【レビュー】Switch版「囚われのパルマ」をプレイした感想・評価・違い【Nintendo Switch】

2016年からスマホアプリとして登場し人気を博している「囚われのパルマ」が遂に2019年8月30日にNintendo Switchでも発売になりました!

Nintendo Switchには続々と人気乙女ゲームが移植されていますが、スマホアプリからの移植ということで話題性もありました。

スマホ画面で操作していたあのシーンはSwitchだとどうなるの?スマホ版とSwitch版との違いは?など気になっている方も多いのではないでしょうか!

この記事では、実際に私(かれん)が「囚われのパルマ」をNintendo Switchでプレイしてみて感じた点などを述べていこうと思います。

本記事では、ネタバレになるイベント絵やセリフは掲載しないよう配慮しておりますが、登場キャラクターやストーリー概要についての紹介はありますのでご注意ください。また、公式よりスチル絵やエンディングについてSNS等への掲載を控えるよう呼びかけされていることを踏まえ、本記事ではそれらを掲載しないよう配慮させて頂きました

Switchで遂に登場!「ガラス越しの体感恋愛アドベンチャー」

「囚われのパルマ」は2016年にスマートフォン用アプリとしてリリースされた、カプコンの女性向けアドベンチャーゲームです。

とある孤島の収容施設に収監されている記憶喪失の青年の相談員として、青年とのコミュニケーションをとり信頼関係を築きつつ、カレの失くした記憶や謎めいた過去について探っていくストーリー。

攻略キャラクターが2人だけですが、監禁された青年の相談員になる斬新な設定美麗なイラスト実力派声優さんによるフルボイスストーリーで人気を博しているゲームです。

 

【Switch版とスマホ版の違い】スマホ版のコンテンツをすべて楽しめるパッケージ

スマホ版とNintendo Switch版の違いですが、まずシナリオやボイスなど基本のコンテンツについてはスマホ版とSwitch版はほぼ同じ内容です。

ただし画面サイズが違うので、Switchの大きな画面で表示される面会室やMAPなどは見やすくてとても綺麗です!本作は独特の絵画タッチの絵柄が特長の作品ですが、ハルトやアオイの美麗なスチルがSwitchの画面で見られるのも嬉しいですね。

そして、スマホ版では一部分しか表示されない画面がSwitchだと大きく映っているのも特長の一つです。例えば本作の舞台である島の全体MAPは、スマホでは一部分ずつしか表示できずスクロールするしかないのですが、Switch版はMAP全体を表示できるということです。

また、Switch版ではテレビにつなぐと、ゲーム画面をテレビに映して楽しめます。「面会」や「監視」などカレの姿を大画面で楽しめるのは圧巻です!それだけでもSwitch版の魅力としては大きいかと思います!

スマホ版では1話ずつ購入したり、面会時間を延長したり特別なストーリーを読むためにはそのたびに課金が必要ですが、Switch版では始めからそれらのコンテンツがすべて含まれています。

面会の延長や、特別な面会シーンテレフォン夢アプリなど、コンテンツの隅々まで好きなだけ楽しめます!これはやはり買い切りのソフトの大きな強みだと思います。

※スチルは掲載に当たりぼかし加工を施しておりますが実際のゲーム画面では高画質で見ることができます

また、Switch版では新たに設定画やこれまで雑誌の表紙やノベルティ用に描かれたものを収録しています。

この作品は本っっっ当にキャラクターのお顔やスチル絵が美しいので、ゲーム本編以外のこういった別の絵も見ることができるのは楽しかったです…!

もちろん本編のスチル含めすべてのイラストは何度でも「ギャラリー」で見返せます

上記記載についてはパッケージ版「デラックスエディション」「コレクターズエディション」を前提とした内容となり、DL版となる単品購入の場合は「スパシャル面会」「テレフォン」は含まれていませんのでご注意ください(DL版の場合は「スペシャル面会」「テレフォン」は別売りコンテンツパックとなります)

 

魅力的な攻略キャラ「ハルト」「アオイ」

このゲームの最大の魅力といっても過言ではない「登場キャラクター」。

攻略対象が2人しかいないのは、ほかの乙女ゲームと比べてもかなり珍しいと思います。ですが、たった2人しかいないの?と不安になる必要もないくらい、魅力的な2人の青年なんです。

