【DBD】3周年記念イベント&Ver3.0.0アップデート内容【パッチノート】

【2019/07/05更新】Ver3.0.2パッチノートが配信されましたので、リンクを追加しました

2016年6月14日にリリースされて3年が経ったDead by Daylight。

インディゲームとしては異例と言えるほど人気を博し、長い期間多くの人にプレイされてきました。

そんなDead by Daylightが3周年を迎え、キリ良くバージョンも3.0.0にアップデートされました!

同時に3周年記念イベントもスタートしましたので、今回はそのイベント内容とアップデート内容を同時にご紹介していきます。

Steam版をプレイした上で本記事を記載していますが、ゲーム内説明文の誤りやバグの多さから不正確な情報を含んでいる可能性があります。その点あらかじめご了承ください

Dead by Daylight 3周年記念イベント

Ver3.0.0へのアップデートと同時に、Dead by Daylight3周年を記念したイベントも開催されました!

イベント開催期間2019年6月19日~7月3日未明(日本時間)

これからご紹介するイベントアイテム・オファリングですが、ブラッドウェブを回すことで獲得できます。たくさん獲得したBPでどんどんブラッドウェブを回していきましょう!

また、BP2倍期間も2日ほど延長されましたので6月19日・20日はガンガン遊ぶことをおすすめします!

イベントアイテム「生存者向け:3周年のパーティースターター」

もはやイベントではお馴染みとなっていますが、いわゆる爆竹花火アイテムです。

今回は「3周年のパーティースターター」というアイテム名で登場しました。

使用すると約1秒後ほど経ってから激しい音と光を発し、生存者・殺人鬼ともに目つぶし効果をもたらします(おまけで花火)

今回のイベント限定になると思っていましたが、イベント終了後も使えるとのことなので多めに取っておきましょう!

 

イベントオファリング「(共通)身の毛もよだつケーキ」

Dead by Daylight3周年を祝うのにふさわしい、全てのプレイヤーの獲得BPが追加で103%プラスされるオファリングです。

その名も「身の毛もよだつケーキ

ケーキと言えば生存者用オファリング「脱出だ!ケーキ(Escape Cake)」がありますが、どちらかと言うと「血塗れのパーティリボン(Bloody Party Streamers)」の効果と同様のものになっていますね。

仮に5人全員が使えば、+103%×5=+515%となるので追加で5倍以上のBPを獲得することも夢じゃありません。ガンガン使っていきましょう!(でも談合はNGですよ)

※これは私がたまたまなのかもしれないですが、生存者のブラッドウェブでの出現率がめちゃくちゃ低い気がします。場合によっては3回回して1回出るか出ないかってレベル。3周年記念にしては渋すぎる…。

 

様々なイベントデコレーション

3周年記念イベントに合わせて、ゲーム内のさまざまな箇所で装飾(デコレーション)が施されています。

メニュー画面およびロビー画面では、LED電飾と風船が並んでいます。

ホラーゲームという配慮のためか、3周年記念のわりには地味です(笑)

 

発電機はこのように赤と白の風船が付いており、紅白の旗が巻き付いています。

風船には”3″の字が書かれていたり、血見塗れていたりとホラー感溢れる見た目になっています。

こちらも過去のイベントと比較すると地味めです。

 

フックもこのように赤・白の風船と旗でデコレーションされています。

生存者をフックに吊るすと「プーーーッ」と気の抜けた音とともに紙吹雪が打ち上がります。音がすげえ間抜けです(笑)

ちなみに発電機の修理が完了した際も同じような演出が見られます!

 

あとは、ロッカーとドラム缶(焚火)にも紅白の旗が地味に巻き付いています。

ロッカーが妙にトゲトゲしてるなと初見で驚いたんですが、なんか巻き方が雑…?笑

ということで、3周年記念のわりには非常に控えめなデコレーションとなっていました!



