【DbD】デッドバイデイライトにおける生存者(サバイバー)の立ち回り【攻略術】

Dead by Daylight 生存者プレイ画像

PS4で北米版Dead by Daylightが発売されて、プレイを始める方がさらに多くなった印象を受けます。

私も未だにデッドバイデイライトはプレイしているし、実況動画でも未だに好きなゲームなので、アップデートが続く限り永遠に遊べるんじゃないかとも思っています(笑)

そんなデッドバイデイライトですが、生存者(サバイバー)でプレイしていても始めの頃はキラーに殺されまくる人がほとんどなのではないでしょうか。

そんな初心者サバイバーの方の参考になればと思い、今回はデッドバイデイライトにおける生存者の立ち回り方法や心得などについて私見を述べたいと思います。

【大前提】DbDは仲間と協力するゲームであると理解する

Dead by Daylight 生存者プレイ画像

デッドバイデイライトを初めてプレイするときは、どこから殺人鬼がやってくるか分からないし突然やってくるスキルチェックにもあるし、不安だらけの中でプレイすることになります。

序盤はパークもアイテムもほとんどないので生き延びるだけでも精一杯かと思いますが、生存者同士で協力し合うことを決して忘れないでください。

仲間の生存者が吊られたときに、慣れていないと助けにいくだけでもドキドキします。助けに行って返り討ちにあうのは怖いですし、どうせなら発電機を付けてポイント稼ぎしたいと思うかもしれません。

しかし、仲間同士の助け合いが脱出の可能性を高めますし、助け合うことで多くのブラッドポイント(BP)を稼げるのがデッドバイデイライトなんです。また、協力し合い自ら恐怖に慣れることで腕も磨かれます!

もちろんプレイヤーの中には、残念ながらすぐ回線切りをする人や邪魔をしてくる人もいてイラつくこともありますが、基本は協力プレイであることを念頭にプレイするようにしてほしいです。

【初心者編】低レベル時の心得

パークが揃うまでは辛抱して挑み続ける

Dead by Daylight プレイ画像

デッドバイデイライトでは、生存者も殺人鬼も4つまでキャラ固有のパークを装備することができます。しかし、ゲームを初めて間もない低レベルの時は、パークが1つしか装備できません。

レベルごとに装備できるパークの数は異なる仕様になっているため、どうしても低レベル時は厳しい戦いを強いられます。

レベル 装備可能パーク数
1~14 1つ
15~19 2つ
20~24 3つ
25~50 4つ

正直レベル15までのパーク1つというのはかなり大変です。そのときに入手できるパークもレア度が低いものが大半なので、より一層脱出が難しいと感じると思います。

低レベルで且つ低ランクだと殺人鬼も弱いかと思いきや、DbDではランクを基準にマッチングがなされます。ランクは毎月リセットされるので、レアパークが充実したキラーに当たってしまうこともあるんです。

そういう意味で、パークが揃わないうちは早々に死んでしまうのがむしろ当然なので、ここは割り切ってブラッドポイントをどんどん貯めるしかありません。

キラーに見つからないようにすることもアリ

Dead by Daylight 生存者プレイ画像

仲間と協力して助け合うことが大事であると先ほど述べました。しかし、サバイバーにとって脱出することも最大の目的であることは忘れてはいけません。

脱出すると5,000BPがもらえますので、それまで蓄積したBPと合わせると結構な稼ぎになります。

そのため、なるべく死ぬ順番が後ろになるような立ち回りをすることもアリっちゃアリです。

と言ってもマップの端っこやロッカー内に隠れるとかではなく、ゲーム開始序盤すぐに発電機を修理しない程度のことです。

オファリングの効果を除くと、だいたい殺人鬼は生存者からもっとも離れた位置からスタートします。そのため、遠くの発電機に向かってぐるっと回って確認するような動きをするわけです。

すぐ発電機をいじるとこの初回巡回で見つかってしまう可能性があるので、初回巡回されるまでは近くで息をひそめておくというのも立ち回りとしてはアリだと思います(もちろん褒められたプレイではないですが/笑)

他の生存者が斬り付けられたのが確認できた際はチェイス中である証なので、その時は頑張って発電機をガンガン修理していきましょう。

立ち回りを意識したサバイバー育成を

Dead by Daylight 生存者プレイ画像

低レベルだと装備できるパークが少ないことと併せて、立ち回りに有利なパークというものも存在します。

基本的に生存者のパークはキャラクターごとに固有なのですが(ティーチャブルパークを除く)、どういう立ち回り方をしたいかによって育てるキャラを決めておいた方がいいです。

