【アプリ】王道RPG特集 | おすすめスマホゲーム詳細レビュー【iPhone/Android】

ファンタジー

【2016/12/17更新】スマホゲーム・ソーシャルゲームアプリは日々多くのタイトルがリリースされていますが、日本ではなんと言っても「王道RPG」が最も人気のジャンルになっているのではないでしょうか。

王道RPGの定義は特にありませんが、「シナリオ」「クエスト」「パーティ」「バトル」「協力(フレンド)プレイ」などが充実したRPGを指すことが多いです。

本ページでは、全てiPhoneとAndroidに対応したアプリを実際にプレイして面白かったものをレビューしています。面白いゲームを探している方の参考になれば幸いです!

※本記事でオススメしているゲームは、全て管理人が実際にプレイしたものだけを厳選して載せています。スクリーンショットも無く、プレイもしていないのにアプリを勧めているブログが増えていますのでご注意ください。
また、ストアでランキング上位を占めている超大作はご存じの方も多いと思いますので今回外しています。

関連記事 【アプリ】私が遊んでハマったおすすめのスマホゲームBEST33選

王道RPG

セブンナイツ

価格 : 無料(アプリ内課金有)
ジャンル :リアルタイムターン制RPG
対応OS : iOS /Android

セブンナイツ ゲーム画面

最近テレビでCM(こじるりさん出演)を見ない日はないんじゃないかと言うほど話題の超大作RPG「セブンナイツ」です。リアルタイムターン制の戦闘システムを備えたRPGになっています。

ただ宣伝に力を入れているだけでなく、ゲーム自体への力の入れ方もハンパないものがあります。私も毎日遊んでいますが、全体的なクオリティが高い上に、スマホゲームとしての要素がてんこ盛りな上にバランスが上手く取られています

セブンナイツ ゲーム画面

セブンナイツという騎士が★7の最上級なのですが、★4スタートのキャラクターでも★6まで進化させられて充分戦力になったりと、キャラクターも豊富なので育てて強いパーティを作るRPGの醍醐味がしっかり備わっています。

戦闘自体は「リアルタイムターン制」となっていますが、各キャラクター自体は半自動で動きます。

RPGらしく、ちゃんとキャラクター毎に俊敏性(素早さ)があり、その俊敏性に応じた順番で攻撃をするようになっています。

セブンナイツ ゲーム画面

「セブンナイツ」の特徴としても挙げられている、各キャラクター毎のスキルは本当にド派手です!

しかも、各スキル毎にちゃんと個別の演出が用意されていて、新しいキャラクターを手に入れたらどんなスキルが使えるのかとワクワクします。

打撃系のキャラクターもいれば、魔法系のキャラクターもいるし、サポート系のスキルを持つキャラクターもいます。和・洋や人種問わず色んなジャンルのタイプがいるので、全然飽きないですね。

セブンナイツ ゲーム画面

スマホゲームのRPGでメインとなる「クエスト」も4種類存在します。ストーリーを楽しむ「冒険」や、アイテムを手に入れるための最上階を目指す「古の塔」、素材探しができる「SPダンジョン」に超強力な敵が登場する「レイド」バトルがあります。

初期ではこのように全て解放されている訳ではないので、順番に解放していきながらチャレンジできる親切な設計になっています。

他にもオンラインユーザー同士での対戦向け「バトル」も4つの種類が用意されているので、かなり盛り沢山な内容になっています。

ミッションも頻繁に達成できて報酬も序盤からたくさん手に入るので、普通に進めてれば課金しなくても11連ガチャを結構回せます。遊びやすい親切なゲーム設計になっているので、これはぜひ遊んで欲しい!とイチオシの一本です。

セブンナイツ
セブンナイツ
評価
料金:無料
運営元:Netmarble Games
AppStoreボタン
GooglePlayストアボタン

▲TOPへ戻る

サマナーズウォー: Sky Arena

価格 : 無料(アプリ内課金有)
ジャンル : コマンドバトルRPG
対応スマホ : iPhone / Android

サマナーズウォー:Sky Arena画面ショット

全世界5000万人が選んだ王道RPG」と言う謳い文句通り、世界中の人が遊んでいるスマホゲーム「サマナーズウォー:Sky Arena」です。王道RPGとしての基本を押さえている上に、大勢のプレイヤー同士が闘えるので全然飽きが来ない作りになっているRPGです。レビュー数もダントツですね。