Ver3.0.0パッチノート概要

バグを含めて全てご紹介するとかなりのボリュームになってしまいますので、ここでは重要なポイントを箇条書きでご紹介したいと思います。

  • 【新要素】新殺人鬼「ゴーストフェース」を追加
  • 【新機能】ロビーでキャラクターを回転できる機能の実装
  • 【新機能】メニューとロビーにBGMを追加
  • 【ゲームプレイ調整】殺人鬼:攻撃モーションを調整、攻撃時のエフェクトも追加
  • 【ゲームプレイ調整】殺人鬼:パレットに当たった時のエフェクトを追加
  • 【ゲームプレイ調整】生存者:窓枠を素早く乗り越えるアクションを発生する条件を調整、より厳しめに
  • 【アート調整】一部の隠密系の暗色スキンの色味を調整
  • 【アート調整】「殺人鬼の本能」におけるエフェクトを調整
  • 【音量調整】生存者:チェイス中のBGM音量を調整
  • 【マップ変更】レリ―記念研究所:窓のランダム配置要素を削除しました。小さい部屋は毎回同じ場所に窓が出現
  • 【マップ変更】マクミラン・エステート: マップタイルの間に障害物が出現する確率を増加
  • 【マップ変更】山岡邸: 新しい迷路タイル(壁が多い地形)を追加
  • 【エンブレム】生存者:自分自身がチェイス中に他の生存者により発電機修理・トーテム破壊されてもポイントを得られる
  • 【エンブレム】生存者:仲間の生存者が殺人鬼に運ばれている時に10m以内でフックを破壊して生存者を逃せばポイントを獲得
  • 【エンブレム】生存者:殺人鬼をパレットでスタンさせればポイントを獲得
  • 【パーク変更】生存者「都会の生存術」:効果を10/12/15%→15/20/25%に上方修正
  • 【パーク変更】生存者「ウィンドウズ・オブ・オポチュニティ」:クールダウンを60/50/30秒→30/25/20秒に上方修正
  • 【パーク変更】生存者「英雄の奮起」:発動条件を通常攻撃3回→仲間を防御3回に変更、大幅な弱体化
  • 【パーク変更】生存者「不滅」:回復速度を15/20/25%→25/30/35%に上方修正
  • 【パーク変更】殺人鬼「イタチが飛び出した」:発電機の進行後退効果を15/20/25%→25/25/25%に調整、使用制限時間を30/30/30秒→40/50/60秒に上方修正
  • 【パーク変更】殺人鬼「縄張り意識」:クールダウンを60/45/30秒→30/25/20秒に上方修正
  • 【パーク変更】殺人鬼「不屈」:スタンからの回復速度を%基準ではなく、スタン時間40/45/50%短縮に効果変更。さらにパレットによるスタンのみに効果を限定化(決死の一撃には無効)
  • 【バグ修正】キャラクターが地面より上または下にいるときに草むらが動く不具合を修正
  • 【バグ修正】生存者がフックから救出されたあともエンティティの音がする不具合を修正
  • 【バグ修正】メニューでのアッシュの声量を調整

詳細についてはDead by Daylight公式フォーラムに記載の内容をご覧ください

3.0.0 パッチノート (PC)
新要素 新機能: ロビーでキャラクターを回転させられる機能を実装しました。 新要素:
3.0.1 パッチノート (PC)
ゲームバランス調整 殺人鬼がスタンしたときに表示される画面エフェクトを削除しました。 攻撃が命中したときのカメラの揺れを軽減しました。 ゴーストフェイス 付け回しを完了するために必要な時間に影響するアドオンの効果を少し減少しました。(望遠レンズ…-0.5→-0.25秒、単眼暗視スコープ…-1.0→-0.75秒) 付け回...

▼ゴーストフェイスについてはこちらで能力・パーク・アドオンなどをまとめています!

【DBD】新キラー「ゴーストフェイス(The Ghost Face)」の特殊能力・パーク・アドオン一覧
【2019/07/05更新】Ver3.0.2アップデートが入り、スクリームの能力に微調整が入りました。変更点について追記しています 遂に3周年を迎えるDead by Daylight! その記念となる2019年6月に新た...

以下では、より深堀りして押さえておきたい大事なポイントについて触れていきます。

 

パーク「英雄の奮起」の変更

ひとまず先にこのパークに触れておかないといけません!アシュレイの固有パーク「英雄の奮起」についてです。

もともと「通常攻撃を3回喰らう」ことで発動条件が揃っていたのですが、それが大きく変更されて「味方を3回防御する」という条件に大きく変更されました。

味方を防御するというのは、味方の生存者がすぐ近くにいる状態で攻撃を食らうことを意味します。

正直なところこれを3回も実行するのはかなり至難の業で、生存者を担いだキラーの行く手を阻むときや、ゲートに向かう味方を肉壁するときくらいしか場面がありません。

それ以外にあるとしたら、もはやそれは無理矢理トークンを稼ぐための迷惑行為になってしまう気がします。

そのため、今までは簡単に発動できていた「英雄の奮起」は発動が激ムズなパークに弱体化してしまいました。使用しているサバイバーも激減した印象を受けます。

元があまりに強すぎたというのもあり弱体化は致し方ない点もありますが(キラーやってると地獄なので)、有料DLCキャラの固有パークをここまで弱体化するのもちょっとどうなの…と、なんとも複雑な気持ちになります…。

