【3本爪】子どもが好きなぬいぐるみは買わずにクレーンゲームでゲットがおすすめ【UFOキャッチャー】

cranegame-plushie-004x

仕事をしているとどうしても休日はゆっくりしたいものですが、イヤイヤ期真っ盛りの娘ちゃんはなにかと外に出掛けたがります。さすがに家に閉じ込めておくのも忍びないので家族で出かけるのですが、地方だとどうしても遊べるところが限られてきます。

その中の定番がイオンモールなどの大型ショッピングモールなのですが、なんとなくテナントに入っているゲームセンターに立ち寄ったんですね。

そしたら当然ながら娘ちゃんはクレーンゲーム(UFOキャッチャー)にディスプレイされているぬいぐるみを欲しがるわけです(^^;)

これはしまったな…と思いプレイしていたのですが、思いのほか私自身がハマってしまい攻略動画などを見漁って自分自身でも実践を繰り返すようになってしまいました(笑)

実際にプレイし続けてみると、「ぬいぐるみを普通に買うよりもメリットあるんじゃないか?」と思うようになってきたので今回はそんな話をしたいと思います。

※本記事では2本アームのいわゆるUFOキャッチャーについては触れておらず、3本爪のクレーンゲームを基本に言及しております。あらかじめご了承ください。

ぬいぐるみは買うと結構高い

ぬいぐるみは男の子・女の子問わず小さい頃は好きですよね。うちの子どもはお気に入りのぬいぐるみを片時も離さずに小脇に抱えています。

一時期は寝る時にぬいぐるみを全部自分の周りに配置しちゃって大変なことになっていたほどです(笑)

子どもだけでなく大人も好きなぬいぐるみですが、実際問題ふつうに買おうとするとそこそこ高いんですよね。

例えばみんな大好きアンパンマンのぬいぐるみですが、高さ40㎝前後のものだとこれくらいの値段がします(定価だともっとします)

ちなみに先日私が3本爪のクレーンゲームでアンパンマンのぬいぐるみをゲットしたものも、同じようなサイズ感でした。

アンパンマンのぬいぐるみに関しては恥ずかしながら上記製品よりもお金を使ってしまったのですが、数百円で大きいぬいぐるみを取ることもよくあるので、平均すると普通に買うよりもお得に手に入れることができています

※ここで3本爪のクレーンゲームとは、トリプルキャッチャーやデカクレ、ジェミニシリーズなどの機種のことを指します。3本の爪でガッチリ景品を掴むタイプのクレーンゲームで、制限時間内にスティックによる自由な移動が可能な機種となります。

ここ最近のぬいぐるみ取得実績

胸のハートマークが特徴のクマのブーフ

cranegame-plushie-suzyszoo

商品名 : Suzy’s Zoo ブーフ ギガジャンボちょこんとお座りポーズぬいぐるみ
種類 : 全1種
サイズ : 全長約43cm
販売元 : 株式会社セガ・インタラクティブ
投資金額 : 3,000円(クレジットサービス6回含む)

お母さんといっしょのわんわん

cranegame-plushie-wanwan

商品名 : ワンワンとうーたん ワンワンメガジャンボいないいないばぁ ぬいぐるみ
種類 : 全1種
サイズ : 全長約42cm
販売元 : 株式会社セガ・インタラクティブ
投資金額 : 400円

ピンクのガチャピン

cranegame-plushie-gachapin

商品名 : ピンクガチャ BIGぬいぐるみ50cm
種類 : 全2種
サイズ : 全長約40cm
販売元 : 株式会社リアライズ
投資金額 : 200円

フォトフレームを持ったアンパンマン

cranegame-plushie-anpanman

商品名 : それいけ!アンパンマン メガジャンボ 写真入れぬいぐるみ
種類 : 全1種
サイズ : 全長約34cm
販売元 : 株式会社セガ・インタラクティブ
投資金額 : 3,600円

ミニオンズ デイブ

cranegame-plushie-minions

商品名 : ミニオンメイド デイブ ギガジャンボぬいぐるみ
種類 : 全1種
サイズ : 全長約49cm
販売元 : 株式会社セガ・インタラクティブ
投資金額 : 500円(クレジットサービス1回含む)

郵便屋さんの豆しば

cranegame-plushie-mameshiba

商品名 : お仕事ごっこ 豆しば三兄弟 BIGぬいぐるみ
種類 : 全2種
サイズ : 全長約38cm
販売元 : 株式会社アミューズ
投資金額 : 400円

やわらかもっち~りぬいぐるみのスライム

cranegame-plushie-suraimu

商品名 : ドラゴンクエスト AM やわらかもっち~りぬいぐるみ スライム&メタルスライム
種類 : 全2種
サイズ : 横幅約35cm
販売元 : 株式会社タイトー
投資金額 : 100円

ぬいぐるみ取得に掛かった金額傾向

総投資金額 : 8,400
取得個数 : 7個
平均取得金額 : 1,200円

ちなみにこれ以外にも1~2クレジットほどのお試しをした機種はあるので、それらも含めると平均はもうちょっと上がってしまいます。

しかし、それでも今のところは納得のいく金額でぬいぐるみを手に入れることができています。




クレーンゲームって初心者には難しいんじゃないか?

cranegame-plushie-002

「(目の前でぐずっている)子どものためにぬいぐるみを取る」という動機がなければ私もここまで燃えなかったと思うのですが、多くの方がクレーンゲームへの苦手意識があるのではないでしょうか。

私もその一人でした。「貧弱なアームでどうやって掴めばいいんだよ」と思っていました(笑)