自分自身は召還士となって、モンスターを使ってゲームを進めていきます。よくあるスマホゲームだと、手に入れたモンスターのレア度(★)はそのままですが、このゲームでは進化させてレア度を高められるのが特徴的です。

サマナーズウォー:Sky Arena画面ショット

そのモンスターが既に1000体近くいるのでコレクションを楽しむという遊び方もできます。なかなかガチャだと★5のモンスターでないんですが、むしろレアなキャラクターが簡単に出ない方が自然ですよね。しかも、★1のモンスターでもちゃんと★6まで育てることができますので、「課金はしないけど時間を掛けて強くしたい」というプレイヤーの希望も叶えてくれるのが素晴らしいです。

戦闘シーンはターン制のまさに王道。

3Dフルアニメーションで攻撃方法とターゲットとなる敵を選んでいくだけなので、戦闘自体もサクサク進みます。強くなっていけばアクションも派手になっていくので、育てて戦うRPGの真髄みたいなものも味わえます。

「アリーナ」というので全国のプレイヤーとバトルすることができるのですが、これに勝利すると名誉ポイントというものがゲットできます。これを貯めていけば課金するのと同等のアイテムと交換できるので、クエストでコツコツと強化していき、アリーナでライバルを倒せば充分に楽しめるのがいいですね。

サマナーズウォー:Sky Arena画面ショット

アップデートで「ワールドボス」が登場しましたが、自キャラ20体を選んでどデカイボスと戦わせるというのもまた面白いです。戦闘は自動なんですが、自分でチームを組んで強敵に挑ませるスケールの大きさを感じられます。

やり込んでいくと色々と要素が解放されて行きます。強くなったら強くなったで、ギルドバトルで全世界のライバルとやり合う楽しさがあります。やり込むほど面白さが滲み出てきますよ。

グローバルで遊ばれているゲームなため絵のタッチは少々洋風です。その点で取っつきにくいと思う方もいるかもしれませんが、スマホを持っているなら一度は遊んで欲しいほどオススメですよ!

サマナーズウォー: Sky Arena
サマナーズウォー: Sky Arena
評価
料金:無料
運営元:Com2uS
AppStoreボタン
GooglePlayストアボタン

▲TOPへ戻る

FINAL FANTASY Record Keeper

価格 : 無料(アプリ内課金有)
ジャンル : RPG
対応スマホ : iPhone / Android

finalfantasy-record-keeper-001

FINAL FANTASY」シリーズでどの作品が一番好きかと聞かれると、私は「FF III」と答えてしまうほど2Dグラフィックが好きでした。当時小学生だった私にとって、クリアするまで熱中して遊んだ初めてのRPGがそれでした(レベル99になると、最弱なはずの「たまねぎけんし」が一番強くなるという設定にも衝撃を受けました)

日本のRPG代表格であるFFシリーズを一番好きなRPGとして挙げる人も多いのではないでしょうか。そんな人におすすめしたいのが「FINAL FANTASY Record Keeper」です。

スクウェア(現スクウェア・エニックス)が社運を掛けて作ったとされる初代FINAL FANTASYが発売されたのが1987年です(「FINAL」と名前に付けたのは後付けらしく、FFと略せる英語を単に付けたかったようです)

finalfantasy-record-keeper-002

今も名残はありますが、初期のFFはクリスタルが物語の中心になることが多かったですね。そして、当時はファミコンだったので今みたいに3Dなんて無くて、ドット絵の2Dグラフィックが基本でした

また、最近のRPGやアドベンチャーゲームはキャラ設定がちゃんとされていて名前もありますが、当時のRPGは自分で名前を付けるタイプが多かったんです。いわば自分の分身を作るみたいなものです。

