【レビュー】Switch「キューピット・パラサイト」製品版プレイ感想・評価

2020年8月にオトメイトから発売されたNintendo Switch完全新作「キューピット・パラサイト

原画をユウヤ氏、プロット・シナリオを『蛇香のライラ』などを手掛けた吉村りりか氏が担当ということで、発売日を期待して待っておりました!

筆者も発売日にプレイし始めましたので、この記事では実際にプレイしてみた感想などを述べていこうと思います。

本記事では、ネタバレになるイベント絵やセリフは掲載しないように配慮しておりますが、ストーリーの概要やキャラクター概要などについては多少のネタバレを含みますのでご注意ください
本記事は、個人の感想を述べたものです。感じ方には個人差がありますのでご了承ください。

婚活をテーマにした女性向けアドベンチャーゲーム

発売日 : 2020/08/20
発売元 : アイディアファクトリー
ジャンル : アドベンチャーゲーム
販売方法 : パッケージ/ダウンロード版

本作は【女神×婚活ラブコメディー】をテーマとした作品で、ポップで明るいゲームとなっています。

ヒロインは大手結婚相談所のトップ・ブライダルアドバイザー。厄介者の男性会員たちを指導する中で、自身の恋心が芽生えていくストーリー。

婚活がテーマということで心理テスト要素があるところが面白いですね。物語の途中で、プレイヤーの【ラブタイプ】を診断するテストがあり、恋愛に関する14項目の質問に答えることで物語やエンディングが変化する仕様。(2周目からは自分でラブタイプを選択可能)

また、本作はSwitchの「振動機能」対応。メールの着信や抱きしめられたときなどにSwitch本体がバブレーションします。

バイブレーションは乙女ゲームでは珍しい仕様ですね。最初はビックリしましたが慣れると緊迫感や臨場感が増す感じがします!(バイブレーションはSwitch本体でON/OFF切り替え可能)

絵柄と設定が超キュート!

本作の大きな特長としてまず挙げるとすると、ポップでキュートな絵柄

イラストレーター・ユウヤ氏のファンも多いと思いますが、本作もユウヤ氏の繊細で綺麗な絵柄に、ポップさが加わったキャラデザがものすごく良い…!

主人公は、神界の神々のひとりの恋のキューピットの女の子。人間世界にあこがれ、キューピットとしてではなく人間として他人の恋のお手伝いをするべく、父と喧嘩して家出(人間界に降臨)してしまいます。

世間知らずで初心なキューピットが、人間界で人間のふりをして生活し、大手結婚相談所のトップ・ブライダルアドバイザーの地位を得るべく奮闘する物語。

天から降り立った女神ということで、綺麗なルックスとアメリカの大都市のような場所が舞台として、カジュアルでポップな世界観となっています。

キャラクターだけでなく背景もとってもカラフルで可愛い

テキスト部分やメニュー画面など、UIの至る所にアメリカンな演出やカラフルなデザインが溢れています。



主人公は、神界を家出して人間界に降臨したキューピット

ヒロインは、オシャレな街・ロサンヨークの大手結婚相談所《キューピット・コーポレーション》で働くトップ・ブライダルアドバイザー。

数多くのカップルの成婚を叶えてきた主人公ですが、実はその正体は、空の上から舞い降りた若き女神。

実は神界で父と喧嘩し、家出として人間界にやってきているんです。

空の上から人間界に向けてキューピットの矢を放つ職務に疑問を持ち、人間界の生活に憧れ、人間界で人間として他人の恋愛成就の手伝いをしたい!と強い志を持っている女の子。

人間界に来た頃は世間知らずな大学生でしたが、努力の末、大手の結婚相談所に就職しトップアドバイザーの実力を持つ彼女。

そこに現れた厄介な5人の会員 ー通称【Parasite5】(パラサイト・ファイブ)。彼らは全員クセが強すぎてなかなか結婚できない男性会員たち

同僚たちがあきらめるほどの厄介者Parasite5たちの成婚に向けて、ヒロインは奮闘していき、その中で初めての恋心を知り、女神としての立場と自覚した恋心との間で揺れ動きます。

