【PS4】PlayStation VR発売と同時にリリースされるタイトル・ゲームソフト特集【PSVR】

東京ゲームショウ2016&新作ゲームタイトル

PlayStation VRの発売も迫り、情報が多く解禁されてきました。発売を前にどのソフトを一番初めに遊ぼうか悩んでいる方もいるのではないでしょうか。

そんな方のために今回、PS VRの発売と同時に遊べる各タイトルとゲーム内容を一挙にご紹介したいと思います!

発売まで情報を出さない方針のタイトルもありますので、独自に収集した情報をもとに記事内容を構成しています。Move対応かどうか一部不明瞭な点もありますが、その点ご了承ください。

※【パッケージ版】の価格が設定されていないタイトルは、PlayStation Storeでのダウンロード専用タイトルになります。パッケージ版も同時に発売されるタイトルに関してはAmazonのリンクを貼っておきますので、パッケージ版がお好みの方はそちらもチェックしてみてください。

VR専用ゲームタイトル(ベーシックコンテンツ編)

PlayStation VR WORLDS

発売日:2016/10/13
発売元:ソニー・インタラクティブエンタテインメント
価格 :【パッケージ版】4,980円+税 【ダウンロード版】5,292円(税込)
PS VR:必須
Move :対応

PS VRで遊べる基本要素が詰まったゲームが5本入っているのがこの「PlayStation VR WORLDS」です。

  • 冬季オリンピックでおなじみのリュージュを道路で猛スピードで進む「VR LUGE
  • 頭を使って跳ね返ってくる玉を頭を使って打ち返すピンポンゲーム「DANGERBALL
  • 簡易的な昇降装置を使って海底の中に潜り、様々な海洋生物を身近に感じられる「OCEAN DESCENT
  • ギャングとの派手な銃撃戦を繰り広げる「THE LONDON HEIST
  • 搭乗型ロボットに載って襲い掛かってくる敵ロボットを倒しながら宇宙を進む「SCAVENGERS ODYSSEY

個人的にはジェットコースター感覚を楽しめそうな「VR LUGE」に期待しています。

扇風機をあてながら遊べばよりスピード感を得られそうな気がしますので、より一層の疑似体験ができそうです(笑)

PlayStation Storeで確認する

THE PLAYROOM VR

発売日:2016/10/13
発売元:ソニー・インタラクティブエンタテインメント
価格 :【ダウンロード版】無料
PS VR:必須
Move :不明

PS VR発売と同時にPlayStation Storeで無料で配信が開始される「THE PLAYROOM VR」です。

多人数でのマルチプレイが楽しめるゲームが複数入っている、みんなで楽しめるVRのお試し詰め合わせのようなパッケージになっています。

全編、ソニーのロボットっぽさのあるキャラクター(VRボット)たちが現れて、一緒にVRゲームの世界を彩ってくれます。

MINI BOTS

小さくて愛らしいロボットの部屋の中でロボットたちの様子を観察できます。

MONSTER ESCAPE

VRヘッドセットを付けたプレイヤーは巨大モンスターになって、街をどんどん破壊します。コントローラーを持ったプレイヤーはヒーローとなり、逃げたり戦ったりとします

暴れまわる巨大モンスター役は、高い視点から建物などを破壊できるので爽快な気分を味わえます。

CAT AND MOUS

VRヘッドセットを付けたプレイヤーはネコになり、コントローラーを持ったプレイヤーはネズミとなります。

ネコがネズミを捕まえるのが先か、ネズミがチーズを集めるのが先かを競います。

GOHST HOUSE

参加プレイヤー全員で協力してオバケを捕まえます。

VRヘッドセットを付けたプレイヤーだけがオバケを捕まえられるのですが、目でオバケが見えません。

コントローラーを持ったプレイヤーだけがオバケを目視できるため、VRヘッドセットを付けたプレイヤーに声で誘導してあげる協力プレイが要のゲームです。

WANTED!

