【DbD】PS4版とSteam版のDead by Daylightの差異について【デッドバイデイライト】

Dead by Daylight PS4パッケージ

【2017/8/24更新】リリースされて約1年経ちますが、Dead by Daylight(通称:DBD)は今でも動画実況でも人気のゲームタイトルですね。

私も暇な時間を見てはパソコンでSteam版をコツコツとプレイしていますが、ゲーミングパソコンを持っていない人にとっては動画を見るだけで歯がゆい思いをしている方も多かったのではないでしょうか。

そんな思いをしていた人にとって、遂に待望のPS4版が遂にリリースされました!!

…とは言っても日本版ではなく北米版なのですが(笑)

しかし、日本のPS4本体でも北米版はもちろん遊べますので、実際にPS4版を私も購入してプレイしてみました

おなじみSteam版と同じようにPS4版も遊べるのかどうか気になっている人もいるかと思いましたので、今回気付いた点を書かせてもらいます。

【参考】Dead by Daylight(デッドバイデイライト)とは?

Dead by Daylight プレイ画像

本作を知らない方のために簡単にゲーム紹介をさせてもらいます。

2016年6月14日にPCで遊べるSteamプラットフォーム版としてリリースされた、4人対1人の非対称型オンライン対戦ゲームとなります。

  • 4人の生存者はフィールド上にランダムに生成された発電機を5台修理することで脱出ゲートを開いて逃げることを目指します。
  • 1人のキラーはその生存者たちを見つけ出して、脱出される前に全員殺すことを目指します。

生存者はTPS視点で、キラーはFPS視点となっている点も特徴的です。

どちらでプレイするかはプレイヤーが選べるので、逃げるのが好きな人も攻めるのが好きな人もどっちも楽しめる白熱した戦いが世界中で日夜繰り広げられています!

日本で発売されているPS4でも北米版DBDはちゃんと遊べました

Dead by Daylight タイトル画像

まず、北米版のPS4ソフトをプレイしたことがない方が一番気になるのはここではないでしょうか。

日本で発売されているPlayStation4本体で、北米版のPS4パッケージは普通にプレイすることができます!

ネットワークプレイをするためにはPS Plusに加入する必要がありますが、PS Plusに加入している日本のアカウントでログインしても問題なくマルチプレイすることができました

さらに、北米版DBDには日本語も収録されていますので、日本のPSNアカウントでログインすると自動的に日本語表記で遊ぶことができます!(親切設計ですね)

もちろんアップデータ(更新データ)も問題なく自動でインストールされています(2017年7月時点)

※ただ、もし今後有料DLCが配信された場合は注意が必要です!

北米版ソフトのDLCは、日本のPlayStation Storeではなく北米のPlayStation Storeで配信されます。しかし、日本のアカウントでは日本のStoreしかアクセスできません。

そのため、北米アカウントを作成してStoreから購入しなければなりません。ここでは説明を省きますが、非公式ながら実現方法はあります!(北米アカウントへのチャージは少々手間が掛かる上に、北米版ギフトカードのトラブルも多発しているので注意が必要です)

北米アカウントを作成や北米アカウントへのチャージは自己責任で実施ください。

※また、日本のメーカではないですしそもそも北米版なのでサポートにも期待できません。予期せぬ不具合も考えられますので、それらも自己責任の上プレイしてください。

基本的にはSteamでおなじみのDBDが楽しめます

Dead by Daylight プレイ画像

後述する違いはありますが、Steam版のDead by Daylightとほぼ同じ感覚でPlayStation4で遊ぶことができます!

Steamで遊べる環境を持っている方にはSteam版の方がいいと思いますが、ゲーミングパソコンを持っていないけどPS4で遊びたいと思っていた方にはマジでおすすめしたいゲームです。

日本で購入する場合は、米Amazon.comにて注文してもいいですが、個人的には輸入販売しているストアで購入するのが楽だと思います(価格に少々の手間賃が乗ってはいますが)

日本のAmazonでも良いですが、私の場合は楽天市場・Yahoo!ショッピングに出店しているところから購入しました。

Ver1.6のアップデート予定アリ

Amazonレビューにもあがっていますが、マッチングのエラーやネットワーク周りの不具合が出ていました。その辺りのバグフィックスを含む、Ver1.60のパッチが予定されているようです。

後述しますが2017年8月に予定されているDLCに合わせて配信されると思いますので、早いリリースが期待されます!