 

パーク「イタチが飛び出した」の変更

「呪術:破滅」のようにトーテム破壊されることもなく使える遅延パークとして有用な「イタチが飛び出した」ですが、最大のネックは有効時間の短さでした。

以前は全Lv共通で30秒だったのが、Ver3.0.0からは40/50/60秒と有効時間が伸びて非常に使いやすく修正されました!

発電機の進行後退効果もLvごとに15/20/25%だったのが25%共通になったので、低Lvの状態でも装備しやすいパークになったと言えます。

私だけかもしれないですが最近妙にゲーム開始早々に破滅トーテムが壊されることが多いので、「イタチが飛び出した」は次々と生存者を吊るすことさえできればかなり遅延に一役買うことができます。

オーバーチャージ」と組み合わせることでさらに凶悪さを増すことができますし、今回から登場したゴーストフェイス固有パーク「戦慄」と組み合わせるのもアリだと思います!

今後さらに使用するキラーが増えそうなパークの一つです!



パーク「不屈」の変更

以前の効果では「スタンからの回復速度を55/65/75%軽減させる」となっていたのが、「パレットによるスタン時間を40/45/50%短縮する」という風に変わりました。

【旧】速度を軽減→【新】時間を短縮となるので、弱体化したのか強化したのか判別しにくいかもしれませんが、今回の変更はその両方にとなります!

というのも、もともとの効果だとパレットによるスタン時間は2秒→1.14秒に短縮するものだったのが、今回で2秒→1秒に短縮されました。これは強化ですね。

しかし、不屈の効果対象は”パレット(板)スタンのみ”に限定されるようになります。つまり、決死の一撃など他のスタンには効果を発揮しなくなるわけです。つまり弱体化です。

実際使ってみた印象としては、1.14秒だったのが1.0秒となりその差はわずか0.14秒なので正直差は分からなかったです(笑)

ただ、現状のマップはパレットが多く生成されがちなので、依然として有用なパークであることに変わりはないと思います。

となると、パーク「怨霊の怒り」と組み合わせたカニバルあたりはより強くなるかも!?

 

一部の隠密系の暗色スキンの色味を調整

暗くて有利過ぎると全キラーから忌み嫌われている暗色スキンの色味が変更されました

以前の色味のスクリーンショットを持っていないので単純な比較ができませんが、確かに気持ち明るくなったような気がします(↑画像は明るさ加工などしていません)

それでも充分に暗いので闇に紛れやすそうな気はしますが、これで多少は緩和されればと思います。

ただ、アダム・フランシスはまだまだ全然暗いような気がしました…。

身長が高いのでクローデッドよりは目立ちがちですが、アダムもかなり隠密得意ですよね💦

Ver3.0.0で発生しているバグ

※Ver3.0.1が2019年6月27日0時頃(日本時間)に配信され、バグがあらかた修正されたようです。

3.0.1 パッチノート (PC)
ゲームバランス調整 殺人鬼がスタンしたときに表示される画面エフェクトを削除しました。 攻撃が命中したときのカメラの揺れを軽減しました。 ゴーストフェイス 付け回しを完了するために必要な時間に影響するアドオンの効果を少し減少しました。(望遠レンズ…-0.5→-0.25秒、単眼暗視スコープ…-1.0→-0.75秒) 付け回...