それとドット絵時代のFF1・3・5にはジョブという概念がありました(補足:1はクラスという名前でしたし、3Dになってからもジョブ概念を持つナンバリング作品はありましたが)。自分好みのジョブにチェンジさせてパーティを組むというのは当時画期的でした。ドラクエも3作目で職業が生まれましたし、ジョブチェンジの面白さは普遍的なものでした。

finalfantasy-record-keeper-003

そんな当時のジョブを彷彿とさせる「戦士」「モンク」「黒魔道士」「白魔道士」「竜騎士」などのジョブキャラクターをパーティに加えることができます

また、ジョブだけでなく、歴代のFFシリーズで感動を生んだキャラクター達も2Dドット絵になって登場します。「クラウド」「ライトニング」「セシル」「バッツ」など懐かしのキャラクターをパーティに加えることができるのも特徴的です。

それぞれ武器や防具を装備して強くしていくのですが、キャラクターごとの専用装備もあったりと、RPGの醍醐味である仲間を強くするのが楽しい作りになっています。専用必殺技も強力だったりするので、なんとかその装備を集めたい気持ちが出て来ますよ(笑)

finalfantasy-record-keeper-004

バトルはFFシリーズではおなじみのアクティブタイムバトルなので、慣れ親しんだ戦闘で思わず懐かしくなる人も多いと思います。2Dだとサクサク遊べるのもいいですね。

また、ストーリー面でもFFシリーズの過去作を懐かしむことができます。FFシリーズ全体の「想い出」を追体験することができる上に、植松伸夫氏が手掛けてきた音楽もスマホでまた聞けるのも魅力です。

オリジナルのFFスマホゲームも面白いですが、家庭用ゲームのFFを追体験できる本作はFFファン全員におすすめできるタイトルです!

FINAL FANTASY Record Keeper
FINAL FANTASY Record Keeper
評価
料金:無料【PR】
運営元:DeNA Co., Ltd.
AppStoreボタン
GooglePlayストアボタン

12オーディンズ

価格 : 無料(アプリ内課金有)
ジャンル : コマンドバトルRPG
対応スマホ : iPhone / Android

12オーディンズ タイトル画像

邪悪な竜と勇者オーディンズの末裔の物語という世界設定の王道RPG「12オーディンズ」です。2016年1月に配信が開始されたので、ちょうど今人気が出始めているスマホゲームです。

始めたきっかけなのですが、レビューを見ていたら「星○ラの上位互換のようだ」と言うコメントを見かけて、「それは言い過ぎやろ!?」と思ってプレイを始めました(笑)

RPGの肝となるバトルは、4人までのパーティを組んで自キャラのみを動かしながら仲間の職業に応じたスキルを駆使しながらモンスターなどの敵キャラを倒していくリアルタイムターン制コマンドバトルになっています。
12オーディンズ プレイ画面
武器や防具、またジョブ(職業)やキャラクタークリエイトなど、よくある王道RPGのような要素を備えています。また、スキルは100種類以上あって、マジックポイントのようなポイント消費型になっています。・・・あれ、このシステムってすごいにそっくり・・・!?(笑)

戦闘時は各キャラクターがフルアニメーションで動きながら、敵・味方がリアルタイムに入り乱れて戦います。装備を変えるときちんとキャラクターに反映されるので、レア度が高い武器を持って攻撃する様子は見ていてにんまりしてしまいます。

基本は主人公(自キャラ)のみ操作するのですが、戦士・僧侶・魔法使いなどのパーティ編成で戦闘の展開が変わってくるので、誰をパーティに入れるかをフレンドの手助けを得ながら考えていきます。

12オーディンズ プレイ画像

絵のタッチは可愛い感じで色使いがとても優しいです。いわゆる王道ファンタジーを地で行くスタイル。

クエストを進める際には、ほぼ毎回ドラマシーンを挟むようになっています。これがストーリーを理解するのによく出来ていて、テンポよく遊びたい人にとってはちょっとくどいかもしれないですが、RPGとしての基本が押さえられているのがいいですね。

