【13日の金曜日】Steam・PS4で遊べる「Friday the 13th: The Game」は実際に遊ぶとめちゃくちゃ面白かった【解説】

Friday the 13th: The Gameプレイ画像

【2017/9/7更新】ホラー映画の代名詞とも言えるほど有名なのが「13日の金曜日」ですよね。

13日の金曜日に登場する殺人鬼「ジェイソン」と言えばホッケーマスクですが、実は2作目はホッケーマスクではなく白い布麻袋を被っていたのを知っている方は意外と少ない気もします。

そんな「13日の金曜日」を世界がそのままゲームになった「Friday the 13th: The Game」がYouTubeの実況動画で非常に人気が出ています!

主にPCで遊べるSteam版で遊んでいる方がほとんどですが(理由は後述します)、私は実況動画を見ている時はそこまで面白さが分からなかったんですよね。

なぜかと言うとジェイソンが強すぎるから!(笑)

ただ、実際にSteam版を購入して遊び始めてからは毎晩プレイしているほどハマっているので、今回はこの「Friday the 13th: The Game」の面白さを紹介したいと思います。

※「Friday the 13th: The Game」の基本的な遊び方については別の記事でご紹介したいと考えています!

Friday the 13th: The Gameとは

Friday the 13th: The Gameプレイ画像

2017年5月26日に配信が開始された、Steam/PS4/Xbox One向けの非対称マルチプレイのサバイバルホラーゲームです。

タイトル通り、ホラー映画「13日の金曜日」が原作のゲームとなっており、最大8人のプレイヤーが殺人鬼ジェイソン・ボーヒーズと襲われる側のカウンセラー(指導員)に分かれて対戦します。

ジェイソンはカウンセラーを全員殺すことを目的とし、カウンセラー側は幾つかの手段を用いてクリスタルレイクキャンプ場を脱出or20分間生き延びることを目的とします。

ジェイソンは当然ながら1人ですが、カウンセラーは最大7人が参加する非対称型の対戦ゲームになっています。

平たく言うと、ジェイソンとカウンセラーの命をかけた鬼ごっこをするゲームとなっています。

PS4版は日本では未配信

PSStore_friday_the_13th_003

Wikipediaで見てみるとPS4版のパッケージ画像が写っているので、パッケージ版が存在しているのではないかと勘違いされた方も多いと思います(私もそうでした)

PS4版に関して調査してみたところ、米国のAmazon.comでもパッケージ版は発売されていませんでした。

そこで、日本ではなく北米のPlayStation Storeで検索してみたところ、北米PS Storeには「Friday the 13th: The Game」が配信されていました

上の画像はその時撮った画像になっています。

日本のアカウントでは北米PS Sotreにアクセスできないため、どうしてもPS4で遊びたいという場合には、北米PSNアカウントを作成し、北米PS Store用のギフトカードでチャージした上で購入する必要があります。

※PS4版を実況されている方もいるようなので動作はするとは思いますが、私自身はSteam版でプレイしているためPS4版の動作確認ができておりません。購入される際は自己責任でお願いします。

PS4/Xbox Oneのパッケージ版が海外発売される【2017/9/7追記】

情報が遅れてしまいましたが、PS4/Xbox Oneのパッケージ版が海外でリリースされるようです!

リリースは(おそくら北米基準で)2017年10月13日金曜日とまさに13日の金曜日にピッタリな日取りとなっています(笑)

しかしデッドデイライトと同様に日本では未発売のようなので、輸入された北米盤を購入することで遊べるようになりそうです。

ただし現時点ではどれくらい日本のゲームショップが取り扱うか不明な状況で、Amazonでは非常に高い値段を付けてしまっています…。

個人的な感覚としては急いで買わずとも、発売日を過ぎれば買ってもよいと思える売価になってくるのではないかと思っています。

北米垢を作ってチャージするのはちょっと大変だし嫌だな~…。」と思っていた方には朗報ですね!




