【Switch】DL専用含むニンテンドースイッチのおすすめゲームソフト独自ランキングBEST50+α【Nintendo】

ニンテンドースイッチ ソフト写真



第11位:Minecraft(旧Minecraft: Nintendo Switch Edition)

発売日 : 2018/6/21(旧DL版は2017/05/12)
発売元 : マイクロソフト
ジャンル : クラフトゲーム
販売方法 : パッケージ/ダウンロード版
評価 : 4.3
レビュー件数 : 157件(2019/07/02 21:30時点)
Minecraft (マインクラフト) - Switch

もはや説明不要と言えるサンドボックスブームの立役者「マインクラフト」のニンテンドースイッチ版となるのが「Minecraft

全てのプラットフォームでの販売本数が2019年5月時点で1億7600万本を突破し、テトリスを超え世界で1番売れているゲームソフトになりました!

以前は「Minecraft: Nintendo Switch Edition」というタイトルでダウンロード専用だったのですが、2018年6月にスマホアプリ版をベースに統合版として再リリースされました。

Minecraft (マインクラフト) - Switch

ちなみに基本的なゲーム性は他のプラットフォームとほぼ同じですが、スイッチ版での主な仕様は以下の通りとなります。

  • マップの広さは”実質無限“(旧版では3072×3072)
  • 1台のスイッチで最大4人まで同時プレイ可能(画面分割)
  • 通信プレイは最大8人まで
  • アップデートのタイミングはスマホ・Win10/XboxOneと同時
  • マルチプラットフォーム対応
  • コマンド/コマンドブロック使用可
  • Modなどエンティティ数の上限はなし
  • ゲーム内ストアでは公式商品+ユーザー制作のコンテンツ
  • VC(ボイスチャット)は不可
Minecraft (マインクラフト) - Switch

ワールドの広さは旧版だと”3072×3072“だったのですが、統合版となったことで”実質無限“の広さになりました!(もちろん、ハードとしての性能の限界はありますが/笑)

基本的なゲーム性は他のプラットフォーム(※PS4版を除く)とほぼ同じとなり、Switch版では1台のスイッチで最大4人までプレイ可能画面4分割)、通信プレイでは最大8人まで遊べます。

統合版となったことでSwitch版のデメリットもなくなり、なんと言っても画面の大きなスイッチで寝転がりながらマイクラが遊べるのは最大のメリットだと思います。持ち運べるので外でも遊べるのもデカいですね!

Minecraft (マインクラフト) - Switch

Minecraftはマイクロソフトが運営しているわけですが、Microsoftアカウントでログインすることでスマホ版やXbox One版とクロスマルチプレイも可能になりました!

ちなみにSwitchだけでオンラインマルチプレイする場合には、従来通りSwitchのフレンドを招待してマルチプレイが可能です(ただしNintendo Switch Onlineへの加入が必要です)

よく比較対象に上がるのがPS4版ですが、Switch版にはワールドの広さに制限もないし、クロスプレイにも対応しています(PS4版は”5120×5120″でクロスプレイ非対応)。さらに寝転びながらプレイすることもできますので、これからMinecraftを始めるならSwitch版が個人的におすすめです!

ちなみにYouTubeの任天堂公式チャンネルでよゐこの二人がプレイをしている動画もアップされていますので、初心者の方にはそちらが参考になると思います。

任天堂公式サイト Minecraft

※「Minecraft: Nintendo Switch Edition」(2017)はニンテンドーeショップでの販売を終了しました。ちなみに既にこちらを持っている方は、「Minecraft」(2018)に変換が可能です

第12位:ドラゴンクエストビルダーズ2 破壊神シドーとからっぽの島

発売日 : 2018/12/20
発売元 : スクウェア・エニックス
ジャンル : ブロックメイクRPG
評価 : 3.9
レビュー件数 : 210件(2019/03/19 12:30時点)

ドラゴンクエストビルダーズ2 プレイ画像

▲画像はPS4版のスクリーンショット(以下同様)

2016年1月に発売されたドラクエの世界が舞台となった新しいサンドボックスRPGの続編「ドラゴンクエストビルダーズ2 破壊神シドーとからっぽの島

ブロックやアイテムを組み合わせてモノ作りを楽しむブロックメイクRPGと称されていて、主人公は駆け出しビルダーとして活躍していくストーリーとなっています。

本作の舞台は「ドラゴンクエスト2 悪霊の神々」のその後の世界が描かれていて、わりとまったりとお話が進む物語になっています。

ドラゴンクエストビルダーズ2 プレイ画像

前作での不満点が解消されていて、アイテムボックスに個数を指定して出し入れできたり、スキップトラベルが使いやすくなって移動しやすくなったり、高い所から落ちても死ななくなったりとより遊びやすい仕様になっています。

前作はRPG色が強めの作りになっていて章ごとに街を作り直すという不満がありましたが、本作は章立てではないので一つの島をずっと発展させることができます。

UI含めて前作からの正統進化といった感じで、より遊びやすくなったドラクエビルダーズが楽しめます!