また、このゲームは非常に丁寧に運営がされている印象を受けます。アップデート情報を見てみると、すごい細かいところまで丁寧に書かれているんですよ。ゲームアプリ内でここまで細かくアップデート内容を説明してあるゲームは珍しいですね。
12オーディンズ プレイ画面
「12オーディンズ」で私がもっとも好きなポイントが、主人公(自キャラ)を手塩に掛けて育てる楽しみがあるところなんです。職業も初めはあまり選べないのですが、Lv20を超えると上級職業に転職できて、複数職業を鍛えるとさらに強い職業に転職できます。

武器も豊富で、見た目もちゃんと反映されるんですよね。造形の作り込みがしっかりしているので、装備を選んでいるだけなのですがある意味着せ替えしているみたいな感覚を覚えます(笑)

同じクエストには4人まで同時参加できるので、オンライン要素もちゃんとあります。本当に上位互換並の面白さがあるオススメです。

12オーディンズ
12オーディンズ
評価
料金:無料
運営元:enish Inc.
AppStoreボタン
GooglePlayストアボタン





▲TOPへ戻る

ヴァルキリーコネクト

価格 : 無料(アプリ内課金有)
ジャンル : 王道RPG
対応スマホ : iPhone / Android

ヴァルキリーコネクト タイトル画面

王道RPGの名作となる可能性を充分に感じさせてくれるスマホゲーム「ヴァルキュリーコネクト」です。

5人パーティで繰り広げられるリアルタイムバトルが特徴のRPGになっています。

本作はハイファンタジーな世界が舞台となっています。練り込まれたストーリーとテンポよく展開されるバトルで、非常に遊びやすいRPGになっています。

ヴァルキリーコネクト プレイ画像

「ヴァルキュリーコネクト」は5人までのキャラクターを選んでパーティを組みますが、このパーティ構成が戦いの勝敗を分ける重要な要素になっています。

戦闘は5人までの味方3Dキャラクターが敵パーティと対峙する形で遭遇し、リアルタイムな攻撃が展開されていきます。

バトルをする上でのポイントが「陣形」になります。明確に陣形を組むわけではないのですが、キャラクターに「近距離攻撃」「中距離攻撃」「遠距離攻撃」の3つの属性に分かれていて、その属性に応じて立ち位置が変わります。

ヴァルキリーコネクト プレイ画像

よくあるRPGだと、どこに立っていても同じように攻撃を受けるのですが、本作は前衛に立っているキャラクターから先に攻撃を受けています。前衛はタフな奴じゃなければいけません。

そのため、クエストクリア時の評価が「星3つ(★3)」になるためには、どういうパーティを組むべきかをちゃんと考える必要があります。前衛になるキャラがレベルが高ければよいのですが、そうでなければ前衛を抜いて中衛で揃えてしまうのも作戦の1つです。

シナリオごとに「星3つ」評価を受ければ受けるほどボーナスも変わってくるので、全クエストを完全制覇したいという気持ちにさせてくれます。RPGっぽさがあっていいですね。

ヴァルキリーコネクト プレイ画像

また、15人でリアルタイムバトルを行うコネクトバトルというものがあります。他のオンライン上のプレイヤーが共闘を呼び掛けている時には、簡単な参加が可能になっています。

通常バトル時も、キャラクターごとにスキルも持っていますし、ゲージが溜まって発動できる「リミットバースト」が強力でド派手なのもアリですね。

ヴァルキリーコネクト プレイ画像

全キャラ☆5まで成長させることができますし、キャラのレベルだけでなく武器を装備させての強化もあるので、育成要素もしっかり作られている点も高い評価を受けているポイントです。

王道RPGはスマホゲームの中で最も人気のあるジャンルですが、本作は基本をしっかり押さえられていて遊びやすい仕上がりになっているので、長期的な人気作になることが期待されます

ヴァルキリーコネクト
ヴァルキリーコネクト
評価
料金:無料
運営元:Ateam Inc.
AppStoreボタン
GooglePlayストアボタン

▲TOPへ戻る

幻獣契約クリプトラクト

価格 : 無料(アプリ内課金有)
ジャンル : コマンドバトルRPG
対応スマホ : iPhone / Android


スマホで遊べるライトノベル(小説)のようなゲーム、それが「幻獣契約クリプトラクト」です。

ゲームシステムは王道RPGなのですが、全ての作り込みがかなりの高レベルでしっかりされています。はっきり言って、スマホゲームでここまでクオリティを追求しているゲームってなかなか無いと思います。

