以前流行ったけどもうほとんどSNSで使われなくなった若者言葉たち【ほぼ死語】

若者イメージ画像

こちらの記事で最新の若者言葉をランキング形式でまとめさせてもらいました。

関連記事 最近の女子高生がよくSNSで使う流行りの若者言葉ランキング45選【2017年版】

おかげさまで多くの方に読んで頂いていることもあり、定期的に若者言葉の使用頻度を調査してランキングを見直ししています。

その中でもうほとんど使われなくなった言葉がありますので、この記事ではそれをまとめました。

あまり使われなくなったと判断した基準は、ツイッターで20回以下/1日の使用頻度のものとしています。

もうほとんど使われていない若者言葉

トッポギ


トッポギ・・・韓国料理じゃなかったでしたっけ?

ということで、「突発的に六本木に行くこと」略して『トッポギ』だそうです。

ギロッポンと呼んでいた世代は遙か彼方・・・ということなんでしょうね。

ただ、都心以外の子たちは絶対使わないでしょ、これ(汗

ウーロン茶


女子高生などの若い女の子が、長髪で茶髪の男性を嘲ったり、卑しみを込める時にたま~に使います。

「あいつまじウーロン茶じゃね?だせ」なんて言われるようです。

ウーロン茶なんて言われても気付かないですよね。こわひ・・・。

まぢルンルン御機嫌丸

『激おこぷんぷん丸』から派生した、楽しい時を表す言葉!

それが『まじルンルン御機嫌丸

とても可愛いです。あまり使われていませんが(笑)

でも、これ女子高生が彼氏なんかに使うと可愛いと思うんですが。 「今日はデートありがと。楽しいデート思い出して、今まじルンルン御機嫌丸♪」なんて。どうですか、みなさん?笑

ヤグる

浮気現場を目撃されることを意味するそうです。

まぁ由来は言わずもがなですね。背の小さな元モー娘。の方がやっちゃったやつです。

よもや代名詞になるとも思ってもみなかったでしょうね。全国の矢口さんに謝ってください(笑)

それにしても、最近の女子高生はよく浮気をするということでは・・・ないですよね!?汗

メンディー

面倒くさい」という意味。

まさにEXILEの関口メンディーさんから派生したっぽいです。

みんな「マジメンディー」って呟いてます。

本当にメンディーに会った時はなんて言うのでしょうか(ぇっ

(まじ)TBS

頭に「まじ」と付くことが多いので付けてみましたが、『まじTBS』という言葉も一部で使われています。

某テレビ局のことを指すのではなく、「(T)テンション (B)バリ (S)下がる」の略だそうです。もうDAIGO語ですね、これ(笑)

利用頻度はまだ少ないので流行るかどうか分かりませんが、この略し方は斬新。というか、このツイートもものすごい(汗)

おくちょ

「(後で)送ってちょうだい」が『おくちょ』となってます。

「後でメールしてね~」なんて時には『おくちょ』と言います。

アチュラチュ

アチュラチュ』・・・パッと聞いただけではなんのこっちゃですが、男女仲が非常にいいことを言うそうです。

『ラブラブ』や『アツアツ』よりも強い表現として使うということで、これからはアチュラチュを推していきましょう!

うちらアチュラチュだね」なんて高校生の頃言われたかった~~~!

イチキタ

『一時帰宅』を略して『イチキタ』のようです。

「イチキタしてから集合ね~」と言うように会話で使われるようです。

高校生などの学生さんは、制服で遊ぶのが禁止されているところもあるから、こういう言葉がよく使われるのでしょうね。

ショッキングピーポーマックス

「おこ」がどんどん派生していきましたが、ショックを受けた時に使えるすごい若者言葉『ショッキングピーポーマックス』です。

思いもよらない予想外なことが起こって動揺している様子を表す時に使う言葉です。ネーミングセンスがすごい(笑)

まだ使われ始めて歴史が浅いので、これからもっと流行るかどうか気になるところ!

カミッテル

神がかって素晴らしい様子を表す若者言葉です。

「神がかっている」を略して『カミッテル』ですね。

ただ、最近はそんなに使われてないようですね。

きびつい

一部の若者の間で使われていますが、「厳しい」と「きつい」が掛け合わさって『きびつい』という表現になっています。

利用頻度は少ないですが、言葉の組み合わせで出来た新語としてのセンスはめっちゃ高いですよね。

tkmk

「ときめき」をアルファベットにすると、「tokimeki」になりますが、それの子音を取って『tkmk』だそうです。

まるで「ウイッシュ」と言っている歌手の方のようですね。

そうか・・・こういう略語にするのは、若者は結構好きだということなのかもしれないですね!?



▲目次へ戻る

ガチしょんぼり沈殿丸

第40位は『ガチしょんぼり沈殿丸』です!

えっ、こんなに長い言葉使われてるの!?と思ったら、結構頻繁に使われてます。

こちらも『激おこプンプン丸』から派生してます。激しくしょんぼりしてる時に使われています。

しょんぼりした時って、漫画だと汗みたいなのが顔に描かれますよね。それが溜まって沈殿してるところから生まれたのでしょうか。これ、面白いです(笑

しょんどい

「正直しんどい」を略して『しょんどい

普通に「正直しんどい」って言った方が、しんどさが伝わるような気がするのは私だけでしょうか・・・?笑

ベッケンバウアー

別件があるときに使う若者言葉です。

もはや響きだけで『ベッケンバウアー』が由来になっています。

ちなみにこの言葉で検索すると、サッカーの話題がわりと占めます(笑)ですのでこの順位はちょっと上すぎるかも・・・(汗)

オラつく

オラオラしている状態のことを『オラつく』と表すようです。

ドヤ顔をしながら横柄な態度をとったり、そういう雰囲気に溢れている人のことを指します。

いますよね、ネットだと特に。顔は見えないけど、絶対ドヤ顔してそうな物言いをする人。

影で「あいつマジオラついててムカつくんだけど」とか言われないように気を付けましょう!

Bダッシュ

往年のファミコンゲーマーであればみんな知ってますよね。

マリオブラザーズのマリオが走る時に、Bボタンを押しっぱなしにしてダッシュすることから来ています。

おっさんが使う言葉だと思っていたら、女子高生ならず男子高生など若者みんな使っています。

急いでることを表現したければ『Bダッシュ!』

KSK

歌手のDAIGOさんと女優の北川景子さんがご結婚された時に話題になった言葉『KSK

これが今若者の間でも”たまに”使われています。

この略語は「(K)結婚 (S)して (K)ください」がDAIGOさんのプロポーズの時の言葉として話題になりましたが、同名タイトルの曲の歌詞の中では『キセキ』と歌われています。

ただ、Twitterを見ているとこの曲そのものについて呟いている人が多いので、今後どこまで定着するか要注目です。

以前流行った若者言葉:まとめ

もともと若者言葉の記事を書いて2年ほど定期的に調べていますが、話題性から生まれた言葉ほど死語になりやすい傾向にあると感じました。

自然発生的にできた若者言葉ほど、口コミレベルで徐々に広まって当たり前の言葉として定着している気がします。

これからも定期的に最新化していきたいと思いますので、またご訪問頂ければ幸いです!

文化・言葉関連記事