乙女ゲームの主人公としては、自分の意志が強く、厄介な男性たちに圧倒されることなく頑張っているので好感が持てる女の子です。

人間界に降りたばかりの頃の回想シーンは常識知らずでピュアな女の子でしたが、友人の助けを経て、現在は無事に立派な社会人としてバリバリやってます。

ヒロインのボイスは無し名前は変更可能立ち絵はON/OFF選べます

ヒロイン以外にも女性の登場人物がいて、ボイスや立ち絵があります(叔母、母、ルームメイト、顧客など)。

 

攻略対象は、厄介者の婚活男子5人

攻略対象は5人。ヒロインの務める大手結婚相談所の会員で、同僚アドバイザーたちが匙を投げてしまうほどの厄介な男性会員。

  • 【失恋パラサイト】過去の失恋を引きずりすぎ&愛重め男子(CV:木村良平さん)
  • 【地位パラサイト】地位こそ至高の冷血社長(CV:KENNさん)
  • 【趣味パラサイト】神話を愛しすぎるハリウッドスター(CV:八代拓さん)
  • 【外見パラサイト】女性の顔面偏差値をはかる毒舌デザイナー(CV:榎木淳弥さん)
  • 【略奪パラサイト】彼氏がいる女性を好む謎めいた色男(CV:古川慎さん)

※筆者の見解で特徴を1行にまとめてみました
※隠し攻略キャラも存在します

隠しキャラ攻略条件
5人全員とグッドエンディングを迎え、タイトル画面のSTARTから始めると、自動的に隠しキャラルートの選択画面になります(選択肢のない一本道のストーリー)

という、全員「何かに依存(パラサイト)してしまっている男」たち。

通称【Parasite5】(パラサイト・ファイブ)と呼ばれる5人の男性会員です。

ご覧の通り、ツッコミどころ満載のメンツです(笑)結婚できるのか不安になりますよね(笑)

社長命令で彼らの担当者となったヒロインは、手こずりながらも強気に彼らを指導していきます。

ひょんなことから5人と一緒に同居生活をすることになったり、模擬デートをすることになったり、彼らの深い部分を知りながら、ヒロイン自身も自分の恋愛観・結婚観について真剣に考えるようになります。

【略奪パラサイト】の男性なんて、序盤からがんがん口説いてきますし色気がすごい(CV古川さん。低音イケボのセリフが多い!)。

全体として、カジュアルな下ネタは序盤から多少ありますし、恋人になったあとは性描写などもあり、CERO:D(17歳以上対象)ということでキャラによっては甘めなシーンも多くなっています!



分岐・エンディング・シナリオ全体について

各キャラの好感度は、ストーリー途中の選択肢を選ぶことで上がっていきます。ハートマークがアイキャッチとして出現するので分かりやすいです(アイキャッチはON/OFF選択可能)。

1人のキャラにつき複数の分岐点があり、ハッピーエンドやノーマルエンド(友情エンドなど)など数種類のエンディングに分岐します。極端なBAD ENDはなく、ポップでコミカルな作風に合ったエンディングでした

どのルートも終盤は「神という立場のヒロインは、恋をしたらどうなるのか」「実家(神界)のパパとの喧嘩がどう決着するのか」がメインテーマとなります。

物語前半はヒロインの仕事に奔走する様子や攻略キャラとの恋愛の芽生えなど、リアリティあるストーリーになっていますが、後半は神界との関わりが増えるのでファンタジー要素が増えます。キャラによってはぶっ飛んだ展開もあり、コメディとして楽しめると思います(笑)

冒頭でもご紹介しましたが、本作は【婚活】がテーマということで心理テストがあります。

物語の前半で、プレイヤーの【ラブタイプ】を診断するテストがあり、恋愛に関する14項目の質問に答えることで物語やエンディングが変化します(2周目からは自分でラブタイプを選択可能)

ラブタイプが攻略相手に合っていればハッピーエンドに近付きますし、ラブタイプの相性が合わない場合は他のENDに向かうようでした。

シナリオ全体としては、コメディ要素も多くテンポよく進んでいく印象でした。

バッドエンドはなく、多少切ないシーンがありつつも、序盤から終盤までコミカルなシーンが適度にあります。

シナリオボリュームは平均的な分量かと思います。過激な山場はないので、しんどい系・伏線多めな乙女ゲームを好むプレイヤーには少し物足りないかもしれません。

逆に、本作は「気軽に乙女ゲームをプレイしたい」「くすっと笑える癒しがほしい」「好きな声優さんが出ている」など、ぴったり合う方にはハマると思います!