VRヘッドセットを付けたプレイヤーは、ガンマンとなって酒場で指名手配犯を探しています。

テレビモニタを見ている他のプレイヤーは、指名手配犯の特徴を声を掛けて教えてあげて、犯人確保の協力をしてあげるゲームになっています。

ROBOT RESCUE

VRヘッドセットを付けたプレイヤーもコントローラーを持ったプレイヤーどちらも、迷子になった仲間を探しにいくゲームです。




VR専用ゲームタイトル(疑似体験コンテンツ編)

サマーレッスン:宮本ひかり セブンデイズルーム(基本ゲームパック)

発売日:2016/10/13
発売元:バンダイナムコエンターテインメント
価格 :【ダウンロード版】2,980円(税込)
PS VR:必須
Move :不要

夏休み中の少女の家庭教師となってコミュニケーションを取る」というVRならではの斬新なゲーム「サマーレッスン」です。本作が面白いのはコントローラーの類は使わずに、レイヤーの視線やうなずき、首を振るなどの動作で意思疎通を図れる点です。

デモでは日本人少女の他に金髪美女も登場していましたが、PS VR同時発売の本作はポニーテールが似合う女子高生「宮本ひかり」が登場する基本パックになっています。

モニタ越しに見るゲームと異なり、VRでは自分の視点との距離をより感じられるため、まさに女の子がすぐそばで喋っている感覚を得られます。部屋もしっかりと作り込まれているため、ゲームと分かりつつもリアルな感覚を得られます。

完全に男性向けのゲームのような気はしますが(笑)、バーチャルな世界でリアルな人間を感じられるVRタイトルとして最も出来が期待されるゲームです。

PlayStation Storeで確認する

アイドルマスター シンデレラガールズ ビューイングレボリューション

発売日:2016/10/13
発売元:バンダイナムコエンターテインメント
価格 :【ダウンロード版】2,480円(税込)
PS VR:必須
Move :対応

人気アイドル育成ゲームである「アイドルマスター」シリーズのVR対応作品「アイドルマスター シンデレラガールズ ビューイングレボリューション」です。VRヘッドセットを装着することで、ライブ会場にいる観客の気分を味わうことができるVRタイトルになっています。

本作の舞台となるのが、アイマスシリーズの初ライブが開催された「舞浜アンフィシアター」のようで、ファンにとってはたまらない内容になっています。

PlayStation Moveを両手に持って振ると、アイドルのライブでおなじみコンサートライト(サイリウム・ペンライト)をゲーム内でも振ることができます。周りの観客も同じようにコンサートライトを振っていて、掛け声も聞こえてくるので臨場感を得られるつくりになっています。

観客席の視点も6つあり、コンサートライトの数や色も変えられます。本作のための書き下ろし新曲もあるので、様々な楽しみ方ができるアイマスになっています。

PlayStation Storeで確認する

初音ミク VRフューチャーライブ

発売日:2016/10/13
発売元:セガゲームス
価格 :【ダウンロード版】各2,700円
PS VR:必須
Move :対応

ライブ会場にいるかのような臨場感が味わえる、初音ミクによる初のVRライブコンサートソフト「初音ミク VR フューチャーライブ」です。

ライトを振り、声を上げ、観客と一緒に会場が盛り上がる感覚を得られるのはVRならでは。初音ミクやその楽曲が好きな方にはたまらないタイトルです。

本作は3つの公演という形で分けてリリースされます。1st Stageでは「初音ミクの声から始まる」、2nd Stageでは「リン、レン、ルカも登場」し、3rd Stadeでが「全員揃ってのパフォーマンス」になります。

それぞれが2,700円という価格設定になっているので、まずは1st Stageを試して体験してから続編の公演の購入を検討するのがよいのではないでしょうか。

PlayStation Storeで確認する

360デート おさななじみ

発売日:2016/10/13
発売元:共同テレビジョン
価格 :【ダウンロード版】1,000円(税込)
PS VR:必須
Move :対応

VRを使って女性とのデートが疑似体験できるタイトル「360デート おさななじみ」です。VR・ドラマとなっていて、映像を見ながら会話や行動を決めるタイプのゲームなのではないかと考えられます。

