカジノでも遊べたりとDQ11をクリアしてロスを味わっている方にもおすすめできる内容になっています。

フル3Dグラフィックで描かれた世界なので、PS4版DQ11の雰囲気に近いと思ってもらえば分かりやすいのではないでしょうか。

なんと言っても、携帯できるスイッチなので(通信できれば)いつでもどこでもDQXが気軽に遊べるというのが非常に利点と言えると思います!当然ながら3DSよりもグラフィックは綺麗ですからね。

また、これはゲームが悪いというよりはニンテンドースイッチの弱点に関係するのですが、本作では24GB以上の空き容量が求められます。ちなみにニンテンドースイッチの内蔵空きメモリは購入時点で約26GBとなります。

そのため、もし本体に全て保存しようとするとドラクエXだけでいっぱいになってしまうので、microSDカードの購入はほぼ必須です。

パッケージ版があればまだよかったのですが、販売されているパッケージ版を購入しても中身はダウンロードコードが紙が入っている形式なので、カセットがそもそもないんですよね。

サービスが運営されている限りアップデートが続いていくのがオンラインRPGなので、この仕様は仕方がないかもしれません。

さらに言うと、こういったオンラインRPG未経験の方には馴染みが薄いかもしれませんが、ドラクエXを遊ぶには「利用券」というものが必要です。

新規登録して始めた場合は「20日間の無料プレイ期間」が付いてきますが、それ以降も遊ぶためには30日間/60日間/90日間の利用券を購入する必要があります

キャラ数にも寄りますが毎月1,000円くらいが目安になりますので、継続して利用券を購入する必要がある点は注意が必要です。

スイッチはマルチプレイをするために「Nintendo Switch Online」を利用する必要があるのですが、2017年は無料で利用できます。ただ、2018年以降は有料化される見込みなので、それとDQXの利用券、両方が必要になってくる可能性があります。

終わらないRPGとして非常に面白い反面、継続してお金が掛かるRPGでもあるので購入を検討している方は考慮しておいた方がいいでしょう。

他にもチャット入力のしづらさやパスワード入力のめんどくささなど不便な点もありますので、据え置き機版とは違うマイナス点にもご注意ください(今後のアップデートに期待です!)

ドラゴンクエストビルダーズ アレフガルドを復活せよ

発売日 : 2018/3/1
発売元 : スクウェア・エニックス
ジャンル : ブロックメイクRPG
販売方法 : パッケージ/ダウンロード版
評価 : 4.3
レビュー件数 : 61件

PS4/VITA版で高い評価を受けたドラクエの新シリーズ「ドラゴンクエストビルダーズ アレフガルドを復活せよ」のニンテンドースイッチ版となります。

このゲームが発表された当初は、「ドラクエ版マインクラフトかな?」と思った方も多かったのではないでしょうか。スクエニは本作を「ブロックメイクRPG」という新しいジャンルを名付けています。

ゲーム性だけをパッと見ると、キャラクターや世界観がドラクエのマインクラフトのように思えるのですが、実際にプレイしてみるとRPG要素にも力を入れたゲームであることがよく分かります

ブロックを重ねていくゲームを一般的には「サンドボックス型ゲーム」と呼びますが、ドラクエビルダーズもそれと同じようなゲーム性を備えています。地形を壊したり、敵を倒したりすることで得られるアイテムを使って建物などを作っていくことができます。

アイテムを合成したり、「レシピ」と呼ばれる設計図に沿ってアイテムを組み合わせて配置することで様々な建築物を完成させたりできます。

メインとなるモードは「ストーリーモード」と「フリービルドモード」の2つ。

ストーリーモードではRPGさながらに物語が進んでいきます。ドラクエおなじみの敵キャラクターが出てきて、武器と魔法を使った戦闘がある。それがコマンド制ではないので、3次元の世界でのアクションRPGといった趣です。

章ごとに作ったものが引き継がれなかったり、タイムアタックモードへの不満点もありますが、アイテム1つ1つに愛着を持てますし、「宿屋」を作れるなんていうだけでもワクワクしちゃいます。ドラクエの世界観が魅力的なんですよね!

ストーリーモードで覚えたレシピを使って自由にモノを作っていけるのがフリービルドモードです。

ただ高さ制限があり(上限31ブロック)、マイクラのように超広大な建物などを作れるわけではないのですが、ドラクエらしいモノを作れる面白さがあります!

そして、アイテム1つ1つの作り込みの精度がこちらの方が上です。ミニチュア的なセットを作ってみたり、ドラクエのキャラクターをオマージュしてみたり、楽しみ方は無限大です。こういう創作ができるゲームってやっぱり面白いですね。

Nintendo Switch版の限定要素としては大きく2つ用意されています。どちらもフリービルドモードの追加要素なのですが、「ベビーパンサーが仲間になる」と「ドットブロック」を作り出すことができることです。

ベビーパンサーに乗ることができるようになり、そのベビーパンサーに乗ったまま敵を踏みつけると新素材「ドット」が入手できます。新たな作業台「ドラクエカセット」でドットを使うと、新ブロック「ドットブロック」などを作れるようになります。

ブロックなので当然”ドット”ではないのですが、ドットブロックを並べて真上から見るとまるでファミコン当時のドット絵のようなマップなどを作ることができます!平たい人や木や看板なんかも作って設置できたり、ファミコン世代にとってはたまらない要素ですね。

Switchだと携帯モードでいつでもどこでも遊べるので、じっくり遊びたい・作り込みたいという欲求を満たすのに非常に適したタイトルと言えますね!

Salt and Sanctuary (ソルト アンド サンクチュアリ)

発売日 : 2018/08/02
発売元 : Ska Studios
ジャンル : アクションRPG
販売方法 : ダウンロード版
価格 : 1,780円(税込み)
任天堂公式サイト Salt and Sanctuary (ソルト アンド サンクチュアリ)



【Nintendo Switch】アクションRPG特集まとめ

任天堂ハードらしく、ニンテンドースイッチはアクションゲームのジャンルが最もタイトルが多いです。

中には本記事では紹介していないRPG要素も少し含まれたタイトルもありますので、ぜひこちらの記事も参考にしてみてください。

【Switch】ニンテンドースイッチで遊べるおすすめのアクションゲームソフト37選
Nintendo Switch(ニンテンドースイッチ)はダウンロード専用タイトルにも力を入れているということもあり、これまでに数多くのゲームソフトが発売・配信されています。 さまざまなジャンルのタイトルがラインナップされていま...

RPG要素があるとゲームに愛着が湧き、長い期間1つのタイトルを遊び尽くすことができると思っています。これからもアクションRPGタイトルは増えていくと予想されますので、随時更新していく予定です。

その他のSwitchのおすすめゲームについても記事にまとめていますので、参考にして頂ければ幸いです!

ニンテンドースイッチ
この記事を書いた人
もぐ

30代後半の2児のパパ。5歳からファミコンを始めて今では立派なおっさんゲーマー。ITインフラ・ネットワークを専門とする元システムエンジニアで、最近はカメラや映像に興味があります(お問い合せはこちらまで)

もぐをフォローする

関連記事

時機到来(じきとうらい)
タイトルとURLをコピーしました