また本作のストーリーは、完全にヒロイン目線ではなくときどき攻略相手目線のシーンもあります。相手がどんな感情でヒロインを見ているかが分かるようになっています。

カレ目線のストーリ-が大好きな乙女ゲーマーには非常に嬉しいですね!

ヒロイン目線で恋を楽しむ方法だけでなく、俯瞰視点でヒロインとカレ両方の心境を把握しながら楽しむことができるというわけです。

 

糖度・恋愛描写について

糖度はキャラによって多少差があるように思いましたが、特にぐいぐい口説いてくるタイプは甘めなセリフも結構多めでした。

攻略キャラのモノローグ(ひとりごと)のシーンもあるので、そこでヒロインに対して恋心を抱いたり嫉妬したりする様子が見られるのは良かったです。

また、ルートによっては恋愛エンドにならないので、糖度低めのルートもあります。

ストーリー展開は、どのキャラも前半は出会ってからのエピソード、中盤は恋愛感情が育つエピソード、終盤で二人で壁を乗り越えていく…といった感じです。両想いになってからも一山ありますが、そこまでしんどいエピソードはなくカジュアルに読めるかと思います。

【失恋パラサイト】のような回想シーンが多いルートは、現在と過去のシーンがうまく織り交ざり、恋心の動きについて分かりやすく描かれていました。

CERO:D(17歳以上対象)ということで、(ルートにもよりますが)ベッドシーン(の前後)の描写や、コミカルな下ネタも出てきます。糖度はそこまで過激に甘いというわけではないので、CERO:Dということを意識しすぎず気軽にプレイしても良いタイトルかなと思いました。

スチルについては、恋心が芽生える過程やキスシーンなど重要なシーンにはよくイベント絵が登場します。背景もポップなものから神聖で美麗なものまでさまざま。

恋愛過程の描写は丁寧に描かれていて、突然恋に落ちてしまうような強引な展開もなく、世界観に没入しやすいシナリオです。



まとめ

Nintendo Switchでの完全新作ということで筆者も期待してプレイした作品でしたが、絵柄もストーリーもキャストもとても良く、お気に入りの一作品となりました!

極度のしんどいシーンや伏線などはあまりない、時折くすっと笑えるようなコミカルな乙女ゲームだと思います。

気になる方はぜひ、プレイしてみてください!

▼Switchで遊べるおすすめ乙女ゲーム・恋愛ゲーム特集

【Switch】ニンテンドースイッチで遊べるおすすめの乙女ゲーム・恋愛ゲームソフト60選
続々と乙女ゲーム・恋愛ゲームジャンルのタイトルがリリースされているNintendo Switch(ニンテンドースイッチ)過去他ハードで発売されたタイトルだけでなく、Switch専用のタイトルなども発売されています。まとめてご紹介していきます

▼Switch「私立ベルばら学園」プレイレビュー記事

【レビュー】「私立ベルばら学園 ~ベルサイユのばらRe*imagination~」製品版をプレイした感想・評価【Nintendo Switch】
1970年代に大ヒットした漫画「ベルサイユのばら」を原作とするNintendo Switchの新作ゲーム「私立ベルばら学園 ~ベルサイユのばらRe*imagination~」を発売後プレイした感想・評価をレビュー形式でご紹介しています

▼Switch「囚われのパルマ」プレイレビュー記事

【レビュー】Switch版「囚われのパルマ」をプレイした感想・評価・違い【Nintendo Switch】
スマホ向けゲームアプリとして女性に人気の「囚われのパルマ」がNintendo Switchタイトルとして2019年8月30日に発売されました。実際に購入してプレイした感想やゲームの評価、またスマホ版とスイッチ版の差異・違いなどについてご紹介しています
タイトルとURLをコピーしました