実況主の方々がよく使っていたり、私自身がおすすめのパークは以下のものです(Steam版をベースに記載しています)

生存者名(英語) パーク名(英語) パーク説明
ドワイト(DWIGHT) 絆(Bond) 12/24/36m内にいる味方のオーラ(黄色)を表示する
メグ(MEG) 全力疾走(Sprint Burst) 走り出した3秒間の移動速度が150%になる
ジェイク(JAKE) 鋼の意志(Iron Will) 負傷時、動かないでいると発するうめき声の大きさを50/100%少なくする
クローデット(CLAUDETTE) 自己治療(Self Care) 回復キット無しで自分自身を治療可能
クローデット(CLAUDETTE) 共感(Empathy) 32/64/無制限m内にいる負傷中の味方のオーラ(黄色)を表示する
ローリー(LAURIE) 決死の一撃(Decisive Strike) 殺人鬼に担がれた直後に発生するスキルチェックに成功すると抜け出せる
ウィリアム(WILLIAM) 与えられた猶予(Borrowed Time) 心音範囲内でフックから救助すると這いずり状態を1度だけ耐えられる
フェン(FENG) テクニシャン(Technician) 自分が発電機修理中の雑音範囲を0/4/8m減少させ、スキルチェック失敗時に30/40/50%で爆発を防ぐ
デビッド(DAVID) デッドハード(Dead Hard) 負傷状態で走っているときに前方にダッシュする(その間無敵)

この中でも特にオススメなのがクローデットです。自己治療もできるし、負傷した味方を積極的に治しにいけるのでゲームを有利に進めることができます。

ちなみに私はよくわからずに始めてしまいドワイトを育てていたのですが、「絆(Bond)」もLv3になるとかなり有用なパークになります。味方の位置が分かるので、負傷しても自分から治してもらいに行けるのは強みです(逆も然り)

他にもメグの「全力疾走(Sprint Burst)」は多くの実況主愛用パークでもあるので、メグもアリだと思います。

効率的にBPを集めたいならデビッドもおすすめ

デッドバイデイライト 新DLC画像

これはある程度ゲームに腕のある方にオススメの生存者なのですが、最新の追加キャラ「デビッド」はBP集めするにはうってつけの生存者です。

ずっと一緒だ(We’re Gonna Live Forever)」というパークがあるのですが、これは他の生存者をフックから助けたり身代わりになることで最終獲得BPが50%ずつ増加するパーク(上限アリ)なっています。

脱出できた時なんかは非常に嬉しいボーナスポイントなのですが、いかんせん積極的に味方を助けないといけないので自身が死ぬリスクも高いです。

そのため、腕に覚えのある人で効率的にレベルアップさせたいならデビッドを選ぶのもアリっちゃアリです!

キラーでもプレイしておくべし

Dead by Daylight 生存者プレイ画像

ゲーム実況を見ていてDbDを始めた方であればほとんどそうだと思いますが、やっぱりサバイバーで遊ぶ方が楽しそうですよね。私もサバイバーで遊ぶ方が多いです。

しかし、ずっと生存者のみのプレイをし続けるだけでは、キラーの動きを読むことはできません。

キラーの心理を把握するためには自らキラーを体験するしかないんです!

そのため、何十回とは言いませんが少なくとも各キラーで最低1回ずつくらいは殺人鬼の立場でプレイしておくことをおすすめします。

殺人鬼として生存者を追いかけまわすことで、

  • 殺人鬼ごとの特殊能力の挙動
  • 殺人鬼の移動速度や攻撃モーション
  • どのように生存者を探すのか
  • どんな動きをする生存者が厄介なのか

などをなんとなく把握することができます。この「なんとなく」レベルでも、サバイバーがどう立ち回ればよいかを考える上で非常に参考になります。

できればマッチングの集まりが悪い時などには定期的にキラーを選んでください。キラーがいないとDbDは成り立たないので…(笑)




【中級編】上達するための心得

発電機は積極的に修理する

Dead by Daylight 生存者プレイ画像

そろそろ初心者を脱したかな…と思ったら、発電機は序盤から積極的に修理するようにしましょう!