ドラゴンクエストビルダーズ2 プレイ画像

本作で新しくなった要素として注目すべき点はこの辺ではないでしょうか!

  • 作れるモノの高さが前作の31段から約100段と約3倍にUP
  • 水の表現度が向上し、流れ落ちる滝や水路などの表現が可能に
  • ダッシュ移動が可能になり、水中にも潜れるようになった
  • 一人称視点(主人公視点)でのプレイが可能に
  • 最大4人でのマルチプレイに対応(Switch版のみローカル通信可能)

さつえいモード」も搭載されていて、色々な視点から表現度の高い写真を撮ることができるのも嬉しいですね。撮った写真を「けいじばん」でオンライン公開することも可能なので、自分の作ったモノを他の人に「いいね」してもらえます。

リリースして日が浅いうちから既に多くの写真が投稿されていて、他の人のアイデアを参考にすることができるのもいいですね!

ドラゴンクエストビルダーズ2 プレイ画像

ただ難点と言えることがいくつかあるのもまた事実で、基本的にセーブデータは1ユーザーにつき1つしか作れません。昨今のゲームでこの縛りはちょっとキツイかなと思います。

また、(私は未確認ですが)ストーリー進行上のバグにより先に進めなくなって詰んでしまうことがあるようです。詰んだ状態でセーブしてしまうとアウトなのは厳しい。。。いずれアップデートで改善されるとは思うのですが、もし遭遇してしまうとしんどいかも…。

分割プレイがなくなったことも、人によってはマイナス点と感じるかもしれませんね。

あと、これは大人の私がプレイしたあくまで個人的な感想にはなりますが、ストーリーが前作よりもゆる~くなったと感じました。子どもでも遊びやすくなった反面、大人にとっては少しまったりし過ぎていると感じるかもしれません。

ドラゴンクエストビルダーズ2 プレイ画像

それでも、マイクラよりも幅の広い表現力が豊かなモノ作りができるのでサンドボックス型ゲームとしては非常に面白いタイトルだと思います。

ちょっと評価は低めではあるのですが、ゲーム自体の面白さと今後のアップデートによる改善に期待を込めてレビューを掲載させてもらいます!

ちなみにSwitch版とPS4版で悩む人がいるかもしれません。残念ながらSwitch版は約30fpsということもあり、描画の滑らかさでいうとPS4版よりも劣ってしまいます。特にテレビモードはカクつきやすいという声も上がっています。

それでも寝転びながらや外でも遊べる携帯性のメリットはデカいと思います!ローカル通信にも対応していますので、この辺りを重視する方にとってはSwitch版が良いのではないでしょうか!

© 2018 ARMOR PROJECT/BIRD STUDIO/SQUARE ENIX All Rights Reserved. © SUGIYAMA KOBO

第13位:New スーパーマリオブラザーズ U デラックス

発売日 : 2019/01/11
発売元 : 任天堂
ジャンル : アクション
販売方法 : パッケージ/ダウンロード版
評価 : 4.1(平均値)
レビュー件数 : 106件(77+29)

New スーパーマリオブラザーズ U デラックス タイトル画面

2012年12月8日に発売されたWii Uソフト「New スーパーマリオブラザーズ U」と2013年7月13日に発売されたWii Uソフト「New スーパールイージ U

この2本のタイトルが1本のソフトとしてSwitchに移植されたのが本作「New スーパーマリオブラザーズ U デラックス」です!

本作はWii Uソフトの移植作品という位置付けであり、新作タイトルではありませんのでご購入を検討されている方はご注意ください(厳密に言うとWii版が元祖です)

Switchではマリオの新作としてオデッセイがリリースされましたが、スーパーマリオと言えばやっぱり横スクロールアクションを思い浮かべる人も多いですよね。そんなマリオをSwitchでも遊べるようにしたのが本作と言えます!

New スーパーマリオブラザーズ U デラックス キノピーチ

本作はルイージUも含まれていますので、本編の82コースに加えてスーパールイージUとしても82コース遊べるようになっています!

