【謹賀新年】「ドラゴンボール 神龍しめ飾り」レビュー

遅くなってしまいましたが、あけましておめでとうございます!

本年もどうぞよろしくお願い致しますm(_ _)m

振り返りも含めて色々と書こうと思っていたのですが、昨年末にこんな素敵なプライズ景品をオンクレでゲットしたということもあるので、フィギュアレビューさせて頂きます!

ドラゴンボール 新春万福!神龍しめ飾り

登場日 : 2017年12月12日(火)
発売元 : バンプレスト
サイズ : 約13㎝

ドラゴンボール」と言えば、その名の通り「ドラゴンボールを集める」ことが当初の目的となった漫画ですよね。孫悟空がおじいちゃん(孫悟飯)の形見として持っていた四星球はファンならおなじみです。

そんなドラゴンボールを7つ集めると出現する「神龍(シェンロン)」は、人物キャラクターではないもののドラゴンボールの人気キャラと言えます!

その神龍のフィギュアの中でも非常に変わり種となる、「ドラゴンボール 新春万福!神龍しめ飾り」が2017年12月に登場しました。

名前の通り、神龍がしめ飾りとなったフィギュアとしても珍しい景品となっています。

コンパクトなパーツ群

サイズが約13cmということもあり、パーツ自体も非常にコンパクトにまとまっていました。

頭部」「胴体」、あとは「ぶら下げる用の紐」の3つのみです。

しかし、フィギュアの出来が非常にいいこともあってか、頭部だけでも迫力のある仕上がりになっていますね。髭がびよ~んと伸びているのが芸が細かいです。

紅白の紙垂と札は外箱から…

ただ残念だったのが、しめ飾りでおなじみの「紅白の紙垂」と謹賀新年と書かれた紙部分は外箱から切り取る形式だったんですよね。

切り取っちゃうと外箱に穴が空いてしまうじゃないですか💦

とは言えこの部分もフィギュアに合わせてせっかく作られているので、泣く泣くではありますが点線に沿って取り外しました!

ちなみに外すとこんな感じ。

う~ん、ぜんぜん豪華な素材でなくてよかったので、別パーツとして同梱しておいてもらいたかった…。

クオリティの高い神龍フィギュア

サイズこそ小さくはありますが、造形や作り込み、塗装など全体的にクオリティの高いフィギュアでした

神龍が手に持っているドラゴンボールが四星球というのもいいですね、よくわかっています(笑)

ただ、この四星球が半球を2つくっつけたような形跡が残っていたのはちょっと残念でした。

鱗の感じや塗りが非常に丁寧

龍だけあって、鱗の細かい感じだったり腹の皺だったりも細かく作り込まれています

塗りもムラがほぼなく、鱗部分は光沢があり、腹部分はマットな色になっています。

尻尾が途中分離してるように見えるのは謎ですね。実は別パーツとして成形していたのですかね。

紙パーツを付けると一気に正月感

最後に紙パーツを付けて、しめ飾りとして完成です!

外箱からミシン目に沿って切り取っただけなので紙パーツの粗さがちょっと気になりますが、お正月感がめちゃくちゃ出ますね

なんだか縁起が良さそうです!?

神龍しめ飾りを飾ってみた

しめ飾りなのでできれば玄関に飾っておきたかったのですが、さすがに恥ずかしいのでやめておきました(しめ飾りの意味…/笑)

イメージにと思い、ドアの取っ手にぶら下げて見ました。なかなか良くないですか?

さすがにもう年が明けてしまったのでクレーンゲームで見かけることもないでしょうし、あらためて買う人もいないと思いますが、今年12月頃に同じような趣旨のプライズが出てきたらぜひ狙ってみてください!

クレーンゲーム
この記事を書いた人
もぐ

5歳からファミコンを始めて今では立派なおっさんゲーマー。元システムエンジニアで、少年マンガ・ロボットアニメを中心としたフィギュア収集が趣味です(お問い合せはこちらまで)

もぐをフォローする

関連記事

時機到来(じきとうらい)
タイトルとURLをコピーしました