【DbD】新キラー「スピリット(The Spirit)」の特徴・能力・パーク・立ち回り【デッドバイデイライト】

2018年9月のチャプター9(第9章)アップデートにて登場した新キラー「スピリット(The Spirit)」がパブリックテストベータ(PTB)でお披露目されました。

PTB~本実装にて、実際に使用してスピリットの特徴や能力の確認、どう立ち回るのが有効かを考察しましたので今後ご紹介させてもらいます!

本記事はリリース前にアップしましたが、本実装での変更点について随時更新しております!

「スピリット(The Spirit)」とは

新キラーの名前は「スピリット(The Spirit)

“Spirit”は魂・精神といった意味が日本ではメジャーですが、霊魂・幽霊・亡霊・怨霊といった意味もあります。


DbD「Fisrt Cut」映像スクリーンショット

そんなスピリットは元々人間で、「山岡 凜(ヤマオカ リン)」という名前の香川県の大学生でした(”“ではなく”“という漢字です)

彼女は香川県高松市の私立大学で学んでいたものの、その学費が家計を圧迫。さらに母親が病気になりその医療費も家計の悪化を招きます。

父親はどんどん膨らんでいく終わりなき借金に直面し、ダブルワークをし始めますが睡眠時間が削られていきます。次第に正気を失っていき、幻聴が聞こえるようになり、攻撃的になっていきます。

そして父はリストラに合ってしまい、絶望した父は母を惨殺、アルバイトから帰ってきた凜も襲われてしまいます。

凜は刀で斬られ、ガラス片の海で動けなくなった凜は怒りを燃やします。闇が復讐を囁き、父が報いを受けるまで彼女に安息はありません。。。


そんな悲しい過去を持つのがスピリットです。

ティザー動画で流れていた映像は、凜が父親に惨殺される前後の瞬間を映し出したものだったのです…。

だからスピリットの武器は刀でありつつも素材がガラスなんでしょうね。全身が切れており、肩にはガラス片が刺さっているのが痛々しいです。。。

「スピリット(The Spirit)」の特殊能力(パワー)

スピリットの特殊能力は「山岡の祟り(YAMAOKA’S HAUNTING)

この能力を発動すると一時的に霊体となり、通常よりも高速で移動することが可能。能力発動中はもとの肉体は心音とともにその場に残り、生存者もスピリットもお互いの姿が見えなくなります。

この能力は「フェイズウォーク(Phase Walk)」と呼ばれています。

  • チャージして発動すると幽体離脱する
  • 肉体の抜け殻と心音をその場に残し、霊体となり一定時間高速移動する(フェイズウォーク=PW)
  • PW発動中は生存者から見えないが、スピリットも生存者の姿が見えない
  • PW発動中は生存者の足跡が見える
  • PW発動中はノイズ音のようなものが生存者に聞こえる(但し8m以内のみ)
  • PW解除で再び肉体を得ると同時に一瞬ダッシュする

また、フェイズウォーク自体は発動するまでに約1.5秒ほどの待機時間が発生しますが、チャージを途中で止めてキャンセルすることも可能です。

ただし、フェイズウォークをキャンセルしても少しだけゲージを消費する仕様ですので注意

生存者が移動したときに草木が揺れる様子だったり、走ってる音や声も聞こえます。

他にも、通常の移動中に「パッシブフェイズ」というのが発動して、生存者からは断続×瞬間的に消えるような動きをします。

アドオンで強化したときはチェイスで生存者を攪乱しやすいと感じました!

「スピリット(The Spirit)」の基礎値

  • 心音範囲:24m
  • 移動速度:ハグ・ハントレスと同じ4.4m/秒と推測
  • PW発動待機時間:1.5秒
  • PW発動時間:5秒
  • PWパワー回復時間:20→15秒

移動速度はプレイした時の感覚値、フェイズウォーク(PW)のそれぞれの時間はストップウォッチで私が計測したものになりますので、あくまで参考値としてお考えください。

PTBでは心音範囲が32mでしたが、本実装ではバランス調整されて24mとなりました!

【2018/09/28更新】Ver2.2.1でPWパワー回復時間が20秒→15秒に短縮されました。ちょっとした強化と言えますね!