ルイージUは基本的なコースは本編と同じなのですが、敵や仕掛けの配置などが変わっており、ジャンプ力アップ&滑りやすい上級者向け裏コースと言った位置付けになっています。

他にもSwitch版の独自要素として1プレイ時もキャラ選択が可能になり、さらにキノピコトッテンが追加されました!キノピコは新アイテム「スーパークラウン」を取るとキノピーチに変身し、2段ジャンプやふわふわホバリングなどが使えます。

そしてトッテンは敵やトゲにぶつかっても無敵という大胆仕様!「無敵ってマジかよ…」と思って穴に落ちて見たら、ふつうに死にました(笑)あくまで無敵なのは攻撃に対して、となっています。

他にも「おたからムービー」という、攻略に役立つ動画がゲーム内に収録されているようになったので(WiiU版ではYouTube)、サクサク動画を確認できるようになりました。

「New スーパーマリオブラザーズ」は全9ワールド82のコースで構成されるストーリーを、いつものように攻略しながら進めていきます。既に完成されたゲーム性だけあって、アクションゲームとしての出来が最高であることは言うまでもありません!

しばらくマリオを遊んでいなかった方にとっては、ムササビマリオペンギンマリオあたりは新鮮に思えることと思います。ヨッシーもいつものヨッシーだけでなく、ちびヨッシーも登場します。

Switch版では1つの画面で最大4人まで一緒に遊べますので、ワイワイ騒がしく遊ぶのも楽しいと思います(当たり判定があるので、邪魔し合いになった喧嘩の火種になる可能性もありますが/笑)

New スーパーマリオブラザーズ U デラックス ワールドマップ

おだいモード」では、与えられたお題の通りにクリアできるかに挑戦することができます。指定条件ごとに銅・銀・金のメダルが設定されていますが、金は難易度が高いので、金メダルを目指してひたすら挑戦するのも面白いです(結構熱中します!)

他にも強制的に画面がスクロールするコースでのタイムアタック「ブーストモード」、プレイヤー同士で獲得枚数を競い合う「コインバトル」(1人用は無し)なんかも用意されています。

コースの数で言えば当然ながら「スーパーマリオメーカー」に軍配は上がりますが、本作のように任天堂がきっちりと作り込んできたコースはやっぱり面白いです!

New スーパーマリオブラザーズ U デラックス メニュー画面

ただ、Wii版「New スーパーマリオブラザーズ」から移植されたWii U版のさらに移植版が本作なので、正直マンネリ感は否めません。そのため、Wii版またはWiiU版をプレイ済みの方は、あらためて本作を買う必要はないかもしれません。

どちらかと言うと、横スクロールのいわゆる2Dマリオをプレイしたことがない人およびWii版&WiiU版未プレイの人向けのタイトルと言えます。

で、そう考えたときにちょっと気になるのが、操作テクニックなどの説明モードまたはチュートリアルみたいなものがあっても良かったのではないかという点です。

New スーパーマリオブラザーズ U デラックス トッテン

初めてスーパーマリオをプレイする方(特にお子さまなど)には、カベキックやヒップドロップ、スピンジャンプなどの説明はあっても良いように思います。

ある程度ゲームに慣れている人であれば、プレイしていくうちに感覚で理解できるので問題ないのですが、マリオ初心者向けの配慮がもっとあると嬉しいと思いました。

ただそこまで複雑な操作性でもないですし、そのための無敵キャラ「トッテン」とも言えますので、この辺でバランスは取れているかもしれませんね!

マンネリ感から低く評価されることもありますが、Switchで遊べるスーパーマリオブラザーズの集大成としては質・ボリュームともに満足のいく内容になっています。未プレイの方であれば、手放しでおすすめさせて頂きます!(スーパーマリオファンの方ももちろん!)

最後に豆知識ですが、キャラクター選択画面で黄キノピオにカーソルを合わせた状態でLボタンを長押しすると、青キノピオに変化させることができます。見た目が変わるだけではありますが、購入した際はぜひ試してみてください

第14位:ファイナルファンタジーXII ザ ゾディアック エイジ

発売日 : 2019/04/25
発売元 : スクウェア・エニックス
ジャンル : RPG
評価 : 4.7
レビュー件数 : 47件(2019/07/02 21:00時点)

ファイナルファンタジーXII ザ ゾディアック エイジ プレイ画像

2007年にPS2で発売された「FFXII インターナショナル ゾディアック ジョブシステム」をベースに、映像表現の進化やシステムの改良などを施した「ファイナルファンタジーXII ザ ゾディアック エイジ」です。

もともとFF12自体は2006年に発売されたのですが、無印版はライセンスというものが全キャラ共通(=ジョブがない)なため装備の使い分けによりパーティ内の役割分担を果たしていたのですが、役割を分けやすいように「ソディアックジョブシステム」というものが海外版で導入されました。

本作はその海外版をベースにした国内版をHDリマスター作品となっています(PS4版も高い評価を受けています)

ちなみに2017年6月にPS4版で発売されたものをニンテンドースイッチに移植したのが本作なんですが、Switch向けに追加要素(後述)もバッチリ盛り込まれています!