※新キラー・新サバイバーを含む新DLCが配信されましたが、日本アカウントでは使えない状態が起こっています。配信されたばかりでバグなのか仕様なのか判然としませんが、動向を注目したいです。
そもそもSteam版でもバグの多いゲームではあるので、改善されることを願うばかりです。



Steam版とPS4版DBDの違い

一通りPS4版をプレイしてみて、Steam版との違いとして気付いた点を挙げさせてもらいます。

一部私のプレイ環境(通信環境)に依存している部分があるかもしれませんが、購入を考えている方の参考になればと思います。

▼PS4プレイ環境

  • 本体 : PlayStation4(CUH-1200AB02)
  • 通信 : IEEE802.11n (回線がボトルネックなのでWi-Fiで充分)
  • 回線 : フレッツ光(遅い/苦笑)
  • DBDバージョン : 1.5.1 (2017年6月24日時点)

【2017/6/28追記】回線が遅いことで悪影響が出ていた可能性もあったことと、インターネット回線を引き直したので再度プレイして確認し直しました!適宜修正・加筆を加えています。

▼PS4プレイ環境(改善後)

  • 本体 : PlayStation4(CUH-1200AB02)
  • 通信 : 有線LAN
  • 回線 : auひかり(そこそこ早い)
  • DBDバージョン : 1.5.1 (2017年6月28日時点)
※PlayStation4 Proでも近日中に試してみたいと思っています(まだデータ移行が終わっていないため…orz)

初期のプレイアブルキャラクターが少ない

Dead by Daylight プレイ画像

サバイバー側の初期プレイアブルキャラクターは以下の7名になります。

  • ドワイト・フェアフィールド
  • メグ・トーマス
  • クローデット・モレル
  • ジェイク・パーク
  • ネア・カールソン
  • エース・ヴィスコンティ
  • フェン・ミン

しかし、映画ハロウィンの「ローリー」やLeft 4 Deadのキャラクター「ウィリアム・ビル・オーバーベック」はいませんでした

Dead by Daylight プレイ画像

また、キラー側の初期プレイアブルキャラクターは以下の6名となります。

  • トラッパー
  • レイス
  • ヒルビリー
  • ナース
  • ハグ
  • ドクター

こちらは映画ハロウィンの殺人鬼マイケル・マイヤーズがモチーフの「シェイプ」がいません


Steam版にはいるけどPS4版にはいない3名は、どれも他の作品とのコラボキャラになっていますね。

もしかしたら版権絡みでPS4版では出せなかったのか、今後DLCとしてのリリースが予定されているのかは今のところ不明です。

しかし、最近Steam版のDLCとしてリリースされた「フェン・ミン」「ドクター」も遊べるのは嬉しいところですね。

北米版のパッケージを見てみると「SPECIAL EDITION」という表記があり、エース・フェン・ハグ・ドクターが同梱されていると主張されていました!

Halloween DLCの配信予定アリ!

デッドバイデイライトの公式ツイッターでアナウンスされていましたが、Halloweenを題材にしたDLCが2017年8月に配信されるそうです!

PC Steam版では映画「ハロウィン」の舞台であるイリノイ州ハドンフィールドのマップと殺人鬼ブギーマンこと「マイケル・マイヤーズ」とその妹「ローリー・ストロード」が配信されました。

Steam版でのDLC「The Halloween Chapter」が当時日本円で628円で私は購入したので、もしかしたらPS4版も有料かもしれません(無償だといいですが)

その場合は北米アカウントを作成し、北米アカウントにチャージをする必要が出て来るかもしれないですのでご注意くださいね(ここまで来たら私も試してみようと思っています/笑)

基本の操作はコントローラー

Dead by DaylightとPS4コントローラー

有名実況主を見ていると、多くの方がマウス・キーボードでプレイされています。マウス操作の方が、旋回が早いんですよね。

もちろんPS4でもマウス・キーボードでプレイ可能ですが、ほとんどの人がコントローラーになるのではないでしょうか(ちなみに私はPCでもXboxコントローラーを使って遊ぶ派です)