「スピリット(The Spirit)」の固有パーク

DbD スピリット パーク

スピリットは3つの固有パークを持っています(日本語名は暫定です)

  • 怨霊の怒り(SPIRIT FURY)
  • 呪術:霊障の地(HEX: HAUNTED GROUND)
  • 怨恨(RANCOR)

パーク「怨霊の怒り(SPIRIT FURY)」

アイコンパーク効果
パレット2/3/4枚を破壊することで発動する能力。
発動した状態で板スタンされるとその瞬間に自動的に板が破壊される

パーク有効中に板スタンされると、スタンモーションと同時に小さな爆発音&板がぶっ壊れます

PTBではブラッドウェブに全然出てこなかったので実力を確かめることがあまりできなかったのですが、レア度1だとあまり活用する場面が少ないものの、レア度3であればそこそこ活用できる場面も作れるのではないかと感じました。

ただ、パーク「不屈」と組み合わせることがわりと必須なため、定番化するパークになるかと言われるとちょっと微妙な気もします。

パーク「呪術:霊障の地(HEX: HAUNTED GROUND)」

アイコンパーク効果
呪いトーテムのトラップを2個生成し、片方破壊されることで発動する。
全ての生存者が40/50/60秒の間ノーワン状態となる。

ダミーとなる呪いのトーテムを2つ生成することができますので、「破滅」や「貪られた希望」などの呪術系パークを付けるキラーにとって大流行しそうな予感がするパークとなっています。

本命の呪術パークを1つ付けた場合、ダミーが2つ増えることで正解率が1/3となるのは心強いです。このパークのおかげもあって、PTBでは破滅パークの残存率が高くなっていました

さらに、これまでは呪術パーク4つ付けても1つは普通のトーテムでしたが、このパークを組み合わせることでマップ上の5つ全てのトーテムを呪いのトーテムにすることも可能になります。

ロシアンルーレット的な戦略が練ることができるようになったので、生存者はVer2.2.0以降に呪いのトーテムを壊すときは少々覚悟が必要となります。

ちなみに本パークで生成された呪いのトーテムの片方が壊されると、もう片方は即座に通常トーテムに戻ります

パーク「怨恨(RANCOR)」

アイコンパーク効果
各発電機の修理完了時、生存者全員のオーラを表示。
オーラ表示時間は3秒間。
また、オブセッション対象の生存者はキラーのオーラが表示される。
表示時間は5/4/3秒間。
ゲート通電後はオブセッション対象のサバイバーは
ノーワン状態となり、メメント・モリが可能
となる。

発電機の修理完了時にオーラが見える系のパークではありますが、どちらかと言うと本命はゲート通電後になります。

「決死の一撃」のおかげで何かとフックに吊りたくないオブセッション対象の生存者ですが、最後にワンパン&メメモリができるのは非常に強いと感じました!

オブセッションを手厚く扱う系のパーク「最後のお楽しみ」「弄ばれる獲物」との相性が良さそうですね。オブセッション対象者は通電まで大事に取っておいて、最後にメメモリで殺害する戦略が流行りそうな気がします。

ちなみにPTBではなぜかオブセッション対象はキラーからオーラが見えませんでした(バグっぽい記述も見当たらず…)

そういえば、このパークの登場によって「憎悪の呟き」の価値が一気に下がった気がしますね(苦笑)

自分がフックに吊られているとき、オブセッション対象の人がゲート周辺でウロウロしてたりすぐ脱出しても今後は怒らないでくださいね!これからはこのパークに餌食になる可能性がありますので💦



「スピリット(The Spirit)」のアドオン一覧

▲アドオン「FATHERS’S GLASSES」を想定したスクリーンショット

基本的にスピリットのアドオンは、一部を除きフェイズウォークの能力値を向上させるものになります。

そのため、フェイズウォーク自体を使いこなせないとアドオンの意味がありません。アドオンによる別の効果付与(透視や状態異常)などがないのはちょっと残念です。

個人的には、フェイズウォーク再出現時を強化する「脇差の鞘」「刀の鍔」はチェイス時に強い効果を発揮すると感じました!

