パパになって知った赤ちゃんの意外な10のトリビア【赤ちゃんの由来】

『赤ちゃんの意外な10のこと』アイキャッチ画像

私には生後100日を越えてちょっとの娘がいます。

生まれるまでは自分はそうはならないと思っていたのですが、やっぱり自分の子が一番可愛いと思う『親バカ』ぶりを発揮し出していて、「なんだ、みんなこうやって自然と親バカになるんだな」と思い知らされました(笑)

ただ、生まれてくるまでに出産する前までは妻のサポートは頑張っていたつもりですが、生まれてくる赤ちゃんについての知識は充分なかったかもな、と今さらながら考えさせられます。

と言うのも、自分がパパになって初めて知った赤ちゃんのことが結構いっぱいあったんです。

あんまり今まで人とそういう会話をしたこともなかったので、驚きがたくさんありました。今回はこの事実を知ってもらいたい!と思い、書いてみました。

赤ちゃんの定義

『赤ちゃん』って一般名称なんですよね。月齢に応じた正式な名称は別にあります。

  • 新生児:出生後28日未満の乳児
  • 乳児:一歳に満たない子供
  • 幼児:乳児から小学校入学までの子供

じゃあ、どこからどこまでが『赤ちゃん』なのかというと、一般的には『乳児』までが赤ちゃんではないかと考えることが多いようです。

ちなみに、今回私が知った赤ちゃんのトリビア的なことは、だいたい生後3ヶ月くらいまで知った内容が中心になっていますよ!

赤ちゃんの意外な10のこと

なぜ『赤ちゃん』と呼ぶのか

赤ちゃん泣き顔

もはや当たり前のように「産まれて間もない子ども」のことを『赤ちゃん』『赤ん坊』と呼んでいますよね。でも、なぜ『赤』なのか知ってましたか?

それは、「生まれてすぐの赤ちゃんの肌が赤いため」なんです。分娩の際に、胎盤内の血液が子どもの体内に絞り出され多血症のようになるのがその理由のようです。(帝王切開だと、赤くはないようです)

じゃあ、赤ちゃんの由来が目で見て分かるのが生まれてすくだけなのかというと、そんなことはありません。

泣くと一瞬で真っ赤になります!

あまりの赤さに初めはビックリしました。猿のお尻のように赤くになります。「ふぇっ・・・」と泣く素振りを見せた1秒後、泣き出しとともに赤くなります。

うちの娘は月齢を重ねるにつれて、泣いても赤くなくなってきました。赤くなる・ならないも、個人差があると思いますが、はじめは本当に驚きます。

頭蓋骨が割れている

人間の頭蓋骨って、しっかりしていますよね。1つの骨のように思うかもしれませんが、前頭骨、頭頂骨、後頭骨などのいくつかの骨が組み合わさった頭蓋骨になっているんです。

大人はこれらの骨がしっかりとくっついているのですが、赤ちゃんの場合、これらの骨の結合が弱いのですき間があるんです。頭をなでていて驚きました。ぶよぶよとした部分があるんですもん。

大きなすき間は、おでこの上の前頭部中央にあって「大泉門(だいせんもん)」と呼ばれているようです。ここを押すと本当に凹みます。気になるからって押しちゃダメです(笑)

なぜ頭蓋骨がちゃんと結合していないのかというと、赤ちゃんは産道を通りますが、もしこの骨がきっちり結合していると出てきにくいですよね。ですので、この骨をしっかり結合していないのを利用して、ずらしながらうまく産道を通るようです。だから生まれてすぐの赤ちゃんは細長い頭の形をしているようです。

背中スイッチは本当にあった

某学習塾の「やる気スイッチ」ではないですよ(笑)

赤ちゃんが持つ『背中スイッチ』です。

赤ちゃんって、なにか気分が悪くなったり、眠くなるとぐずって泣いちゃうんです。ですので、あやすのに抱きかかえるのですが、それが気持ちいいのか次第に眠りに落ちます。

さすがにずっと抱っこしてると腕が疲れてくるので、そーっと静かに布団に置くのですが、すぐ起きちゃうんです。うちだけじゃなくて、たいていのお子さんもこのようです。

「背中に人間の腕の感覚を感知するセンサー」がある、これが『背中センサー』と呼ばれています。おそるべし赤ちゃんの感覚。




うんちの色は茶色じゃない

赤ちゃんは頻繁にうんちをします。ミルクや母乳しか飲んでいないのに、なんでそんなにうんちするのだろうと不思議になるのですが、結構大人顔負けの音を出しながらうんちします。(もちろん便秘になることもあります)

そんな赤ちゃんのうんちですが、茶色じゃないんです。

黄色緑色だったりします。

不思議ですよね~。うちの子の傾向だと、母乳だと黄色、ミルクだと緑色になりやすい傾向があるように感じます。

はじめは目がほとんど見えていない

赤ちゃんの視線

新生児の時期に、「わぁ~っ、かわいい。ばぁっ!」と物珍しげに近寄って、あやしてくるおば様方がいらっしゃいましたが、残念。まだ、あなたのことはちゃんと見えていません(笑)

生まれたばかりの赤ちゃんの視力は、視力0.1未満だと言われています。ほとんどぼんやりしか見えていないのでしょうね。徐々に人や物を認識できるほど視力は発達してくるのですが、どうやら乱視の傾向もあるらしいです。

実際うちも、ちょっと離れた距離で話しかけるとこっちを見てくれるのですが、至近距離だと人の顔だと認識できないようで、焦点が合ってませんでした。そもそも焦点を合わせるのも苦手だったようで、よく寄り目になってました。

他にも、「まばたきをほとんどしない」という驚きもあります!