Friday the 13th: The Gameの面白さ

実況動画を見ていると、どうしてもジェイソンの強さが目にいってしまいました。

だって、自由にマップ内で瞬間移動できるし、早送りのように移動できるし、カウンセラーの位置も検知できるし、本当に映画の中のジェイソンのようにやりたい放題できるじゃないですか。

でも、実際に遊んで見てこのゲームのバランスというものを実感し、次のマッチ次のマッチと楽しめる面白さを感じることができました。

※私はどうしても逃げる方が好きなので(笑)、カウンセラー寄りの内容になってしまっていますがご了承ください。

カウンセラー編

とにかくドキドキ感がたまらない

Friday the 13th: The Gameプレイ画像

襲ってくるジェイソンに恐怖しながら、家の中でアイテムを探しつつ、ジェイソンが来ないことを祈る感じは実際にプレイしてみて実感できるものでした。

家の中で物色しているといきなり電気が落とされたり、窓ガラスを割られたりすると本当にビックリします(笑)

超人的な能力を持っているジェイソンからいかに逃げることができるのかどうか、追われている間は常に心臓がバクバクします。

BGMがホラー映画に入り込んだ気分にさせてくれる

Friday the 13th: The Gameプレイ画像

移動している時にジェイソン映画っぽいBGMが随時流れてきます

ジェイソンが近くにいる時や追われている時のBGMとは別に、不定期で流れてきます。

あまりの音量の大きさにジェイソンが近くにいるんじゃないかと勘違いすることも多々あるのですが(笑)、このBGMが映画の中でプレイしているような雰囲気を演出してくれています。

アイテムをバンバン入手できた時の気持ち良さ

Friday the 13th: The Gameプレイ画像

脱出に必要なアイテムである「ガソリン」「バッテリー」「プロペラ」「ヒューズ」などはなかなか見つかりにくいです。

ただ、運が良い時は本当に連続して見つけることもできます!

これらが序盤で順調に入手できた時はすごい興奮するんですよね。脱出への光明が見えたカウンセラーの気持ちになれるから、でしょうか。

逆にアイテムが全然見つからない時もあるので、そういうときは本当に焦ります(笑)

脱出できた時の何とも言えない気持ち良さ

Friday the 13th: The Gameプレイ画像

これは実際にプレイして、ジェイソンから逃げながらキャンプ場から脱出できた時の快感と言えます。

先日プレイしていた時に、初めて20分間生き抜いたんですね。

序盤から仲間のカウンセラーもバンバン殺されて、自力脱出を諦めていたのですがなんとか生き延びることができた時は本当に気持ち良かったです!

脱出した後、他のプレイヤーを高みの見物気分で観戦できるのもまた一つの醍醐味です(トミー・ジャービスとして復活することもありますが)

パークを集めたい欲求がすごい

Friday the 13th: The Gameプレイ画像

今現在ではカウンセラーのパークが45種類存在しています。

また、それぞれのパークの能力値はスロットマシンのようにランダムに決定されます。

つまり、優秀なパークでもショボイ能力値の時もあるし、優秀な能力値かと思いきや使い道の少ないパークの時もあるということです。

なかなか優れたパークを入手できないということもあり、いいパークを集めたいという欲求のもと夜な夜なクリスタルレイクキャンプ場に出向いてしまいます。。。



ジェイソン編

カウンセラーを追い込むジェイソンの気持ちになれる

Friday the 13th: The Gameプレイ画像

キャンプ場に点在する生存者を見つけて、のっそのっそと追いかけるジェイソンの気持ちになれます。Sッ気が強い人には堪らないのではないでしょうか(笑)

神出鬼没なジェイソンらしく、気配を消して近づいたり、瞬間移動して首根っこを掴んだりと追い込む感がめちゃくちゃ強いです。

日常生活でストレスを溜め込んでいる方にはピッタリかもしれませんね!?

逃げられないように邪魔をするいたずら感

Friday the 13th: The Gameプレイ画像

生存者であるカウンセラーが脱出するためには、「警察への通報」「自動車 or ボートでの脱出」が基本になります。

しかしこれらを実行するのを邪魔するために、配電盤の前や車の前にトラップを仕掛けるのが定石です。

「ふふふ、これで簡単には逃げられないぞ」とほくそ笑みながら罠を仕掛ける気分はこのゲームならだと思います(こう書くとなんか性格悪そうに見えますが/笑)