第一弾では、ベストセラー小説「ビリギャル」で表紙モデルをつとめた石川 恋さんが主演となっています。ファンの方であれば購入必須なタイトルではないでしょうか。

※こう考えると、今までゲームに興味を持たれていなかった層も惹き付ける作品が出て来るようになったなあとしみじみします…期待とともに(笑)

PlayStation Storeで確認する




VR専用ゲームタイトル(ゲーム性の強いコンテンツ編)

RIGS Machine Combat League

発売日:2016/10/13
発売元:ソニー・インタラクティブエンタテインメント
価格 :【パッケージ版】6,900円+税 【ダウンロード版】7,452円(税込)
PS VR:必須
Move:不要

巨大競技用マシンを操作して戦う対戦型アクションゲーム「RIGS Machine Combat League」です。「リグス」というマシンを操作して、3対3のスポーツ感覚で試合を行うゲームになっています。

アリーナには中央のゴールがあります。スフィアという黄色いボールを6つ、または敵を3体倒した後で、そのゴールにマシンごと入ることで得点が加わります。いかに多くゴールを重ねるか、あるいは敵のゴールを阻止するかが、勝敗の鍵となります。

全員プレイヤーとして参加する3人対3人と、1人ずつがプレイヤーで残り2体がAIとなるパターンが存在します。対戦ルールも複数存在しており、オンラインマルチプレイが前提で作られたタイトルのように感じられます。

リグスにも個性があり、異なる武器やアビリティが存在します。プレイヤー同士の連携も大事なので、近未来のバーチャルスポーツとして非常に期待されているタイトルです。

PlayStation Storeで確認する

KITCHEN

発売日:2016/10/13
発売元:カプコン
価格 :【ダウンロード版】100円(税込)
PS VR:必須
Move:不要

バイオハザード7の発売が待ち遠しい中で、そのプロローグにあたる部分をVRで楽しめるタイトル「KITCHEN」です。海外ではPS VRの同梱ディスクに含まれているらしいのですが、日本だとCEROの関係でStoreでの販売となったようです。

既にPS4を持っているユーザーの方は、バイオハザード7の体験版をプレイされた方は多いのではないでしょうか。私もプレイしましたが、従来のバイオハザードと異なり1人称視点となって恐怖が増しているのが感じられました。

その体験版の最後に登場するシーンがありますが、そのシーンに続く(前の?)ストーリーがこの「KITCHEN」で楽しめるようです。あまり多くの情報を公開しないよう統制されている、どんな内容なのかは発売日を待つしかありません。

100円という格安の設定なので、バイオハザード7が待ちきれない方やホラーゲームが好きな方は、マストバイなタイトルだと思います。

バットマン:アーカム VR

発売日:2016/10/13
発売元:ワーナー ブラザース ジャパン
価格 :【ダウンロード版】2,678円(税込)
PS VR:必須
Move:対応

プレイヤー自身がバットマンになって、ゴッサムシティで展開されるストーリーを体験していく「バットマン:アーカム VR」です。

VRヘッドセットを付けたプレイヤー自身がまさにバットマンとなった感覚を得られます

主人公の大邸宅で地下に下り、秘密基地でバットマンに変身し、バットモービルが登場するまでを上記のムービーで見ることができます。

ベルトを付けたり、バットラングを投げたりと、バットマンさながらの動作をすることができますが、自分でマスクを被る瞬間はファン鳥肌の内容になっていると感じました!

PlayStation Storeで確認する

Until Dawn: Rush of Blood

発売日:2016/10/13
発売元:ソニー・インタラクティブエンタテインメント
価格 :【ダウンロード版】2,160円(税込)
PS VR:必須
Move:対応 ※2本必要

日本ではエンディングの表現に制限が掛かり過ぎてしまい酷評を受けてしまいましたが、海外では高い人気を得た「Untile Dawn -惨劇の山荘」。

その世界をテーマにしたお化け屋敷な展開のホラーシューティングゲーム「Untile Dawn: Rush of Blood」です。

某人気テーマパークに乗り物に乗って少しずつ進みながら、ターゲットを撃ってポイントを稼ぐアトラクションがありますよね?それのお化け屋敷版と言っていい内容になっています。