美麗な絵柄で見ていて飽きない端正な顔立ち。プレイヤーの性格に寄り添ってくれるキャラクター(後述)。記憶喪失の状態で収容所に囚われているカレらの秘められた過去。

画面では静止画ではなく、まばたきをしたり俯いたりストレッチをしたり、常に動いていて二次元じゃなく三次元かと思うほどリアルな動きをするので、リアリティというか、カレが存在している!という感覚を強く感じます。

ハルト(CV:梅原裕一郎さん)は、ある事件を起こしたとされ収容所に収監されています。

無口で愛想がなく、最初はとっつきにくい感じで面会が始まりますが、物語が進むにつれてカレの素顔が見えてきます。

不愛想ながら頭もよく器用な側面もあり、「監視」で見せるチャーミングな姿も結構かわいい。

アオイ(CV:内田雄馬さん)は、ある事件の容疑者として収容所に収監されています。交通事故により恋人の記憶を失くしており、相談者(プレイヤー)はとある事情でアオイの恋人のふりをして面会することになります。

アオイは人見知りしない明るい性格で、ハルトとは全く違うキャラクターです。

「恋人のふりをする」という嘘から始まる切ない恋愛ストーリー。明るく男らしいアオイの性格と記憶喪失という状況が交わって、とにかく胸が締め付けられるような物語でしたね(;;)

 

「面会」「監視」「夢アプリ」が楽しすぎる!

面会」はストーリー進行により発生するイベントで、面会室でガラス1枚越しにカレと話ができる機会です。

面会内では会話の「選択肢」やガラス越のアクションがあり、エンディングに影響します。
カレと手のひらを合わせる」「おでこをくっつける」などのアクションは照れるけど楽しいです(笑)

Switch版はテレビにつないで映すこともできるので…みなまで言わずとも分かりますね?大画面に映せば「面会」が等身大のカレと面会しているような感覚で楽しめるわけです。ついテレビ画面のカレと手のひらを合わせちゃうやつです(笑)

監視」モードでは、部屋の中でのカレの様子を覗き見ることができます。パンツ一枚だけの姿でストレッチしていたり、漫画を読んで笑ったり、鼻歌を歌いながらシャワーを浴びたり、カレの日常を覗けちゃいます(*^^)

カレと相談員(プレイヤー)に支給されたスマホで、LINEのようなやりとりができるのですが、物語が進みカレとの信頼関係が深まるとメッセージの返事が早くなります。「監視」で部屋を覗くと、相談員に返事を打っている姿が見れます…!

監視中のキャラクターがメッセージを送る動作と実際のメッセージの受信を連動させているのも、よくできたシステムだな~と驚きました。

本編とは別に「夢アプリ」という寝ているカレをツンツンつっついて遊ぶミニゲームがあるのですが、こちらもスマホ版に比べてSwitch版のほうがカレの脚まで広めの画角で映っているようです。

これはあくまで相談員(プレイヤー)の夢(妄想)の中のカレ、という設定で遊べるので、いろんなコスチュームを着せたり面白いセリフを言ってもらったり、楽しみ方は無限です♪

夢アプリをクリアしていくと特別な下着をゲットできて、現実のカレにそのパンツを差し入れして履いてもらったりもできます!(笑)ぜひプレイしてその様子を見てほしいです!!

 

プレイヤーとの会話でカレが変化

本作は会話の途中の選択肢によってシナリオが分岐するゲームではありますが、従来の乙女ゲームのように選択肢で好感度やシナリオが変わるだけではないのが特長的です。

ユングのタイプ論を応用して性格分析するシステムを搭載しており、プレイヤーの選択した言葉がそれ以降の会話に影響します。

例えばプレイヤーがどんな食べ物が好きだとかこんなことをしたとか、そういう何気ない会話をカレが覚えてくれていてプレイヤーの性格に寄り添ってきてくれるんです。

従来の乙女ゲームだと、もともと設定された「カレの性格」「カレという人物像」に好かれるためにプレイヤーが選択肢を選んで好みの女性になろうと努めるような感覚があったのですが(あくまで私個人の感覚ですが)、それが「囚われのパルマ」では自分自身の感情で選択肢を選べばカレがプレイヤーの性格に合わせて変化していくわけです。とても斬新だと感じましたね。