Ver.3.0.2も2019年7月4日0時頃(日本時間)に配信され、ゲームバランス調整と未修正だったバグが修正されました。

3.0.2 パッチノート (PC)
ゲームバランス調整 ゴーストフェイス: あらゆるスタンで闇の包容が解除されるように変更しました。 ハントレス:

ただし、スプババグ全力疾走のバグ)は以前と残ったままです(# ゚Д゚)


以下は参考情報としてそのまま掲載しておきたいと思います。

判明しているバグ一覧(2019/06/20時点)

  • 生存者:パーク「目を覚ませ」の効果範囲がゲートだけでなくあらゆる行動速度を向上
  • 生存者:パーク「スプリントバースト」が任意のタイミングで発動可能
  • 生存者:パーク「ずっと一緒だ」が表示上、3トークンまでしか貯まっていないように見える
  • 生存者:パーク「セルフケア」が機能しないことがある
  • 生存者:這いずりのまま脱出できないことがある
  • 殺人鬼:パーク「バーベキュー&チリ」「ファイヤー・アップ」リメンバー・ミー」が表示上、3トークンまでしか貯まっていないように見える
  • 殺人鬼:パーク「まやかし」が窓枠を乗り越えても音がせず、ひじきの表示が薄く見えにくい(キラーからのみ?そもそも塞がれないことも?)
  • 殺人鬼(リージョン):刃系アドオンを使用すると生存者の行動速度が常に低下してしまう
  • 殺人鬼(プレイグ):マッチ終了間際に吐瀉を出すとクラッシュする(BPも獲得ゼロ)
  • 殺人鬼(ハグ):幻影が生存者の方向を向かない
  • 環境:BGM・心音・チェイス中BGMなどの音が小さいケースがある
  • 環境:マップ登場画面からHUDが切り替わらず、スキルチェックなどが一切見えないケースがある

ちなみに、パーク「鋼の意思」が正常に機能しないことがあるという話が出回っていましたが、今回のバグ修正対象には入っていませんでした。そのため真偽は不明のままです…。




▼TwitterでもDbD関連の情報や新着記事などをツイートしています


デッドバイデイライト関連記事

▼DbD最新記事▲

【DBD】フレディ(ナイトメア)リワーク内容まとめ【能力・仕様・アドオン】
【2019/07/10更新】PTB3.1.0がPCベータテストとして開始されましたので、その内容を随時更新しています! Dead by Daylightも3周年を迎え、YEAR4のロードマップに沿ってさらに1年間の追加開発が予...
【DBD】3周年記念イベント&Ver3.0.0アップデート内容【パッチノート】
【2019/07/05更新】Ver3.0.2パッチノートが配信されましたので、リンクを追加しました 2016年6月14日にリリースされて3年が経ったDead by Daylight。 インディゲームとしては異例と言えるほ...
【DBD】新キラー「ゴーストフェイス(The Ghost Face)」の特殊能力・パーク・アドオン一覧
【2019/07/05更新】Ver3.0.2アップデートが入り、スクリームの能力に微調整が入りました。変更点について追記しています 遂に3周年を迎えるDead by Daylight! その記念となる2019年6月に新た...
【DBD】祝3周年!4年目の開発ロードマップ・ゴーストフェイス・フレディリワークなど
2016年6月14日にSteam版がリリースから数えて、遂に3周年を迎えるDead by Daylight! インディーゲームとしてリリースされてからじわじわと人気が伸び、気付けば人気ゲームへと上り詰めたDBDがリリースから3...
【DBD】開発者アップデート(Developer Update)2019年5月版【解説】
Dead by Daylightの開発・運営が、今現在起きているバグや問題の修正、今後の予定などをユーザーに伝える「開発者アップデート(Developer Update)」が日本時間2019年5月16日に公開されました。 詳細...
【DBD】Ver2.7.0「エンドゲーム・コラプス」を含む春の大型中間アップデート内容【2019年】
【2019/05/08更新】Ver2.7.0が各プラットフォームで本実装されました!本実装でPTBから変更された点について更新しています Dead by Daylight2周年をきっかけに発表された開発ロードマップも無事(?)...
【DBD】死霊のはらわたコラボ「アシュレイ・J・ウィリアムズ」実装開始【デッドバイデイライト】
Ver2.6.0アップデート時にパーク情報が漏れてしまうというなんともDead by Daylightらしい出来事がありましたが、遂に「死霊のはらわた リターンズ」とのコラボが日本時間2019年4月3日に実現しました! 今回は...
デッドバイデイライト(DBD)
この記事を書いた人
もぐ

30代後半の2児のパパ。5歳からファミコンを始めて今では立派なおっさんゲーマー。ITインフラ・ネットワークを専門とする元システムエンジニアで、最近はカメラや映像に興味があります(お問い合せはこちらまで)

もぐをフォローする

関連記事

時機到来(じきとうらい)
タイトルとURLをコピーしました