ストーリーの神秘性、ウィット(機知)に富んだセリフの言い回し、キャラクターの描写の緻密さ、RPGとしての戦闘の完成度の高さ、ピアノを基調とした音楽の心地よさ。

それらが全て高いレベルで実現されていて、ゲームそのものの崇高さを演出しています。

RPGとしての戦闘は、味方パーティと敵たちの戦いを横視点で繰り広げられます。システムとしてはターン制で、基本的な攻撃をベースに「スキル」を時には発動させながら敵のHPを削っていきます。

攻撃時はアニメーションがありながら、テンポよく戦闘が進んで行きます

スキルを発動すると、ド派手なエフェクトと共にキャラクタースキル特有の映像が流れますので、結構気持ちいいです。特に連撃系のスキルは、ダメージが何度も蓄積されるので見てて気持ち良いんですよ。

無より出で、有を無に変え、己もまた無に帰す

これはゲーム序盤で見られるセリフですが、よくあるスマホゲームでこんなセリフはお目にかかれません。ライトノベルのような小説特有の知的な言い回しですよね(あとはファンタジー系の家庭用ゲームでもありますね)

取って付けたようなストーリーではなく、しっかり練り込まれたシナリオの上に考え抜かれた脚本があるゲームなので、それを楽しむだけでもこのゲームの価値は十二分にあると思います。

ぜひ、セリフ一つ一つの言葉の使い方を見てもらいたいです。サウンドノベルが好きな私が、スマホゲームのセリフの言い回しでハマるとは思いもしませんでした(笑)

幻獣契約クリプトラクト
幻獣契約クリプトラクト
評価
料金:無料
運営元:Bank of Innovation, Inc.
AppStoreボタン
GooglePlayストアボタン





▲TOPへ戻る

ユニゾンリーグ

価格 : 無料(アプリ内課金有)
ジャンル : MMORPG
対応スマホ : iPhone / Android

ユニゾンリーグ タイトル画像

横視点のリアルタイムターン制RPGなのですが、MMO要素が強いゲームという一風変わったRPG「ユニゾンリーグ」です。

何が一風変わっているのかというと、タイトルに「ユニゾン(調和、一致)」と言う言葉が使われている通り、他のプレイヤーとユニゾンすることで強力な必殺技を繰り出せるバトルになっている点なのです。

また、オンラインリアルタイムのRPGですが操作が簡単ということで、気軽に遊べるMMOとして高い評価を得ています。

戦闘シーンを見てもらえば分かる通り、通常のクエストだと自パーティが右側に立っている横視点のバトルRPGです。パーティは5人なのですが、ここで面白いのがどこのクエストを選んでも同時に遊んでいるプレイヤーを探して一緒に参加できるところなんです。

戦闘自体はリアルタイムターン制で行われますが、先ほども述べたユニゾン要素が新しい!

バトルが進んで行くと「UNIZONメーター」が溜まって行き、100%になるとパーティ全員のスキルを発動させた強力必殺技「ユニゾンアタック」を発動できます。ちょっと演出が長めではありますが、迫力の演出で大ダメージを与えることができるので爽快感を覚えます。

キャラクターを作り込んで、色々な武器や装備を手に入れて成長させていく楽しみがあるのはもちろんなのですが、最大20人でリアルタイムに戦うギルドバトルもまた白熱します。

10人対10人でリーグバトルを繰り広げるのですが、全員がリアルタイムに参加してチーム戦をするのってかなり燃えます。自分一人で戦うオンラインバトルも面白いのですが、チームという仲間の影響もあるバトルもまた燃えてきます。

チームプレーが要求されるので定型文や感情でコミュニケーションが取れるので、一体感を得られるんですよね。友達同士で遊ぶならギルドを作って、どこまで上を目指せるかにトライするのも面白いかもしれません。