ちなみに選択肢でエンディングが変わるなら、自分の感情ではなくエンディング分岐を狙って選択肢を選ばなければならないの?と思ったのですが、何周かプレイしたところ、どうやら「面会のときの選択肢」が分岐に影響しているようで、普段のメッセージ交換や島内散策により情報収集ではエンディングは変わらないように感じました(公式からの発表はなくあくまで私個人の予測になります)

なのでゲームプレイ中ずっとエンディングのために選択肢を悩む必要はなく、面会時のアクション(選択肢・ガラスに触れる動作)に気を付けるだけで良いのかな、と。

とにかくメッセージでも島内散策でも選択肢がめちゃくちゃ頻繁に出てきます!ので、エンディングや好感度を気にせず自分の思ったように会話を進めて楽しんでみても良いかもしれません。

 

島を散策し、カレの謎めいた過去を解き明かしていく物語

本作は、記憶喪失のカレの秘められた過去や事件の真相を解き明かすべく、プレイヤーは面会以外の時間は孤島の中を散策します。

島の住人たちから情報を収集し、物語を進めていきます。オネエの職員、食堂のおばちゃん、カフェのマスターなど個性豊かな島民たちとの会話も面白いですよ!

島の住人とはメインストーリーには関係のない会話もたくさんあり、その中で食料をもらったり雑貨を買ったりして、カレの部屋に差し入れをしたりできます。

差し入れを受け取ったカレの反応を見るのも楽しみのひとつですよ!

また、住人との会話で「会話のネタ」をゲットすると、カレとのメッセージ画面で新しい話題を送れるようになります。

メッセージは頻繁にやりとりできます。先述したとおり、カレとの絆が深まっていくとメッセージの返信が早く来るようになるので、後半は結構たくさんメッセージのやり取りができます。

好きな女性のタイプ、特技、興味のある分野など、カレのいろんな一面を見ることができる特別な時間ですね。エンディング迎える前に全部の話題を回収せねば!と思ってたくさんメッセージ送ってしまいます(笑)



面会や監視など斬新な内容の女性向けADV

本作は、収監されているカレと面会で絆を深め、日常を監視しつつ、秘められた過去や事件の真相を解き明かしていくゲームです。設定が斬新で、シナリオも読みごたえがあるボリュームです。

攻略対象はフルボイスですが、プレイヤーの容姿やボイスは登場しません。

絵画のような美麗なスチル/切ない音楽/シナリオ、すべてがハイクオリティで、メッセージ交換や散策などやり込み要素もあります。

何より、梅原裕一郎さんと内田雄馬さんという実力派若手声優さんによるフルボイスストーリー、最高最強です!!!

スチルやエンディングなどネタバレ部分のスクリーンショットの掲載はできないのが残念ですが…ぜひ実際にプレイして、美麗なスチル+フルボイス+最高のシナリオのコンボを堪能していただければと思います…!

▼スマホ版のアプリはこちら

囚われのパルマ
囚われのパルマ
評価
料金:基本無料
運営元:PCAPCOM Co., Ltd
AppStoreボタン
GooglePlayストアボタン

配信開始日 : 2016/8/30

▼Switch向けの乙女ゲーム・恋愛アプリ特集はこちら

【Switch】ニンテンドースイッチで遊べるおすすめの乙女ゲーム・恋愛ゲームソフト27選
続々と乙女ゲーム・恋愛ゲームジャンルのタイトルがリリースされているNintendo Switch(ニンテンドースイッチ)過去他ハードで発売されたタイトルだけでなく、Switch専用のタイトルなども発売されています。それらをまとめてご紹介していきます。

▼スマホ向けの乙女ゲーム・恋愛アプリ特集はこちら

【恋愛アプリ】イケメン好き女子がおすすめする乙女ゲームアプリ34選【スマホゲーム】
【2019年版】乙女ゲームを愛し、乙女ゲームを日々プレイしてきた筆者が、実際に遊んで面白いと感じたゲームアプリをレビューしました。実際に遊んだおすすめのスマホゲームをランキング形式でご紹介します。
本記事は、個人の感想を述べたものです。感じ方には個人差がありますので、あらかじめご了承ください。
タイトルとURLをコピーしました