PS4版DBDはコントローラーでも問題なく操作できるのですが、感度をちゃんと設定しないとキラーの操作が難しいです。

私は感度が良すぎて右スティックでの狙いが定まらずに、キラー操作時に空振りしまくってしまいました(笑)

ですので、初めてDBDをプレイされる方はゲーム内の設定で感度調整を忘れずに行ってください

マッチングは思った以上にスムーズ

デッドバイデイライトは完全にマルチプレイ前提のゲームなので、スムーズにマッチングするかどうかは多くの方が気にするところだと思います。

私は夜プレイすることが多いですが、今のところサバイバー・キラーともにマッチングはスムーズに行われます!

1~2分にはサバイバー4人揃うことが多かったです。

Amazonレビューなど見ているとマッチングが遅いというコメントがちらほら見受けられましたが、おそらくまだゲームを入手できていない人が多かっただけかもしれません。

ただ、DbDはどうしてもサバイバーの方が人気なので、サバイバーを選ぶとマッチングは遅い傾向にあります(Steamでも同様です)。とにもかくにも早くプレイしたい時にはキラーを選ぶことをおすすめします。

ラグが発生しやすい

Dead by Daylight プレイ画像

どういうサーバ構成なのか正直分かりませんが、どうもラグがよく発生します

Steam版と同じく、キラーがホストとなる形式のネットワーク通信をしているような気もします。

Steamだとどの地域のサーバに接続するか選べるのですが、PSNの場合は日本ではないような気がします(推測でしかありませんが、日本版も出ていないことからサーバを立ててない気がします)

とは言え、必ずしもラグが頻発するというわけでもないので、この辺は少々我慢すれば問題ないレベルだと感じました(Steamでもラグは出ますし)

PCで遊ぶときは、チャット欄のレスポンスを見てラグチェックができるのですが、後述する通りチャット機能がないのでラグチェックができないのは残念ですね。



通信回線が遅いとスキルチェックがズレる

Dead by Daylight プレイ画像

サバイバーが発電機を直している時に発生するスキルチェックでボタンを押した時にちょっとズレる感覚がありました。

ズレるというか、押してすぐに止まるのでなく滑ってしまう感じです。

もしかしたらラグが発生しやすいことに関係しているのかもしれないですが、通信回線が遅い環境ではどうしても滑ってしまいます。

PS4版のみプレイされる方であれば、この感覚で慣れてしまえば問題ないと思います。


【2017/6/28追記】インターネット回線を変えて有線LANで繋ぎ直したところ、スキルチェックのずれは発生しなくなりました!これにはちょっとビックリしました。

というのも、Steam版をプレイしているときもデスクトップPCから無線LANで通信していたので速度は変わらないはずなんですよね。Steam版ではラグが発生していても、スキルチェックがズレるという事象は起きませんでした。

今後のアップデートで更新されるかもしれませんが、あまり通信速度がよろしくない方は注意が必要です。

※個人的な見解なのですが、旧PS4本体の無線LANモジュールは上りの性能があまり良くない気もしています。ただ、これはたまたま我が家の環境のせいかもしれないので、あくまで参考程度の意見と思って頂ければと思います。
有線LANで接続できる家の構成であれば、PS4でも有線LANでの通信をオススメします!

フレームレート・画質が若干低い

Dead by Daylight プレイ画像

私がプレイしたのが旧型のPS4本体なのも関係しているかもしれませんが、フレームレートは60fpsいってない気がします。また、画質もそこそこと言った感じです。

ただ、私のゲーミングパソコンには当時約10万円のビデオカードGeForce GTX 1080を積んでいるわりと高性能な環境なので、それと比べるのは微妙かもしれませんが…(汗)

最近のPS4ゲームは映画のような画質のタイトルが多いこともあり、初めてDBDをプレイする人はちょっと気になるかもしれません。

しかし、Steam版で普段ゲーム実況をしている方がPS4版をプレイした感想では、PS4版の方が画質がよいという感想を持っていた方もいたので、気になるレベルではないと思ってもらっていいと思います!