アイコンアドオン名効果
Common
SHIAWASE AMULET
幸せのお守り
・山岡の祟りの持続時間が少し増加する
・効果の重複が可能
ORIGAMI CRANE
折り鶴
・山岡の祟りのパワー回復を少し増加させる
・効果の重複が可能
ZORI
草履
・山岡の祟りの移動速度をが少し増加する
・効果の重複が可能
GIFTED BAMBOO COMB
贈り物の竹櫛
・山岡の祟りの発動溜め時間を少し低減する
・効果の重複が可能
UnCommon
RIN’S BROKEN WATCH
凜の壊れた腕時計
・山岡の祟りのパワー回復をそこそこ増加させる
・効果の重複が可能
JUNIPER BONSAI
杜末の盆栽
・パッシブフェージングの頻度を少し増加させる
・効果の重複が可能
MUDDY SPORTS DAY CAP
泥だらけのスポーツキャップ
・山岡の祟りの移動速度をそこそこ増加させる
・効果の重複が可能
WHITE HAIR RIBBON
白のヘアリボン
・山岡の祟りの発動溜め時間をそこそこ減少させる
・効果の重複が可能
KAIUN TALISMAN
開運のお守り
・山岡の祟りの時間をそこそこ増加させる
・効果の重複が可能
Rare
KATANA TSUBA
刀の鍔
・山岡の祟りの再出現時間が少し増加する
・山岡の祟りの再出現時移動速度が少し増加する
・効果の重複が可能
KATSUMORI TALISMAN
勝守のお守り
・山岡の祟りの時間がかなり増加する
・効果の重複が可能
DIRTY UWABAKI
汚れた上履き
・山岡の祟りの移動速度がかなり増加する
・効果の重複が可能
BLOODY HAIR BROOCH
血塗れの髪飾り
・山岡の祟りの発動溜め時間がかなり減少する
・効果の重複が可能
RUSTY FLUTE
錆びた横笛
・山岡の祟りのパワー回復がかなり増加する
・効果の重複が可能
Very Rare
YAKUYOKE AMULET
厄除けのお守り
・山岡の祟りの持続時間をそこそこ増加させる
・山岡の祟りの移動速度をそこそこ増加させる
・山岡の祟りのパワー回復をそこそこ増加させる
・効果の重複が可能
PRAYER BEADS BRACELET
数珠
・山岡の祟り使用時に、消音範囲をそこそこ減少させる
DRIED CHERRY BLOSSOM
桜のドライフラワー
・パッシブフェージングの効果時間を少し増加させる
・パッシブフェージングの頻度を少し上昇させる
WAKIZASHI SAYA
脇差の鞘
・山岡の祟りの再出現時間がそこそこ増加する
・山岡の祟りの再出現移動速度がそこそこ増加する
(効果重複の記載があってもおかしくない気がするのですが…)
Ultra Rare
MOTHER-DAUGHTER RING
母娘の指輪
・山岡の祟りの移動速度がとてつもなく上昇する
・山岡の祟り使用中、傷マークが見えなくなる
FATHER’S GLASSES
父親の眼鏡
・山岡の祟りを使用中に、生存者の血痕が見えるようになる

★スマホで読みやすいように改善してみました。需要があれば他のキラーも一覧作っていきます!

「スピリット(The Spirit)」を使ってのプレイ動画

PTBに引き続き、本実装されたスピリットも実際にプレイしてみました。

発動溜め時間を短縮するアドオンを重ね掛けしてみましたが、PTBの時よりも凜ちゃん強くなった気がします!

YouTube もぐ【ゲーム実況】




「スピリット(The Spirit)」の立ち回り方考察

フェイズウォークを活かすことが大前提のキラー

他のキラーももちろん固有の特殊能力を活かさなければいけないですが、いかんせんスピリットは足が遅いのでただ追いかけるだけだと非常に弱いです。

ハグやハントレスと同様に、スピリットを使用する際は固有能力であるフェイズウォークをいかに有効活用するかを意識してください。

一撃目は発電機修理中の生存者を狙うべし

フェイズウォーク発動中はサバイバーの姿が見えなくなります。走っていれば足跡が見えるので目印にできますが、止まっているサバイバーをPW中に見つけるのは至難の業です。

そこで、修理中の発電機を狙うことが初撃を加えるのに重要になってきます。

フェイズウォークの発動時間は約5秒(アドオンで変更可)と制限があるので、なるべくその時間内に届くギリギリから狙っていくことで命中率を高めることができると思います。

上手くいけば修理中のサバイバーを直接キャッチすることもできますよ!