ユニゾンリーグ
ユニゾンリーグ
評価
料金:無料
運営元:Ateam Inc.
AppStoreボタン
GooglePlayストアボタン

▲TOPへ戻る

戦乱のサムライキングダム

価格 : 無料(アプリ内課金有)
ジャンル : 歴史RPG
対応スマホ : iPhone / Android

戦乱のサムライキングダム プレイ画像

スマホゲームとしては運営歴の長めな作品になりますが、このドット絵が好きで遊んでしまう歴史RPG「サムライキングダム(通称:サムキン)」です。

主に戦国時代の武将が登場するRPGなのですが、各キャラクターは美麗なグラフィックで登場します。が、私が気に入っているポイントはそこではないんです。

戦闘時のキャラクターが「ドット絵」であることです。

戦乱のサムライキングダム プレイ画像

最近の家庭用ゲームはほとんど3Dなので馴染みが薄いと思いますが、ファミコンやスーファミ時代を彷彿とさせる2Dで描かれたドット絵のキャラクターが動く様子が見ていて楽しいんです。

サムキンでのバトルは横視点型のリアルタイムターン制になっています。自軍は5人パーティで敵軍に挑むのですが、敵はイラストなのに対して自分たちはドット絵なんです。なにこの不思議な感じ(笑)

相手陣もザコ敵だとイラストが小さいのですが、ボス的な武将はイラストが大きいので、この画面内の整合性が取れていない感じがかつてのRPGを彷彿とさせて面白いんですよね。

戦乱のサムライキングダム プレイ画像

サムキンはMMO要素が強いことも特徴的で、「共闘」がしやすい作りになっています。根強いファンが多いこともあって、結構色んな人が一緒に戦ってくれます。

また、「全力解放」というポイントが溜まると発動できる必殺技があるのですが、これを他のキャラクターと同時に発動することでより強力な必殺技にすることができます。

発動時に属性を選択できるのですが、同じ属性で全力解放した武将がいると「武心共撃」と言ってさらにド強い超必殺技になります。これがまた気持ちいいんです。

戦乱のサムライキングダム プレイ画像

サムキンではこういうドット絵のキャラクターもどんどん進化させてカッコイイものにすることができるのですが、コラボが多いのも特徴的なんですよね。

過去には「進撃の巨人」や「NARUTO」とコラボし、手に入れられればそのキャラクターをドット絵で活躍させることができます。

少々アプリとしての作りが古くさい部分もあるのですが、ドット絵で動くRPGがどう面白いのか気になった方はぜひ遊んでみてください。サムキンの目玉とも言われている「合戦」は40人同時対戦というスケールなので、これもぜひ体験してみてもらいたいです。

戦乱のサムライキングダム
戦乱のサムライキングダム
評価
料金:無料
運営元:Mynet Games
AppStoreボタン
GooglePlayストアボタン

▲TOPへ戻る

ワールドクロスサーガ

価格 : 無料(アプリ内課金有)
ジャンル : タイムマネジメントRPG
対応スマホ : iPhone / Android

ワールドクロスサーガ タイトル画像

時を思考する対戦RPG」として、RPGにおけるバトルの新機軸を打ち出している王道ファンタジー「ワールドクロスサーガ(通称:ワクサガ)」です。

タイムマネジメントバトルシステム」という新しい戦闘スタイルを採用している本作は、一般的なRPGでよく採用されるリアルタイムターン制とは大きく異なります。

ワールドクロスサーガ プレイ画像

従来のRPGバトルだと、素早さが早いキャラクターが先に攻撃するというのが常識でしたが、ワクサガでは素早さが早くても先に攻撃できるとは限りません

と言うのも、1回のターンの中でタイムラインが6つに分かれていて、どのタイミングで自キャラのターンにするかを選んでいくんです。どの攻撃を繰り出すか、パネルをスライドさせて選んでいきます。

普通に考えると、「先に攻撃した方が有利なんじゃないの?」と思いますよね。

ワールドクロスサーガ プレイ画像

ワクサガが面白いのが、この6カ所の攻撃タイミングにボーナス要素やマイナス要素が割り当てられることがあること。ですので、ボーナス要素を狙いつつマイナス要素は避ける。場合によってはマイナス要素でも敢えて先に攻撃することを選ぶ。そういう戦略性が必要になってきます。