ファイナルファンタジーXII ザ ゾディアック エイジ プレイ画像

本作はリメイクではなくリマスターなのですが、もともとPS2の性能限界に近いレベルのグラフィックだったこともあるため>Swtichのゲームとしてもそこまで違和感のない仕上がりになっています。

このリマスター版では、モデルの高解像度化、全BGMを生演奏で再レコーディング(+8つの新曲)、ローディング時間の短縮、オートセーブ機能の追加などが施されています。

無印FF12をプレイしたことがある方にとっては、ゾディアックジョブシステムは新しく感じると思います。ジョブを変更することはできないのですが、本作ではさらに2つ目のジョブも選んで組み合わせることができるので、より多彩な育て方が可能になりました。

ファイナルファンタジーXII ザ ゾディアック エイジ プレイ画像

また最近のスマホゲームでは当たり前になっていますが、当時のコンシューマー機のRPGとしては珍しい4倍速ハイスピードモードもそのまま実装されています。ただ速過ぎるという意見も受けてか、さらに本作では2倍速も実装されています。

本作では「ガンビット」というコマンドで各メンバーの行動を制御する仕組みのため、戦闘がオートで進む感覚になっています。このシステムは従来のFFをプレイしている方には少し違和感があるかもしれませんが、それゆえにハイスピードモードが便利なわけです。

また、FF12では初期レベルでクリアするプレイ動画が人気を博していました。そういう縛りプレイを堪能できる方に向け(たのかどうかは分からないですが)て「弱くてニューゲーム」だったり「強くてニューゲーム」も用意されています。

ファイナルファンタジーXII ザ ゾディアック エイジ プレイ画像

残念ながら、PS2で発売された無印FF12は当時非常に低い評価を受けました。ストーリーが重厚で複雑な人間模様が分かりにくかったかもしれないですし、雰囲気もMMORPGっぽく、ガンビットも斬新過ぎたかもしれません。

ただリマスター版である本作が非常に高い評価を受けているのは、10年経った現代の人がプレイするのにちょうどいい内容だからかもしれません。言い換えれば、時代に追いついたと言えるのかもしれません。

そういう意味で、FF12を途中で止めてしまった方でも再度遊んでもらうと全く異なる評価になる気がします!

ちなみにPS4版リマスターと比較すると、Switch版では「ライセンス(ジョブ)のリセット機能」「ガンビットを3セットに拡張」「強くてニューゲームを強化(前回プレイで入手した所持品なども持ち越し可能)」の要素が追加されています。

PS4版リマスターを既に持っている方は改めて購入する必要はないとは思いますが、手持ちでいつでもプレイできるようになったのはSwitchの強みとも言えますね!

第15位:進め!キノピオ隊長

発売日 : 2018/7/13
発売元 : 任天堂
ジャンル : 箱庭アドベンチャー
販売方法 : パッケージ/ダウンロード版
評価 : 4.3
レビュー件数 : 56件(2019/03/19 12:30時点)

進め!キノピオ隊長 タイトル画像

Wii Uで発売された同名タイトルをニンテンドースイッチ向けにリマスターしたのが本作「進め!キノピオ隊長」です。

箱庭型の3Dコースで視点を360℃グルグル回しながら進むべき道を探し、仕掛けを動かしたり各種アイテムを入手しながら攻略するパズルアクションゲームです。

70種類以上の箱庭コースが遊べるボリューム感はそのままに、Joy-Conのおすそわけプレイや本作オリジナルのコースが収録されるなど独自要素も追加されています。

進め!キノピオ隊長 プレイ画像

本作はマリオシリーズでおなじみのキノピオと、ピンクの頭が可愛いキノピコが主役のストーリーとなっています。

この箱庭コース、一方の面から見るだけだと分からないですが、コースをグルグル回転させることで隠れていた道を把握することができます。宙に浮いた島で冒険しているような感じですね。

各コースはそれぞれ特色があって、オリジナリティ溢れる様々なギミックが散りばめられていてどのコースも新鮮な気持ちでプレイできます!よくぞこれだけのバリエーションを考えたなと感心させられました(笑)

進め!キノピオ隊長 プレイ画像

パズルゲーム要素がメインではありますが、アクションゲーム要素もかなり強く、素早く移動したり敵キャラを倒す操作感も求められます。ちょうどいい難易度でやり応えがあります。

