【難読漢字】読めそうで読めない難しい漢字レベル別60問(ミニクイズ)

上級編

さて、次は上級編です。一気に難しくなってきますよ

いくつか比較的目にするもの(!?)も入れてみましたが、果たしていくつ読めますでしょうか?

問題

  1. 海驢
  2. 犇めく
  3. 姦しい
  4. 玉蜀黍
  5. 翻車魚
  6. 嬶天下
  7. 菠薐草
  8. 御御御付
  9. 魑魅魍魎



回答(解説と由来)

読み ねぐら

鳥の寝る所」または「人の寝る場所や自分の家のこと」を意味します。

「時」には止まる棲むという意味をもつことがあり、かつて「やぐら」は土塀に穴を開けて巣を作っていたので土偏なんですね。

海驢

読み あしか

「海」の「驢」と書いて「あしか」です。そう、あの水族館で見られる「あしか」です。

この「驢」は「ロバ」のことなのですが、あしかは海のロバという意味で「海驢」という漢字になったようです。

犇めく

読み ひしめく

牛が3つで「ひしめく」です。「大勢の人が1カ所にすきまなく集まる」ことを意味します。

牛がギュウギュウになって「ひしめく」、覚えやすいですね。

姦しい

読み かしましい

「牛」の次は「女」Ver.です。女が3つで「姦しい」となります。

やかましい」「大いに耳障りである」という意味があります。

これは女性が集まるとやかましいということから来たのでしょう。最近は若者が集まると、男女問わずこうなりそうな気がしますが…(笑)

玉蜀黍

読み とうもろこし

とうもろこしは、ポルトガル人によって16世紀に日本に伝えられたのですが、それ以前に中国から渡来した「モロコシ」という植物に似ていたらしいです。

そこで、「唐(舶来)のモロコシ」で「とうもろこし」となったようです。ただ、もともと「モロコシ」の漢字が「蜀黍」で「唐」を付けると意味が被ってしまうので、「玉」と付けたようです。

翻車魚

読み マンボウ

はんしゃぎょ」と書いて「マンボウ」です。「翻車」は水をくみ上げる機械「水車」とか「ひっくり返った車輪」の意味があります。

マンボウって、体が円くて車輪っぽく見えたのですかね。想像力がすごいです。

嬶天下

読み かかあでんか

」で「かかあ」と読みます。これは「鼻息の荒い妻」という意味があり、そんな妻が実権を握っている状態が「嬶天下」となるわけですね。

それにしても「女」に「鼻」ってすごい当て方ですね。

菠薐草

読み ほうれんそう

よく「ホウレン草」って書きますよね。きっと漢字が難しいから、草だけでも漢字にしているのでしょうか(笑)

「ホウレン」というのは中国語の発音が訛ったもので、これに「菠薐」が当てられたようです。ちなみに、「法蓮草」とも書かれますが、正しくは「菠薐草」となります。

御御御付

読み おみおつけ

上級にしましたが、読めた人も結構いるのでは。「おみおつけ」、つまり「お味噌汁」のことですね。

もともとは「お味噌汁」を「御付」と呼び、それを丁寧にして「御御付」、気付けばさらに御が付いて「御御御付」となったようです。ただ、この辺は諸説あるので正確なことは分かっていないようです。

なんか、何でも「御」を付けるキャラってドラマか映画「TRICK」で見たことがあるような気がします・・・(笑)

魑魅魍魎

読み ちみもうりょう

魑魅魍魎」は「山の怪物や川の怪物」、「様々な化け物や妖怪変化」を意味します。

前半の「魑魅」が「山の怪」、後半の「魍魎」が「川の怪」を指します。それにしても、こんなの書けないですよね。でもなんか好きです、この漢字。

上級編:あなたは何個読めましたか?

View Results

Loading ... Loading ...




【次ページ】最後に究極の難読漢字「超上級編」です!