よく、「新しいことやるのに難しいことを考えすぎてつまらなくなっている」ゲームを見かけますが、それとは違ってワクサガは上手くこのバトルシステムを面白いものに作り上げています

ワールドクロスサーガ プレイ画像

特に「共闘バトル」だと、その面白さが如実に表れます。3人でパーティを組みますが、1人1キャラなんですね。1回のターンで自分がどんな行動をすればよいか、結構真剣に考えさせられます。なんだか妙に他の人の迷惑になりたくない気持ちが出て来るんですよ(笑)

闘技場」もあるので、リアルタイムバトル (PvP) で他のプレイヤーと実力勝負ができるのもいいですね。

ワールドクロスサーガ プレイ画像

また、育成システムが「マテリアルボード」というもので、このボードに入手した色々な効果を持つマテリアルをはめ込んで行く仕組みになっています。これ、家庭用ゲームのRPGだと見かけますが、はめ込んでボードを完成させる達成感が味わえるので私は好きですね。

基本キャラクターは3Dなのですが、2D(平面)で描かれたキャラクターも見られるのがちょっとツボでした。また、本作の音楽はパズドラやロマサガシリーズを手掛けた方が監修されているので、BGMにも力が入っています。

ワールドクロスサーガ
ワールドクロスサーガ
評価
料金:無料
運営元:AXEL GAME Entertainment Inc.
AppStoreボタン
GooglePlayストアボタン

ドラゴンスラッシュ

価格 : 無料(アプリ内課金有)
ジャンル :リアルタイムターン制RPG
対応OS : iOS /Android

ドラゴンスラッシュ タイトル画像

ド派手なRPGとしては実はこちらの方が先行してリリースされて人気を博しているんですよね。王道ファンタジーRPGの「ドラゴンスラッシュ」です。

日本のデベロッパー作品でないため絵のタッチが若干洋物テイストではありますが、400体の仲間が存在しカッコイイキャラや美人キャラ、ごついおっさんに謎の種族まで幅広くいます。

ドラゴンスラッシュ プレイ画像

2D横視点のリアルタイムバトル式の戦闘タイプになっていて、仲間でパーティを組んで冒険を進めていく王道RPGになっています。

仲間自体もレベルアップをしていきますが、装備を身に付けさせたり衣装を変えたりすることで強化していくのですが、衣装の数がハンパないほどの種類があります。

女性キャラのセクシー度はかなりのものがあります。どうして衣装ってビキニタイプのものが多いのでしょうか、不思議です(笑)

ドラゴンスラッシュ プレイ画像

「ドラゴンスラッシュ」は日本では2016年5月にリリースされていますが、ド派手なRPGとしては先行して進化していて派手さは目を見張るものがあります。

戦闘自体がサクサク進んでいくので、仲間が次から次へと派手な攻撃をかましていくので画面がエフェクトだらけになることも結構あります。絵自体も綺麗なのですが、攻撃エフェクトも綺麗で見ていて飽きず、爽快感がすごいです

強い仲間をゲットし、さらに強化していくとダメージ数もどんどんインフレしていって1回で何十万と与えることができるので、自分自身も強くなった気がして楽しくなってきます。

ドラゴンスラッシュ プレイ画像

RPGでは色々なモードを設けることで遊びの幅を広げていることが多いですが、「ドラゴンスラッシュ」はその辺の充実度合いもすごいです。

サバイバルモードの「ラビリンス」や非同期の対人戦「アリーナ」、リアルタイムの対人戦「ギルドバトル」や強大なボスを倒す「レイド」「ワールドボス」などがあります。

ランキング要素があるので、オンライン上の他のプレイヤーと競い合い楽しさがあるのがいいですね。また、「ドラゴンバスター」という超強力なロボットを扱えるようになるとさらにド派手になります。