一度クリアしたコースでは隠れたドットキノピオを見つけ出す「かくれんぼ」が遊べたり、コースごとのミッションを達成したりとやり込み要素もそこそこあります。

Joy-Conのおすそわけプレイにも対応しているので、友人や恋人とワイワイ楽しむのも面白いかもしれません(1Pがメイン操作で、2Pはアシストになります)

進め!キノピオ隊長 プレイ画像

私はWii U版をプレイしたことがなかったので比較できないのですが、グラフィックも綺麗ですし、プレイ感も非常に満足できました!「次はどんな箱庭コースなんだろう」とワクワクして先へ先へと進んでいました。

また、Wii U版で特別収録されていた「スーパーマリオ 3Dワールド」コースの代わりに、本作では「スーパーマリオ オデッセイ」のミニチュアコースが複数収録されています。

オデッセイをプレイした方であればニヤリとしてしまう箱庭感溢れるコースを楽しむことができます!

リマスター版ということもあり価格が抑えめに設定されているので、Wii U版を未プレイの方であればぜひ遊んでみてほしいです!めっちゃ面白いです!



▲目次へ戻る

第16位:イースVIII -Lacrimosa of DANA-

発売日 : 2018/6/28
発売元 : 日本一ソフトウェア
ジャンル : オープンワールド型アクションRPG
評価 : 4.4
レビュー件数 : 47件(2019/03/19 12:30時点)

イース8 プレイ画面

2016年7月にPS Vitaで発売されたタイトルのリマスター版がPS4で2017年5月にリリースされましたが、同様にスイッチ版としてもリリースされたのが本作「イースVIII -Lacrimosa of DANA-」です。ファルコム35周年記念作品となったタイトルです。

PS Vita版も非常に高い評価を受けていましたが、PS4版もまた非常に高い評価を受け、色褪せることなく人気のアクションRPGです。

キャラクター、マップ、UI等すべてのデータが高解像度化されており、フレームレートも60fpsと非常に滑らかになっています。

イース8 プレイ画面

ただ、高解像度化されていると言ってもイース8のグラフィックは実は大したことないんです。普通にPS3レベルと言っても過言ではありません。

つまり、イース8の良さはそこではありません。

昨今のオープンワールドアクションRPGは、映画のような派手さや実物のようなリアルさがウリだったりします。そういった作品とは一線を画し、イースはかつての家庭用ゲームのようなカジュアルにアクションが楽しめる操作性を提供してくれています。

イース8 プレイ画面

また、PS4版同様にスイッチ版でもロードが劇的に早くなっているのでさらに軽快に遊べるようになりました。

広大なフィールド探索や素材回収などの収集要素が面白いRPGなので、ストレスなく遊べるようになっています。

ストーリー、BGMも高い評価を受けているイース8。昨今の壮大過ぎるゲームが苦手な方や、往年のアクションRPGの冒険感を味わいたい方にオススメしたいタイトルです!!

回復アイテムやステータスを向上させるアイテムなどをDLCで購入できるのも面白いですね。遊びたいけど忙しくてレベル上げしてる時間がない方もいると思いますので、そういう方のための近道として個人的にはアリだと思います!(賛否あるかもしれませんが)

第17位:塊魂アンコール

発売日 : 2018/12/20
発売元 : バンダイナムコエンターテインメント
ジャンル : アクションゲーム
販売方法 : パッケージ/ダウンロード版
評価 : 4.0
レビュー件数 : 48件(2019/03/19 12:30時点)

塊魂アンコール タイトル画面

2004年にPlayStation2で発売されて以来、根強い人気を誇る独特の玉転がしアクションゲーム「塊魂」の第一作目のHDリマスタータイトル「塊魂アンコール

当時はアナログテレビが主流だったこともあり4:3の画面比だったのが、本作では16:9のフルHD表示ができるようになっただけでもファンは感涙するほどです!

人気は根強いもののあまりシリーズタイトルが多くないため、塊魂を知らない人も多いかもしれませんので本作のゲーム性からご紹介したいと思います!