しかし、クレーンゲームについて詳しく調べていくと意外な事実を知りました。

知ってる人にとっては当たり前なのかもしれないですが、私にとっては衝撃的な内容でした。

3本爪のクレーンゲームはほとんどが確率機

cranegame-plushie-005

都心のゲームセンターは久しく行ってないので分からないですが、(観測範囲では)大型のぬいぐるみのクレームゲームは3本爪の機種がメインのところがほとんどです。

そしてこの3本爪の機種は、その3つの爪でガシッとぬいぐるみをキャッチしてくれるので、非常に期待感が持てます。

しかし、そのほとんどがアームを上まで持ってきたときにスルッとぬいぐるみを落とします(笑)

ただ、たま~にその強力なアームの勢いそのままに落とし口まで持ってきてくれるんですよね

これは単純に確率上限に達したからアームが強くなっただけなんです。絶妙にうまく掴めたとかではなく、ただただ確率に当たっただけです。

※「ほとんど」と述べているのは、確率機として使っていない店舗もあるからです。持ち上げてアームが緩くなることが前提に攻略できるように設定している台もごく一部あるようです。

3本爪攻略の基本はお金で解決

cranegame-plushie-006

こんなことを書いてしまうと元も子もないかもしれないですが、3本爪のクレームゲームでぬいぐるみを取るためには取れるまでクレジットを投入することが基本となります。

ゲームセンターの設定にも拠るので一概には言えないのですが、個人的な経験やネット上の口コミを見ている限りでは「2,000円~3,000円」くらいを天井として設定しているところが多いと感じます。

※ただ、この辺は店舗の方針によってガラッと変わってくるのであくまで一個人の考えとして参考にしてください。3本爪のキャッチャーは家族連れが多く訪れるゲームセンターによくあるので、そういうところであれば天井設定はそこまで高くしないと考えます。

逆にビデオゲームが中心のようなお店だとこの辺の設定がシビアな気がしています。プレイする前に、他のお客さんが大きいぬいぐるみを取っているかどうかを確認する程度はした方がいいと思います

アームとぬいぐるみのサイズが合ってないときは注意

cranegame-plushie-007

しかし、この確率を追い求める取り方でも注意が必要です。

基本的にクレジットを投入していけばいつかは確率に入ってアームが強くなりますが、ぬいぐるみをポロポロこぼしてしまうシチュエーションには注意が必要です

アームのサイズとぬいぐるみのサイズが合っていないと、アームの隙間からぬいぐるみが落ちてしまうことがあります。ぬいぐるみの形や重心の位置も関係することがあります。

そうすると確率に入ったのにも関わらずぬいぐるみを落としてしまい、土台に置いてあるボールをゲットしてしまうなんと惨劇が落ちることもあります。私は一度経験しました(笑)

その時の店舗はボールをゲットすると1クレジットサービスになるのですが、まあそういうことなんだね…と妙に納得したことがあります。

「(いわゆる)ペイアウト率が設定されているから天井に達したら取れるまでアームは強いまま」というネットの声も見かけましたが、私はちょっと違うのではないかと思っています。

少なくともボールを取れたあとのまたアームは弱くなっていましたので…。

ゲットされたばかりの台は避けた方がよい

cranegame-plushie-008

確率機であることからも分かるとおり、景品がゲットされたばかりの台(補充されたばかりの台)をプレイするのは避けたほうがいいです。

見方によってはハイエナ行動と捉えられるかもしれないですが(汗)、さすがにこの行動は懸命とは言えません。

実はしばらく放置されているような台が意外と低投資で取れることもあります(もちろん必ずではないですが)

ちなみに連投プレイしている方の後ろに張り付いて待っている方がたまにいらっしゃいますが、やっている方としては視線が気になるので止めてもらいたいところではあります(笑)

確率以外でももちろんゲットするための攻略法がないわけではない

cranegame-plushie-009

ちなみに、3本爪クレーンゲームには攻略法が絶対にないというわけでもないのです。

とは言え、いくつか条件はあります。

  • 2本の爪を使って持ち上げることができる
  • シールドが低い
  • 2本の爪を使って持ち上げることができる

景品を落とす口の周辺に「透明のボード」で覆われているのをよく見かけますが、あれは通称シールドと呼ばれています。

このシールドが低くて、かつ(ぬいぐるみの形状次第ですが)アームの力で2本爪で持ち上げることができれば、確率を無視しつつ景品を狙えます。

2本の爪で引っ掛けて少しずつ落とし口に近寄せていき、最後はシールド上に乗っけてそのままゴロンと落とす作戦です。

ただ、ある程度の腕前が求められる取り方なので初心者にはおすすめできない手法にはなってしまいます…。




クレーンゲームは奥が深く完全なる攻略法はない

一度面白いと思ってしまうととことんのめり込んでしまう性格なので、ここ最近YouTube動画を中心にクレーンゲームの知識を増やしています。

全然取れないじゃん」と思うような台もあれば、「えっ、そんな簡単に取れるの」と思うような台もあるのがクレーンゲームです。

3本爪のクレーンゲームの場合、下記のような条件があると投資を抑えながらゲットしやすくなると考えます。

  • 家族連れが多く規模の大きい店舗
  • 他のお客さんがよくプレイしている
  • ぬいぐるみをアームでがっちり掴める
  • (シールドが低ければなおゲットしやすい)

私は地方に住んでいることもありこの条件に当てはまるお店は少ないのですが、都市部か地方かで条件も変わってくるかもしれません。

店舗・機種・台の設定・ぬいぐるみの重さ形状など状況は千差万別なので完全な攻略法というのがないのがクレーンゲームだと思います。

なるべく汎用的に使える情報を今後も発信していければと思います。

※本記事の記載の内容は、ネット上の記事や口コミ、実践動画や私自身の実践にもとづく経験測などをもとに書いています。そのため、意図しない誤り・不備などを含む可能性がありますのであらかじめご了承ください。