日々色々と新しい要素も実装されていますので、長く遊べるRPGであるのは間違いないと思いますよ。こちらのド派手なRPGもおすすめです。

ドラゴンスラッシュ
ドラゴンスラッシュ
評価
料金:無料
開発元:GAMEEVIL
AppStoreボタン
GooglePlayストアボタン

▲TOPへ戻る






▲TOPへ戻る

乖離性ミリオンアーサー

価格 : 無料(アプリ内課金有)
ジャンル : キャラクターコマンドRPG
対応スマホ : iPhone / Android

乖離性ミリオンアーサー タイトル画像

100万人のアーサー王と100万本のエクスクリバーが存在するブリテンを舞台にしたファンタジーRPG「拡散性ミリオンアーサー」はサービスが終了してしまいましたが、その時代設定と同じ時代とされる世界を舞台にしたRPG「乖離性ミリオンアーサー」です。

公式紹介では「キャラクターコマンドRPG」とされていますが、実際のゲーム性としてはオンラインマルチ対応の「カードバトル型RPG」です。

乖離性ミリオンアーサー プレイ画像

ミリオンアーサーでお馴染みの「アーサー」は、今回4種類用意されています。傭兵アーサー、盗賊アーサー、富豪アーサー、歌姫アーサーの4人が用意されていますが、それぞれ攻撃型・サポート型と特徴が設定されています。

先ほども述べた通り、「カードバトル型RPG」です。そのため、プレイヤーはカードを集めていくことになるのですが、そのカードは上記の4人のアーサーで適しているものが分かれています。「4つのタイプのカードがある」と考えてもらうと分かりやすいと思います。

乖離性ミリオンアーサー プレイ画像

プレイヤーは10枚のカードをデッキに組み込み、選択したアーサーの特徴に合わせた役割を果たしながらバトルに挑んでいきます。TCG(トレーディングカードゲーム)を彷彿とする設定がカードにされていますので、より強いカードを集める面白さがあります。

バトルでは4人が協力して戦っていきます。序盤はCPUの仲間と共に戦うことが多いですが、進んで行けば同じクエストに挑む他のプレイヤーと協力プレイができます。

乖離性ミリオンアーサー プレイ画像

同じ属性で攻撃したときに発生する「チェイン攻撃」なども発動可能です。また、アーサーごとに特徴が異なるので、自分がどういう役割を果たせばよいのか、カードバトルならではの戦略的な戦い方が楽しめます。

登場するキャラクターの絵のタッチも幅広いので、カードコレクションする楽しさもポイントの1つです。

乖離性ミリオンアーサー
乖離性ミリオンアーサー
評価
料金:無料
運営元:SQUARE ENIX Co.,Ltd.
AppStoreボタン
GooglePlayストアボタン

▲TOPへ戻る

空と大地のクロノスノア

国内スマホゲーム大手のAimingが運営するRPGなのですが、グラフィックが世界向けを意識した雰囲気になている異色作「空と大地のクロスノア(通称:ソラクロ)」です。

Aimingと言えば「剣と魔法のログレス」の開発元として有名ですが、そういった日本風のグラフィック・キャラクターではなく海外仕様になっているのが特徴的です。

フル3Dで描かれるグラフィックは綺麗で、バトルの合間にフルCGのシーンが挿入されていたりと、RPGとしてのストーリーの面白みが感じられるつくりになっています。

敵のターゲット決めや通常攻撃は自動で行われ、スキルは自動で発動させるセミオートタイプのバトルシステムになっています。ただ、このゲームでのバトルの最大の特徴が「カメラアングル」になります。

プリセットされたカメラアングルも用意されていますが、360°好きな視点にアングルを変更することもできます。上のスクリーンショットは敵側視点にしたものになります。敵が主人公たちにやられる気持ちを味わえるカメラアングルは斬新すぎますよ(笑)

空と大地のクロスノア
空と大地のクロスノア
評価
料金:無料
運営元:Aiming Inc.
AppStoreボタン
GooglePlayストアボタン




▲TOPへ戻る

PS4/PS3 関連記事
スマホゲーム関連記事
スポンサーリンク

新着記事のお知らせ

もぐ
30代半ばの1児の新米パパ。5歳からファミコンを始めて今では立派なおっさんゲーマー。ネットワークなどのITインフラ全般、WEBシステム系の開発やディレクション、データ分析など色々やってるエンジニア。 当ブログ【時機到来】はおかげさまで毎月100万回以上読まれています。 お問い合せはこちら
 

関連記事