試しに実況なしでテスト動画をYouTubeにアップしてみましたので、気になる方はぜひ見てみてください(動画としての面白さは特に追求していないのでご了承ください/笑)

▼サバイバー

▼キラー

たまにもっさりする

処理落ちとまではいかないですが、何かの拍子に描画が重くなることがあります。いわゆる、もっさりというやつですね。

私がプレイしていた感じだと、サバイバーでプレイしていて発電機を全部起動し、脱出ゲートを開放するともっさりしがちでした。

レビューを見ていると、ハグで魔法陣を最大(10個)まで描くともっさりするというコメントもありました。

おそらくPS4 Proでは大丈夫ではないかと思うものの、この辺はProで試してみた後でまた書き加えたいと思います。

チャット機能がないので煽られずに済む(笑)

Dead by Daylight プレイ画像

もともとSteam版のチャットは日本語入力できないので、日本人にはあまりいないのですがキラーをやっていると外国人で煽ってくる人がそこそこいます。

文字でも罵声を浴びせられるとさすがにイラッとしてしまうのですが(苦笑)、それで煽り返しては同じ穴の狢になってしまう気がして我慢していたんですよね。

しかし、PS4版はチャット機能がないので煽られずに済みます!(笑)

これは個人的にPS4版DBDのメリットだと感じました。

PS4 Proでも試してみた

ようやくPS4 Proへのデータ移行が済んで、PS4版デッドバイデイライトを試しにプレイしてみました!

結果ですが…

ゲーミングパソコンでプレイするよりも画質が綺麗

でした!(あくまで私の環境での感想になりますが)

ネットワーク周りはまだちょっと気になりますが、もしかしたらPS4版の方が遊びやすいかもしれないですね…。キャラの充実を早く願うばかりです!

まだ上手く動画が撮れていないので撮れ次第アップしたいと思いますが、やっと普通に供給されるようになり定価を超えずに買えるPS4 Proそのものもオススメです。

PS4版Dead By Daylightは買いかどうか

ゲーミングパソコンを持っていないけどPS4を持っている方であれば、万人に買いをオススメしたいほどDBDは面白いです

Steam版とPS4版では若干の差異はありますが、慣れれば問題ないレベルに仕上がっていますのでその点も安心してもらっていいと思います(キャラが少ないのはちょっと残念ではありますが)

私もなんとか時間を作ってゲームをしていますが、なんだかんだ一番遊んでいるのはDBDかもしれないほどハマっています!

※本作は北米版となるため、予期せぬ不具合などが発生する可能性があります。そのため購入は自己責任でお願いします。



【参考】DBDの人気実況主をご紹介

DBDの有名実況主の方も併せてご紹介しますので、動画を見て面白いと思った方はぜひ買ってみてください。

※ちなみに以下にご紹介する皆さんは全員Steam版でプレイされていますのであらかじめご了承ください。

チャンネル名:兄者弟者

ゲーム実況主としては日本一のYouTube登録者数を誇るチャンネル「兄者弟者」の弟者さんと2Bro.メンバーのおついちさんのプレイ動画です。

2016年は弟者さんはキラーとして実況動画を多く上げていたのですが、一度終了させた後にYEAR2としておついちさんとの実況を再開されました。

特におついちさんはDBDの初心者なので、これからDBDを始める方にはある意味参考になるかもしれません(笑)

チャンネル名:べるくら企画

デッドバイデイライトだけで既に300本近くの動画をあげているべるくらさんの実況動画です。

実況中にホラー映画の紹介コメントがあったりとホラー好きだけあって、DBDのプレイ動画が非常に面白いです!面白くて毎日見させてもらっています。

その中でも神回として話題になったのがこちらの動画。謎のサバイバー集団に巻き込まれるべるくらさんとキラーの様子に、正直腹抱えて笑いまくりました(笑)

チャンネル名:ほぉじょれおP

個人的に好きな実況主さんなのですが、何があってもサバイバーを守りにくい正義の味方感のあるふぉじょれおPさんです。

サバイバーとプレイされることが多いのですが、他のサバイバーがフックに吊られた瞬間に助けにいく男らしさが溢れている方です。

タゲ取りが上手いので、サバイバーでのプレイの参考にもなる実況主さんです。



デッドバイデイライト関連記事