手に持った銃は懐中電灯の役割もしており、薄暗い空間のどこから何が出て来るかドキドキしてしまいます。ジェットコースター感覚を味わえる場所もあり、まさに遊園地を家で楽しめる内容になっています。

ただ、進めば進むほど恐怖度も増していきます。迫ってくる異形の敵は、脅かしてくるお化け屋敷さながらに怖いので、気をしっかり持ってプレイする必要がありそうです。

PlayStation Storeで確認する

Battlezone

発売日:2016/10/13
発売元:Rebellion
価格 :【ダウンロード版】6,372円(税込)
PS VR:必須
Move :不明

あまり情報が解禁されていないゲームではあるのですが、海外ではプレイ動画が公開されていました。

近未来な空間で戦車に乗って敵戦車や要塞を撃破していくFPS(一人称視点のシューティングゲーム)「Battlezone」です。

グラフィック性はわりとシンプルなのですが、スムーズに動く戦車がなかなかのスピード感があり、カッコいいい操縦席で戦車を操縦しながら攻撃をかましていきます。

マルチプレイが可能なタイトルになっているので、VR空間で行われる兵器に乗った対戦ゲームとしては人気を博す気がする一本です。






■VRモード対応ゲームタイトル

ライズ オブ ザ トゥームレイダー

発売日:2016/10/13
発売元:スクウェア・エニックス
価格 :【パッケージ版】6,800円+税 【ダウンロード版】6,264円(税込)
PS VR:対応
Move :非対応

PS4版で遊べるのは「トゥームレイダー ディフィニティブエディション」だけなのですが、海外やXbox Oneではその続編である「ライズ オブ トゥームレイダー」が発売されています。

国内版の発売も期待されていたのですが、遂に日本国内版が発売されます!

それだけでも嬉しいのですが、今回発売されるPS4版「ライズ オブ ザ トゥームレイダー」はトゥームレイダー20周年を記念したパッケージになっていて、既に配信された追加コンテンツや特別な新要素が追加されています。

そのうち、新たに収録されるモード「一族の系譜」というのがあるのですが、このモードのみVR対応になります。主人公であるララ・クロフトの一人称視点になって進めますが、操作の仕方も2種類あるようです。

全編VR対応するわけではないので「VRをめっちゃ遊びたい」という方には物足りないかもしれませんが、本作自体が高い評価を得ている作品ですので、1粒で2度おいしいタイトルであるのは間違いないと思います。

Rez Infinite

発売日:2016/10/13
発売元:エンハンス・ゲームズ
価格 :不明
PS VR:対応
Move :不明

3D空間で展開する音楽シューティングゲームRez Infinite」です。「Rez」というタイトルでは2001年にPlayStation2及びドリームキャストで発売されており、本作は復活作品になります。

画面はワイヤーフレームで構成された電脳空間になっており、攻撃時の効果音がそのまま音楽となって、映像とBGMが呼応する近未来的なシューティングゲームになっています。連続でウイルスを撃破することにより効果音がリズムの役割を果たしたりと、音楽が鍵となるゲームです。

開発者の方曰く、「VRが登場したら必ずまたRezを出そう」と考えていたほどの意欲作で、本VR対応の本作でRezがようやく完成するというほどVRの世界に合っていると語られています。

テクノミュージックのようなグルーヴ感のある音楽と、画面いっぱいに広がる電脳空間によって没入する感覚を得られるタイトルになっています。前評判が非常に高いです!