赤ちゃんに鼻毛はない

赤ちゃんは鼻くそが溜まりやすいので、『鼻くそ吸引器』なるものが存在するんです。うちも買ったのですが、結局綿棒でほじってます(笑)

そんな赤ちゃんの鼻なのですが、見てビックリ!

鼻毛が一本もありません。奥まで丸見えです。歯もないし、髪の毛も薄いし、鼻毛もないのです。

また、お子さまによっては、一部の体毛がすごいこともあるようです。腕毛がふさふさとか、頬に毛が生えているとか。次第になくなるらしいので、気にしなくて良いらしいですが♪

赤ちゃんはあま~い匂いがする

赤ちゃんって、鼻を近づけて匂いを嗅いでみると、とっても甘い匂いがするんです。

どうやら母乳やミルクしか飲んでいないので、甘くなっているという説が有力です。頭を嗅ぐといい気分になります!

ちなみに口はもっと甘い匂いがします。「何そんなとこ嗅いでるんだよ」と言われそうな気もしますが(笑)、甘い匂いにつられてついつい嗅いじゃうんですよね。

こんなことがあるから、ママさんはつい旦那の臭いが気になってしまうとか、ならないとか・・・orz




生まれてしばらくは涙を流さない

赤ちゃんの涙

生まれてすぐに赤ちゃんって泣きますよね。『産ぶ声』ってやつです。あれ、泣かないと逆に危ないんですよね。ずっと羊水に浸かっていたので、身体の中に溜まった羊水を押し出しながら思いっきり泣いて空気を吸い込むこと始めるらしいです。

ただ、生まれてしばらくの赤ちゃんは、泣いても涙を流しません。「おぎゃーおぎゃー」と声で泣くだけです。

なぜかというと、生まれてすぐは涙腺の機能が未熟らしいです。そのため、涙は作られているものの、目の外にこぼれるほどの涙は作られていないため、涙が流れないようです。

だいたい1ヶ月~3ヶ月くらいで涙腺が発達するらしいので、泣いている時に涙を流すようになります。うちは1ヶ月もしたら涙を流してましたね。お腹が空いたときは、セカイノオワリかと思わせるほど涙を流しながら大声で泣きます。赤ちゃんの声量は凄いです。

赤ちゃんは生まれてすぐは笑わない

赤ちゃんって、見つめてると「にやぁ~っ♪」と愛くるしい笑顔を見せると思われてますよね。私はそう思っていましたが、生まれてしばらくは全く笑いませんでした。

まだ感覚器官が発達していないので、楽しいとか面白いとかって感じないらしいです。生きることに精一杯。

新生児の時に、笑ったような表情を見せることもあるらしいですが、どうやら本能的に笑う時があるだけなんだとか。

うちの子は2ヶ月くらい経ってから、少しずつ笑顔を見せるようになりました。やっぱり笑うと可愛いんですよね。これがあるから、赤ちゃんはみんなに愛されるのでしょうね。

赤ちゃんの姿勢

赤ちゃんあるあるのようですが、寝るときは手を上に上げてバンザイの格好で寝ます。ついでにがっつりガニ股です。まさに、蛙がひっくり返ったときのような格好をして寝ます。

なぜこんな格好で寝るのかは諸説ありますが、「胎児だった頃の窮屈な姿勢の反動」とか「リラックスした結果そうなった」、「体温調節するためや腹式呼吸しやすい格好」などの理由が考えられています。

あと、おむつを変えるときに赤ちゃんの足って「ピーン」となるんです。ムチムチの足を「ピーン」て伸ばされると、すっごい力なんですよね。パパのおむつ換え作業を邪魔しないで・・・orz




赤ちゃんの意外な事実:まとめ

いかがでしたでしょうか。赤ちゃんと触れる機会って、親しい友達や身近な親類に生まれた時くらいしかないので、実際に自分が親にならないと知らないことって多いんだろうなぁと思いました。

うちはまだ1歳にもなっていないので、これからさらに驚くような事実を知ることになるかもしれません。まさに生命の神秘ですよね。成長を見守りながら、人間のメカニズムの不思議さを改めて実感します。

子どもの成長に合わせて、この記事も更新していきたいと思います。実際にお子さまが生まれて「こんなことって、うちの子だけかなぁ?」と不安になったママ・パパの参考になればと思います。もちろん、将来のパパ・ママは「へぇ~」と思ったらシェアしてくださいね♪笑

おすすめの育児関連記事
スポンサーリンク

新着記事のお知らせ

もぐ
30代半ばの1児の新米パパ。5歳からファミコンを始めて今では立派なおっさんゲーマー。ネットワークなどのITインフラ全般、WEBシステム系の開発やディレクション、データ分析など色々やってるエンジニア。 当ブログ【時機到来】はおかげさまで毎月100万回以上読まれています。 お問い合せはこちら
 

関連記事