DbDでは発電機を5つ修理すると脱出ゲートが通電されますが、最低2つ修理さえしておけば最後のサバイバーになったときに緊急脱出ハッチが開きます(発電機が残り3つの状態)

そのため、少しでも脱出確率を高めるためには早め早めに最低2つは発電機を直しておく必要があります。

光るトーテムを見つけたらさすがに先に壊すべきですが、通常トーテムを壊すくらいであれば先に発電機を直した方がいいと思います。

※正確に言うと、ハッチが出現する条件は「生存者数+1つの発電機の修理が完了していること」になります。つまり、残り生存者数が1人であれば2つの発電機、2人であれば3つの発電機の修理が出現条件になります。

そのため、他の生存者が吊られている間にハッチを探して逃げる準備をする場合があるかもしれませんが、この条件に適合していないといくら探し回ってもハッチは見つかりません。ご注意ください。

修理中はクリアリングを忘れずに

Dead by Daylight 生存者プレイ画像

後ほどの殺人鬼の特徴の話と関連しますが、発電機を修理している時にずっと同じ方向だけ見るのは控えた方がいいです。

というのも、いつシェイプがストーカーしてくるか分からないからです!

やつは物陰からジッと見つめて来ます。Lv1の時は心音が狭いので気付いた時には背後に立たれてしまうこともあります。

他にも、クリアリングしておかないと透明化レイスにも気付けませんし、見通しがよい場所であれば遠くを移動しているキラーの姿を見つけることもできるかもしれません

そのため、スキルチェックに集中したい気持ちは分かりますが、修理中はなるべく周囲を確認するようにしましょう。

修理する発電機は離した方がいい

Dead by Daylight 生存者プレイ画像

マップ上に存在する発電機の数はあらかじめ決められています。

発電機は「サバイバーの人数+3つ」設置されています。そのため、発電機の最大数は7つになります。

プレイしていると分かると思いますが、発電機同士の位置が近いものもあれば遠いものもあります。

この発電機の位置はできれば意識した方がいいです。

というのも、発電機が非常に近い間隔で3つ存在する場合があります。こんなシチュエーションの時に、この3つ以外を全て直してしまうとこの3つの発電機地帯がキラーに狙われます。

キラーが生存者を探す目印は発電機なので、できれば残った発電機同士の位置が離れていたほうが修理する隙を多く作ることができます

殺人鬼をイチ早く把握して特徴を抑える

Dead by Daylight 生存者プレイ画像

先ほどの話と関連しますが、そのマッチでは殺人鬼が誰なのかはなるべく早く把握する必要があります。

トラッパーの罠は比較的見つけやすいですし、音を発する殺人鬼であればその音で判断します。

それぞれのキラーが分かったら、どう戦うべきかを敵対する前に心構えしておくといいです。

キラー名 対キラーの心得
トラッパー 草むらはなるべく避け、草むらを歩くときはしゃがみ歩きなど警戒する。また窓枠もうかつに飛び越えない
レイス 透明化レイスが近づいてきたらいち早く逃げるか、ライトを当てる
ヒルビリー チェーンソーの直撃を避けるために木や壁などの障害物を意識して逃げる
ナース テレポートのタイミングで逃げる方向を変える
シェイプ シェイプの視界に入らないように逃げる
ハグ 魔法陣に注意し、ライトをもっていたら照射して魔法陣を消す
ドクター ドクターの電流に気付いたらすぐに離れる
ハントレス 板倒しの瞬間に狙われやすいのでギリギリを避ける、直線に逃げるのを避ける

キラーの種類が増えてきたためなかなかこれらの特徴を忘れてしまいがちですが、意識をするしないで大きく生存率も変わってきます。

トラッパーなのにうっかり定番位置の罠に引っかかった時はめちゃくちゃ悲しくなるので、それぞれの殺人鬼の特徴を心に刻んでおきましょう。



仲間は積極的に助ける

Dead by Daylight 生存者プレイ画像

仲間の生存者がフックに吊られたときは積極的に助けに行ってください!

先ほども述べましたが、生存者プレイのデッドバイデイライトは協力し合うことが前提のゲームシステムになっています。仮に誰も協力せず傷つかずに脱出できたとしても得られるブラッドポイントは全然多くないです。

味方をフックから救出し、味方を手当てし、時にキラーを鬼ごっこすることでBPをどんどん得ることができます。

また生存者が少なくなると一気に脱出の難易度が高くなりますので、生存者は極力助けにいきましょう。フックに吊った後にその場を離れるキラーも結構います。

但し、いわゆるキャンプをするキラーもいます。いわゆる絶対殺すマン・キャンパーと呼ばれるプレイヤーで、フックの前に張り付いて絶対に動かない殺人鬼ですね。

もし「与えられた猶予(Borrowed Time)」を持っていたり他の生存者と連携プレイができる状況なら別ですが、そうでなければ心を鬼にしてスパッと諦めて発電機をいち早く直した方がいいです。