THUMPER リズム・バイオレンスゲーム

発売日:2016/10/13
発売元:Drool
価格 :【ダウンロード版】1,999円(税込)
PS VR:対応
Move :不明

プレイ画面だけを見るのなんのゲームだか全く分からないのですが、「スペースビートル」というカブトムシのようなものが突き進むリズムゲーム「THUMPER リズム・バイオレンスゲーム」です。

世界中のゲーム関連のメディアから数多くのアワードを受け、日本でも文化庁メディア芸術祭エンターテインメント部門で優秀賞を受賞した注目作品です。

サイバー空間とホラーが融合したような独特の世界を、ボブスレーのようなビートルが猛スピードで突き進みます。カーブで曲がるときや障害物に応じて操作するゲーム性になっていますが、非常に世界観が独特です。

従来のリズムゲームとは大きく異なるゲーム性のため、実際にプレイしてみないとその魅力は分かりづらいと思います。VR必須ではないものの、VRがないと没入感が得られない内容だと感じられます。

バウンド:王国の欠片

発売日:2016/10/13
発売元:ソニー・インタラクティブエンタテインメント
価格 :【ダウンロード版】2,160円(税込)
PS VR:対応 ※後日対応予定
Move :不明

本作は既に配信されているアクションアドベンチャーゲーム「バウンド:王国の欠片」がVR対応される予定になっています。

非常に世界観が独特の作品で、とある妊婦が抱える幼少期のトラウマに対して、妊婦の内面世界で向き合いトラウマを解消していくことが目的になっています。プロダンサーの動きをモーションキャプチャーされており、主人公の動きがバレエダンサーのような美しさがあります。

非常に危うい感じがグラフィック上にも表れており、美しい動きの主人公と今にも壊れそうな世界の対比が特徴的です。

PS VR対応することでどのような操作性になるのか不明な点が多いですが、もともと評価が高いタイトルなので、普通に遊べるアクションゲームとしても楽しめる一本です。

PlayStation Storeで確認する

JOYSOUND.TV Plus

発売日:2016/10/13
発売元:エクシング
価格 :【パッケージ版】5,800円+税 【ダウンロード版】基本無料
PS VR:対応
Move :非対応

現在も配信されているPS4で10万曲以上を歌って遊べるカラオケソフト「JOYSOUND.TV Plus」がPS VR対応になります。PS VRに繋いでいると、「JOYSOUND VR」モードが選べるようになります。

サービスローンチ時は7つのコンテンツが楽しめるようになっていて、これは歌っている時のシチュエーションが選べるようになっています。「イケメン執事」や「浜辺でピクニック」、「2人きりの歌唱レッスン」や「にゃんこのキモチ」など、様々なコンテンツが入っています。

ゴールデンボンバーの背景パックも配信されるようで、カラオケルーム内でゴールデンボンバーのメンバーが盛り上げてくれる楽しみ方もできるようです。

スペシャルライブも配信され、ゴールデンボンバーの360度ライブも見られるので、カラオケそっちのけで楽しめる要素が多そうな内容になっています。

PlayStation Storeで確認する




PS VR対応ゲームソフトの注意点

ちなみに、PS VRタイトルを調べていて気が付いた点が、「ダウンロード専用」タイトルが多いことです。そのため、Amazonなどのストアで予約できるVRタイトルは非常に少ないです。

PlayStation Storeでダウンロード購入する場合は、PSNアカウントにクレジットカードを登録するか、プリペイドカードを用意することになります。まだクレジットカードを持っていない方は、発売日までにプリペイドカードの準備を忘れないよう気を付けてくださいね。

PS VRで必要な周辺アイテム

PS VRはヘッドマウントディスプレイを付けるだけで遊べるものもありますが、位置を把握するためにPlayStation Cameraは買っておかなければいけません。同梱版の方は購入する必要はありませんが、そうでない場合にPS Cameraを持っていなければ早めに購入しておきましょう。

また、周辺機器としてPlayStation Moveも必要な場合があります。ゲームタイトルによっては、Moveを銃のように使ったり、手足のように使ったりできます。

もし対応ソフトを遊びたい場合には、購入を検討されたほうがいいと思います。

あと、意外と忘れがちなのがヘッドフォンです。PS VRにヘッドフォンは付いてきません。

PS VRに対応したタイトルは、立ち位置や顔の向きなどに応じて3Dサラウンドのような音響効果を感じられるものが多いです。テレビのスピーカーの音だと臨場感は全く得られませんので、ヘッドフォンをお持ちでない方は新規の購入をおすすめします。