ただ、リリースされて時間が経つにつれて警戒が強まり発電機近くに生存者が居続けることが少なくなった気がします…💦

PW中に迂闊に逃げ先を読むと巻かれやすい

フェイズウォーク中は素直に生存者の足跡を追っていくのが定石ではありますが、キラーに慣れている人の心情としてはどうしても先回りしたくなりますよね。

私もそれで先回りをしちゃっていたのですが、(読みが甘いこともあるかもしれませんが)巻かれやすくなってしまいました。

対スピリットとしては「フェイズウォーク中は立ち止まる・走ってきた道を戻る」も有効な逃げ方ではありますので、それらを抑えているサバイバー相手だと苦戦することもあるかもしれません。

もちろんスピリットに慣れた上手いキラーさんであれば別だと思いますが、慣れないうちは変に先読みするとサバイバーを見失いやすい気がします。


うめき声を抑える「鋼の意思」、スクラッチの表示時間を短縮する「身軽」などでスピリットに対抗するパークを付けるサバイバーをよく見かけるようになりました。

フェイズウォーク中はサバイバーの声がより重要になってくるので、「喘鳴」が刺さりやすい気がします!

パーク「捕食者」と相性が良い

▲通常のスクラッチ散らばり過ぎ問題

PTBではブラッドウェブでパークが出なかったため試せませんでしたが、足跡(スクラッチ)の量を増やす「捕食者」と相性が良いと思われます

標準だとスクラッチが散らばりやすいため、フェイズウォークで追ってる途中で頼りのはずの足跡に惑わされることが多々ありました。

そういうのを防ぐためにも「捕食者」を付けて、フェイズウォークで追いやすくする立ち回りが有効だと考えられます。

人気配信者の方も放送中に言っていましたが、パーク「喘鳴」はそこまで有効ではないと思われます。「鋼の意思」持ちの生存者が多いときは刺さりますが、それであれば「捕食者」の方が効果を発揮しやすいと考えます。

PWをフェイントに使用するのも有効

板グルポイントでは、フェイズウォークを一瞬だけ溜めて→すぐ解除して立ち止まっているだけでも、生存者が深読みして色々な動きを見せてくれます。

上手い人は素直にキラーから離れたりするのですが、深読みする人は自分がいる方にパレットを跳び越えてくれるサバイバーもいました(笑)

ただ立ち止まるだけでもフェイントとして使えますので、生存者がどんな動きをするのか観察してみるのも面白いと思います。

また、PTBではパレットの前で待機しているサバイバーの手前でフェイズウォークを発動し、すぐに解除することでダッシュ効果を得て急襲する立ち回りが結構使えましたよ!




新キラー「スピリット(The Spirt)」総評

日本人キラーとして非常に話題となった山岡 凜ちゃんではございますが、キラーの強さとしてはズバ抜けて強いということはなく、立ち回りもかなりの慣れが必要な上級者向けキラーなのではないかと感じました。

新キラーとしてリリース当初は、サバイバーも慣れないため全滅できることも多いかもしれませんが、わりと早い段階で対策されそうな気がしています。

個人的には、マップによる相性が出やすい気もしました。足が遅いので、板や窓枠が多いマップだとどうしても不利ですね。

ただ、フェイズウォーク終わりの再出現するときの恐怖度はもはや全キラーNo.1だと思います!マジでこえーっす(笑)


▼筆者によるDbD動画はこちら

▼TwitterでもDbD関連の情報や新着記事などをツイートしています


デッドバイデイライト関連記事

▼DbD最新記事▲

【DbD】Ver2.3.0アップデート パッチノート情報まとめ・日本語訳【デッドバイデイライト】
【2018/11/07更新】Ver2.3.3のパッチノート情報を追記しました!2018年10月2日未明に突如としてSteam...
【DbD】2018年ハロウィン「The Hallowed Blight 」イベント概要【デッドバイデイライト】
【2018年10月20日 3:30更新】イベントが開始されました!分かった情報を更新していきます!(昨日記載の一部情報に誤りがありま...
【DbD】新キラー「スピリット(The Spirit)」の特徴・能力・パーク・立ち回り【デッドバイデイライト】
2018年9月のチャプター9(第9章)アップデートにて登場した新キラー「スピリット(The Spirit)」がパブリックテストベータ...