塊魂アンコール プレイ画面

本作は、大コスモの王様が酔った勢いで宇宙全ての星を破壊してしまったので、王様の子どもである王子がモノだらけの地球で塊を転がして大きくし、それを夜空に浮かべ星にしていくストーリーとなります。

すんげえテキトーな王様のゆる~い感じといい加減な会話が特徴の一つでもあるのですが、グチグチ言われながらも尻ぬぐいさせられる王子の健気さにはハンカチ無くして進められません(お涙頂戴ストーリーではありませんが)

そして最大の特徴は独特のゲーム性!地球が舞台ということもあり、スケールの違うステージに合わせて家の中・街の中・海の上・山の上・大地の上でさまざまなモノを巻き込んでいく爽快感

塊魂アンコール プレイ画面

私たちの身の回りにあるものをどんどん巻き込んで大きくしていくので、それだけでニンマリできます。お菓子・おもちゃ・食べ物・家具・自転車・車・家・電柱、もちろん人間も含めて何でも巻き込みます(笑)

ステージによって開始時点の塊のサイズが異なるのですが、フル3Dで描かれた日常空間で色々なモノを巻き込んでいくだけで楽しいです。単調に感じるかもしれないですが、上手く大きくしていくのには意外とコツがいるんですよ。

制限時間内でどれだけ大きくできるかがポイントなのですが、塊のサイズが大きくなるに連れて通行できる道が解放されていきます。最終的にステージ上にあるほぼ全てのモノを巻き込めた時はめっちゃ快感なんです!

塊魂アンコール プレイ画面

また、シリーズ全体を通してBGMも非常に心地よくて評価が高いです。爽やか系とか、ほんわか系とか、テクノ調とか、ラップ調とか、曲調は色々あるのですが全体を通して独特の感性が溢れています。

そんなBGMを聞きながら無心でモノを巻き込んでいくので、気付くとゲームの世界に没頭しちゃってます。個人的な感想ですが、テトリスと同じ様に集中力アップやストレス軽減効果があるような気がしました。

ステージクリア後に流れる、教育番組を彷彿とさせるユルユルなアニメーションにも癒されます(笑)

塊魂アンコール プレイ画面

初代な上にPS2時代のリマスターということもあり、ボリューム不足感やUI・操作性の古臭さは若干感じます。ただ、定価は抑えられていますし、Switchならではのジャイロ機能を使った操作も選べます。

塊魂自体めちゃくちゃ面白いゲームなので、未プレイの方であればぜひ遊んでほしいです!私自身非常に好きなシリーズなので、本作のヒットが続編開発に繋がるのを願うばかりです!

塊魂アンコール -Switch
バンダイナムコエンターテインメント
¥ 2,980(2019/08/19 11:10時点)

第18位:進撃の巨人2

発売日 : 2018/3/15
発売元 : コーエーテクモゲームス
ジャンル : アクションゲーム
評価 : 4.4
レビュー件数 : 46件(2019/03/19 12:30時点)

▲スクリーンショットはPS4版のもの(以下同様)

前作はPS3/4/Vitaタイトルだったのでニンテンドースイッチはとしては初のシリーズ作品となる「進撃の巨人2」。アクションやゲーム性が大幅に進化を遂げたアクションゲームです。

前作ではアニメ:進撃の巨人 Season1までを描いたストーリーでしたが、今作ではSeason1~Season2までのストーリーが収録されボリュームアップしています。また、原作の諌山先生監修のオリジナル展開も収録されています。

ストーリーの演出パートもフルボイスで展開され、丁寧にシナリオが描かれているので原作を知らない方でも充分に理解できる内容になっています。

前作ではシーンに応じて原作キャラを操作してゲームを進めるストーリーとなっていましたが、本作ではオリジナルの主人公を操作して物語を進めていきます。自分自身でオリジナルのキャラクターをエディットして、第104期訓練兵団の一員としてエレンやミカサ、アルミンなどと共に戦っていきます。

ゲーム版「進撃の巨人」の最大の特徴と言えるのが立体機動装置を使った空中アクションですが、その動きもより原作に近い多彩なアクションが可能になっています。

アンカーを射出してビュンビュンと素早く移動する爽快感は基本そのままに、通常の攻撃アクションに加え「奇襲攻撃」や「フックドライヴ」といった新たな要素が追加されました。

奇襲攻撃は遠距離からスナイプするかのごとく一気に間合いを詰めて攻撃するアクション、フックドライヴは巨人の背後に高速で旋回して大ダメージを与えます。一撃死の場合は原作さながらの演出が挿入されて非常にカッコいい!

前作だと「アンカー射出→タイミング合わせて攻撃」が基本の戦い方となってしまいバリエーションが少なかったのですが、より多彩な戦い方ができるようになりました。

戦闘中バディとなった仲間に指示を出してそのキャラ固有の攻撃・支援をしてもらったり、日常パートでそれぞれのキャラとの会話・行動により絆を深めたりと、仲間の連帯感をより感じられる仕組みになっています。

巨人も進化しており、グラフィックがよりリアルになっているのはもとより、警戒度という要素が追加されて「デンジャーゾーン」に突入すると巨人に集中狙いされる恐怖を感じます。

ただ、オンライン要素は充実はしてはいるもののプレイ人口が少ないのでオマケ程度に考えたほうがいいです。主にオフラインで楽しむアクションゲームという認識で購入されるのが吉だと思います!