仲間の生存者が何回フックに吊られたのかを把握しておく

Dead by Daylight 生存者プレイ画像

逃げ回ったりしてるとどうしても忘れがちではあるのですが、仲間の生存者が何回フックに吊られたのかもなるべく把握しておいた方がいいです。

厳密に言うと、次吊られたら死ぬかどうかを把握しておけばいいです。

「あっ、仲間の生存者が吊られた…助けに行かなきゃ!」と思って助けに向かったら、吊られた瞬間死んでしまった…。そうなると殺人鬼に返り討ちされる可能性が高まります。

フックから救出されたタイミングの残りメーターが基準になります。

残メーター 吊られ目安 死ぬまで
メーカーMAX 0回目 あと最大3回吊られたらアウト
メーター半分以上 1回目 あと最大2回吊られたらアウト
メーター半分以下 2回目 あと1回吊られたらアウト

ただ、フック1回目でも自力で抜け出そうとしたり、救出されずにメーター半分以下になっていたりすれば、もう後が無いギリギリの状態になっていたりしますのでご注意ください。

肉壁も忘れずに

Dead by Daylight 生存者プレイ画像

味方の生存者をフックから救出された際、多くの殺人鬼は吊られていた方の生存者を狙いにいきます。その方が早く生存者を葬れますからね。

そんなときは、逃げる仲間の後ろを走って守ってあげるプレイ(通称:肉壁)も有効だったりします。

ゲートが開いていて”あとは脱出するのみ“といったシチュエーションや、”あと1回吊られたら仲間が死んでしまう“ようなシチュエーションの時に特に有効です。

しかしその場合、自分自身が殺人鬼に狙われることになります。そういう意味では上級者向けのテクニックではあるのですが、仲間を守るプレイも大事であることを覚えておくといいです。

自分が吊られたら合図を送る

Dead by Daylight 生存者プレイ画像

自分自身がフックに吊られたとき、仲間の生存者の位置が黄色オーラで見えるようになりますね。逆に仲間は吊られたプレイヤーは赤いオーラで見えます。

しかし、当然ながら仲間の生存者は殺人鬼の位置やお互いの位置関係は分かりません(パーク効果は除く)

そのため、もし殺人鬼が自分の近くにいるような時は味方にここはまだ危ないよ~」という合図を送ってください。

やり方は簡単です。

脱出動作を途中でキャンセルして手を上げ下げする

正式なルールではない(ローカルルールの状態)ので意図が通じないプレイヤーもいますが、ほとんどのケースでこの意味で使われています

メーター半分までは脱出動作ができるので、なるべく合図を送ることをおすすめします。

タゲ取りを練習していく

Dead by Daylight 生存者プレイ画像

実況動画を見ていると「タゲ取り」という言葉をよく聞くことがあると思います。

これは「ターゲットを取る」を略した言葉なのですが、生存者プレイ時のDbDではターゲットは”殺人鬼”となり、この殺人鬼を自分に注目させて行動管理することを指します。

DbDにおけるタゲ取りの基本的な方法は、板や窓枠を中心としたグルグル回りながらの追いかけっこになります。

ただ真っ直ぐ走って逃げるだけでは殺人鬼を振り切ることはできないので、タゲ取りしながら隙を見て殺人鬼の視界から逃れなければいけません。

ただ追いかけっこを続けてしまうと、今は殺人鬼がブラッドラスト(血の渇望)を発動してしまい足が速くなるので、障害物を駆使しながら次の立ち回り場所へ移動する必要があります。

視点移動を頻繁にするなどテクニックが必要ではありますが、生存率を高めるためには必須な技術なので失敗を繰り返しながら上達されることをおすすめします!



ゲームプレイ以外の小技

ここでは、ゲームプレイ時の操作や立ち回りに直接関わるわけではないのですが、しておいた方が有利になるような小技をご紹介します。

モニタを明るく調整する

monitor-image

デッドバイデイライトはホラーゲームですので、画面は比較的暗いです。しかし、暗いと遠くまで見通すのが困難でもあります。

オファリングを使うことで月明かりを変えることはできますが、ゲーム内ではむしろ生存者の方が不利になってしまいます。

そのため、モニタの明るさ(輝度)を調整しておくのも一つの手です。あと私は部屋の電気を消しています

但し、輝度を上げ過ぎて目が痛くならないようにご注意ください(笑)

ヘッドフォンを装着する

headphone-image

殺人鬼をプレイしている時の方がメリットは大きいのですが、生存者でプレイする時もヘッドフォンをしていた方が状況把握しやすいです。

各殺人鬼の発する音を少しでも聞き取れるようにするために、可能であればヘッドフォンの方が有効です。

スピーカーの音量を大きくするのでも問題ないですが、どうしても位置関係が分かりずらいのでその点は注意が必要です。

デッドバイデイライト関連記事