投げナイフが当たっときのストライクショット感

Friday the 13th: The Gameプレイ画像

ジェイソンはその辺の木などに刺さっている投げナイフを入手して、生存者に向かって投げることができます。

シューティングゲームのような操作感でナイフを投げるのですが、これが綺麗に当たった時はなかなかの気持ち良さがあります。

その後で救急スプレーで回復されるとちょっと残念な気持ちになりますが…。

様々な残虐的なキルの仕方

Friday the 13th: The Gameプレイ画像

各ジェイソンには、生存者を掴んだ後でのフィニッシュブームとして様々なキルが用意されています

それぞれのキルの方法はポイントを使って解放する必要があるのですが、映画の中であったような痛々しいものが多数用意されています。

今現在では18種類が用意されています。




Friday the 13th: The Gameの豆知識

豆知識と呼べるほどのものでもないかもしれませんが、実際にプレイしていて気になった点や押さえておきたい点についてご紹介したいと思います。

乗り物は2つしか登場しない

Friday the 13th: The Gameプレイ画像

本作での直接的な脱出手段としては、自動車による脱出かモーターボートによる脱出しかありません。

自動車は2シーターと4シーターそれぞれがありますが、都合3種類存在することになります。

これらは1回のマッチでは2つしか登場しません。

つまり、自動車が2台存在すればモーターボートは出て来ませんし、モーターボートがあれば自動車は1台のみとなります。

ジェイソンの罠は折り畳みナイフで解除可能

ジェイソンの立ち回りの定番としては、スタート初期から配電盤前や自動車付近にトラップを仕掛けることですよね。

ヒューズを手に入れて配電盤を修理しようとしたのに、トラップが仕掛けられていて困ってしまうプレイヤーも多くいると思います。

しかし、折り畳みナイフを持っていればトラップを解除することができます

残念ながらトラップを解除すると折り畳みナイフは無くなってしまうのですが、ここでも折り畳みナイフが使えるので非常に便利なアイテムと言えますね。

ジェイソンのあの音はスキル解放の合図

「シッシッシッ ハッハッハッ」みたいな感じのジェイソンの定番の音があるじゃないですか?

あれはジェイソンのスキルが1つ解放されたのをお知らせする音になっています。

序盤は感知能力のセンスは使用できないので、順番にスキルが解放される点を念頭において生存者は立ち回りするのがいいと思います。

ジェイソンがいいかカウンセラーがいいか好みを設定できる

Friday the 13th: The Gameプレイ画像

基本的にはマッチ開始時に、参加者の中からジェイソンが選択されるのですが、どっちでプレイするのが好みかどうかを設定することができます

Spawn Preference」という設定なのですが、直訳すると「どっちでスタートするのが好みか」になるでしょうか。

ちなみに私はカウンセラーを今は好んでプレイしていますが、今のところ100%カウンセラーでスタートします。

現状ではジェイソンを望む人での抽選がほとんどになっているのではないでしょうか。

トミー・ジャービスで脱出してもポイントがもらえる

どなたか実況主の方が言われていたのですが、トミー・ジャービスで復活した場合、脱出してもポイントが加算されないという旨のお話がありました。

ただ、私が実際にプレイして(他のプレイヤーと一緒に)脱出できた時は、「Escape」のポイントが加算されていました。

ジェイソンを倒すには条件がある

実況動画などを見ていても分かりにくかったのですが、ジェイソンを倒すには明確な条件があります。

当初は、殴りまくればジェイソンを倒せるのではないかと勘違いしていました(笑)

条件全てを満たす必要があるのでノラでやるにはかなりの難易度が高いですが、多くの方が条件を知ることで対戦がますます面白くなると思いますので以下に手順を載せておきます。

  1. 生存者が1人以上脱出or死んでいること
  2. トミー・ジャービスが呼び出されていること
  3. 女性キャラでジェイソンの家に侵入し、ジェイソンの母のセーターを着る
  4. ジェイソンを攻撃してマスクを外した状態にする
  5. ジェイソン母のセーターを着た女性キャラがジェイソンに話しかける
  6. ジェイソンがスタンするのでその間に攻撃して膝をつかせる
  7. 膝をついたジェイソンに、トミー・ジャービスが斧orマチェットで攻撃する

「島津の鉄砲兵」さんが動画で解説されているのでこちらも参考にしてみてください。



映画「13日の金曜日」を見返しています

ゲームに触れることで、あらためて映画「13日の金曜日」を夜な夜な観ています。

見返して気付いたのですが、なんでアメリカのスプラッターホラー映画ってお色気シーンが多いんですかね。

リメイク版の13日の金曜日を見ていて、トップレスではしゃぐ金髪美女の多いこと多いこと…家族じゃ絶対に見れない映画じゃないですか、これ(笑)

ちなみに13日の金曜日はAmazonプライムビデオが充実しているので、こちらでよく観ています!