本作のストーリーはSeason1から描かれているので、前作をプレイしていなくても全く問題ありません!(むしろ前作未プレイの方がより楽しめると思います)

プレイアブルキャラクターが10名→30名に増えたりと今回書ききれなかった進化要素が他にもあります。原作やアニメを知らない人でもめっちゃ楽しめます!

第19位:スーパー マリオパーティ

発売日 : 2018/10/05
発売元 : 任天堂
ジャンル : パーティゲーム
販売方法 : パッケージ/ダウンロード版
評価 : 4.2
レビュー件数 : 221件(2019/03/19 12:30時点)

スーパーマリオパーティ タイトル画像

各ハード毎に必ず一本は発売される、もはや任天堂タイトルとしてお馴染みのパーティゲームのニンテンドースイッチ版「スーパー マリオパーティ

本作のマリオパーティ(通称:マリパ)は、ニンテンドースイッチらしくコントローラーは基本的にJoy-Conのみを使う仕様になっています。操作性は違うもののWii版を彷彿とさせますね。

Joy-Conの特徴でもある加速度センサージャイロセンサーHD振動を上手く活用したものを含め80種類の新作ミニゲームが収録されています。

スーパーマリオパーティ プレイ画像

マリパおなじみの4人対戦のスゴロクモードはもちろん、2対2のチーム戦も用意されています。また、4人で協力して遊ぶ「リバーサバイバル」や体感ゲームとなる「なりきりビート」も用意されています。

「なりきりビート」ではJoy-Conを片手で掴むように持ち、リズムに合わせて腕を振るゲーム性のものが揃っています。シェイクするような動きもあるので、筋肉痛になりそうでした(笑)

また、マリパで初めてとなるオンライン対戦オンラインアスロン」が実装されていて、世界中のプレイヤーと5つのミニゲームを1セットで対戦することができます!離れたフレンドと遊ぶことも可能です。

スーパーマリオパーティ プレイ画像

Joy-Con横持ちにして、スティック操作やボタン操作で遊ぶおなじみのミニゲームもありますが、個人的にはJoy-Con特有の操作で遊ぶミニゲームが面白いと感じました。

こちらの画像では、サイコロステーキの6面全てを焼き上げるのを競い合うミニゲームなのですが、フライパンを振る動作をしてステーキをヒョイッと回転させていきます。これがまたリアルな出来になってるんです!

他にも、三輪車をこぐような動作をしたり、HD振動の違いでクイズをしたり、お手本と同じポーズを取ったり、バッティング動作をしたりと様々なバリエーションが用意されています。

Joy-Conしか対応していないので、正直言って小さなコントローラーで遊ぶのは大人にとってはちょっと窮屈に感じます。ただ、お子さまや手の小さな方であればそこまで違和感ないかもしれないですね。

スーパーマリオパーティ プレイ画像

私はソロプレイをすることが多いのですが、オンライン対戦が実装されたのは非常に嬉しかったです。自分1人だったとしてもオンラインで4人対戦ができるのは、現代では今や当たり前ですからね。

ただ、5つのミニゲームの組み合わせが3パターンなので、すぐマンネリ化してしまうのはちょっと残念ではありますが。。。(今後のアップデートを密かに期待しています)

また、全てのミニゲームを解放するとチャレンジロードが遊べるようになります。80のチャレンジが続く究極の道となっていて、ソロプレイでミニゲームを突き詰めて攻略するモードになっています。

CPUとミニゲームメインで競い合えるモードもあるので、思ったよりも1人でやり込める要素が多いと感じました。

スーパーマリオパーティ プレイ画像

家族や友人らとワイワイ遊べるのには非常に面白い出来になっていると感じたものの、気になる点はやっぱりあります。

スゴロクはテンポが遅く10ターンでも1時間掛かってしまいますし、運要素がかなり強いです。また、Proコンなどは使用不可のため、4人で遊ぶためにはJoy-Conをもう1セット用意する必要があります。

1人で遊べる要素もわりと用意されてはいますが、やはり子どもも交えてみんなでワイワイ遊ぶのがマリパの醍醐味と言えると思います!

第20位:ディアブロ III エターナルコレクション

発売日 : 2018/12/27
発売元 : Blizzard Entertainment
ジャンル : ハクスラ系アクションRPG
販売方法 : パッケージ/ダウンロード版
評価 : 4.5
レビュー件数 : 90件(2019/03/19 11:00時点)

ディアブロ3 タイトル画面

家庭用ゲーム機での発売タイトルが増えて徐々に認知が増えて来たジャンルの”ハクスラ系“ですが、その中で最も人気の高いタイトルの1つが「ディアブロ III エターナルコレクション」としてSwitchにも登場しました。

家庭用ゲーム機としてはPS4版が2014年8月にリリースされていますが、遂にモニター無しでも携帯モードで遊べちゃうSwitch版ということで高い評価を受けています!

ただでさえ中毒性の高いタイトルが携帯モードで遊べるというだけあって、ハマり過ぎてやめ時を見失ってしまう人が続出しています(笑)

PS4版よりも高い価格設定となっていますが最新のDLC「ライズ オブ ザ ネクロマンサー」が含まれていますので、(本作リリース時点における)全ての職業を選択することができるようになっています(ただし、PS4よりグラフィックの質は少し落ちます)

ディアブロ3 戦闘シーン

斜め見下ろし型のアクションRPGとなっていて、自キャラを左スティックで操作しながら迫りくる大量の敵をスキルを活用してザクザクと倒していくゲームとなっています。

この”ハクスラ”というのは「ハック&スラッシュ」の略なのですが、hack(切り刻む)とslash(叩き斬る)の言葉通り、敵を倒していくことに重きを置いたゲームを指します。サクサクと戦闘を繰り返すジャンルです。

もう少し補足すると、繰り返し戦闘することで得られる経験値や装備品などにより、自キャラをどんどん成長させていく楽しさを追及するゲームでもあります。

攻撃ボタンをガンガン押しながら(スキルによっては押しっぱなしも可)、ワラワラ湧いてくる敵をガンガンと蹴散らす俺ツエー感を味わうことができます!

ディアブロ3 会話シーン

ストーリーはダークファンタジー風の内容となっていて、登場人物との会話は基本フルボイスで展開されています。世界観が非常に練り込まれており、途中ムービーも挿入されたりとかなり作り込まれています。

職業ごとにストーリーも微妙に変わっていたりしますので、他のキャラクターを育てる場合にもその微妙な差異を楽しむことができます。

基本的なゲームの進め方としては、まずはストーリーをクリアし→クリア後に解放されるアドベンチャーモードでレベル70を目指し→さらに様々な機能やアイテムを解放・入手していく流れになります。やり込み要素はめちゃくちゃたくさんあります!

ディアブロ3 職業選択

ディアブロ3ではもともと5つの職業から選択できたのですが、本作では最新のDLCも含まれていますので計7つの職業から選ぶことができます(PS4版そのままでは選べないネクロマンサーも選べます)

モードとしては、「通常キャラクター」「ハードコア・キャラクター」「シーズン・キャラクター」「ハードコア・シーズンキャラクター」の4つがあるのですが、ゲーム内では説明が少ないので分かりにくいと思います。

ハードコアは一度死ぬとセーブデータがなくなるモードで、シーズンは決められた期間の間にオンラインでランキングを競いあうモードとなっています。通常モードで進めてしまうとそのキャラではシーズンに参加ができなくなってしまうので、基本的にはシーズンモードを選ぶことをおすすめします

ディアブロ3 戦闘シーン

Switch版は携帯モードで遊べるのが良い点として先ほど述べましたが、友人などで集まって最大4人までのローカル通信マルチプレイが可能な点も特筆すべき点と言えます。

残念ながら私は試せていませんが、某ハンティングアクションゲームと同じ様にみんなでワイワイ共闘できるアクションRPGとしても最高だと思います!

ただ、Switch版は据え置き機と違って外でプレイする方もいるので1点注意が必要です。シーズンキャラの場合はプレイ時にオンラインでのログインが最低限必要になります。そのため、外出先でプレイする際はテザリングやモバイルWi-Fiが必要になる点にご注意ください。

中毒性の高いハクスラ系アクションRPGとして神ゲー認定されていますので、(人を選ぶゲームではありますので)ゲーム性が合いそうだと感じた方にはぜひおすすめしたいタイトルです!

▲目次へ戻る



▼次のページでは21位~30位をご紹介します!
おすすめ記事ニンテンドースイッチ
この記事を書いた人
もぐ

30代後半の2児のパパ。5歳からファミコンを始めて今では立派なおっさんゲーマー。ITインフラ・ネットワークを専門とする元システムエンジニアで、最近はカメラや映像に興味があります(お問い合せはこちらまで)

もぐをフォローする

関連記事

時機到来(じきとうらい)
タイトルとURLをコピーしました