【アプリ】私がハマった無料で遊べるおすすめの人気スマホゲーム独自ランキング【iPhone/Android】

【2017/2/19更新】スマホが登場してから数多くのスマホゲーム(ソシャゲー)をインストールして遊んで来ましたが、今はさらにパワーアップさせて256GBのスマホをフル活用して日々プレイしています。

そんなゲームマニアの私が実際に遊んで面白いと太鼓判を押すスマホゲームアプリを厳選しておすすめしたいと思います!人気が上がっているものから、これから高評価を得ることが予想されるものまで幅広く揃えてみました。

全てiPhoneとAndroidに対応したアプリを紹介していますので、面白いゲームを探している方の参考になれば幸いです!

※本記事でオススメしているゲームは、全て管理人が実際にプレイしたものだけを厳選して載せています。スクリーンショットも無く、プレイもしていないのにアプリを勧めているブログが増えていますのでご注意ください。
また、ストアでランキング上位を占めていてCMもバンバン流れる超大作はご存じの方も多いと思いますので今回外しています。

独自ランキングBEST30

当ブログでは今まで100本以上のスマホゲームを紹介してきましたが、その中でも上位30位にオススメしておきたいスマホゲームをランキング形式でご紹介します!

面白さ」「リリース時期」「継続性」「隠れた名作度」を評価ポイントとして、厳選に厳選を重ねて選びました。なるべく有名どころは外そうと思いましたが、それでもおすすめしたいものは一部ランキングに入れていますのでご了承ください。

第1位:HIT – ヒット

HIT - ヒット プレイ画像

すべての一撃が、美しい。」というキャッチフレーズで最近よくCMを見かけることも多い、全世界で人気のアクションRPG「HIT – ヒット」です。

このゲームの何がすごいって、グラフィックがめっちゃ綺麗でヌルヌル打撃感が爽快なアクションRPGという点です!

PlayStation4などのゲームでも使われているゲームエンジン「Unreal Engine 4」を採用しているので、スマホゲームとは思えないほど細かな描画がされています。4人から主人公を選べるんですが、女性キャラがめちゃ可愛いんですよ…(笑)

操作性もよく、アクションも簡単なので、打撃感のある攻撃を繰り出しつつスキル発動による爽快感があります。スタイリッシュアクションと謳っているだけのものがありますね。

最大5人で戦えるリアルタイムマルチプレイなど各種モードを備えており、アクションRPGおなじみのMMO要素もバッチリです。グラフィックが綺麗な分、容量はそれなりに必要なのは注意点ですが、本作は今一番ホットなアクションRPGではないでしょうか!

HIT - ヒット
HIT - ヒット
評価
料金:無料
運営元:NEXON Company
AppStoreボタン
GooglePlayストアボタン

第2位:12オーディンズ

12オーディンズ プレイ画面
某シリーズものRPGの上位互換とも言われるほど評価が上がっている王道RPG「12オーディンズ」です。主人公をじっくり育てていく面白さは、他のスマホRPGに全く負けていません。

主人公は職業を選択し、様々な武器を装備して強くなっていきます。もちろんRPGでおなじみのレベルアップもします。

職業を極めていくとさらなる上級職に転職でき、身に付ける装備によって強さだけでなく見た目もカッコ良く反映されます

ストーリーもイベントクエストも、4人までのパーティを組んでマルチプレイが可能です。まさに主人公を育てるという王道RPGの基本が詰まった一本です。

戦闘システム、キャラクター育成、武器や装備の豊富さ、グラフィックの安定感、王道ストーリー、と全てにおいてRPGの良いところがバランスよく詰まったイチオシのRPGです!

12オーディンズ
12オーディンズ
評価
料金:無料
運営元:enish Inc.
AppStoreボタン
GooglePlayストアボタン


12オーディンズ 紹介パート

第3位:War and Order

War and Order プレイ画像

ストラテジーゲームは数あれど、ここまで遊びやすさが追求されていてクオリティが高いものはないと思っています。今熱中して遊
んでいるのが「War and Order」です。

本作は中世をベースにファンタジー要素も加わった、本格的なストラテジーゲームになっています。施設を建てて強化をし、兵士を募集して訓練し、城を強化していくという要素は王道そのものなのですが、何より本作はめっちゃ遊びやすい!!

丁寧にガイドしてくれるので次に何をすればよいか分かりやすく、同盟内でのヘルプも簡単にできる工夫がされています。マップもオブジェクトも全て3Dで描かれていて、自分の国が大きくなっていくワクワク感があるんです。

他国や魔物との戦いの様子も、シミュレーションゲームさながらに3D描写でリプレイが見られるようになっています。戦闘した様子も臨場感があるので、一国の主としての当事者意識がちゃんと得られます。

ストラテジー系は各運営によってジャンルの定義が異なったりするものですが、「War and Order」はストラテジーでもあり、シミュレーションでもあり、MMORPGでもあり、総合的なバランスがメチャクチャいいゲームです。年末にじっくり遊べるゲームを探している方には絶対にオススメです!!

War and Order
War and Order
評価
料金:無料
運営元:Camel Games
AppStoreボタン
GooglePlayストアボタン


War and Order 紹介記事

第4位:ソウルリバース ゼロ

soul-revers-zero-001

セガの最新作スマホRPG「ソウルリバース ゼロ」を、今熱いおすすめのゲームとして挙げさせてもらいます!2016年11月下旬にリリースされたばかりなのですが、あまりにクオリティが高いので上位に位置付けさせてもらいました(笑)

平穏だった世界が突如赤い文字(コード)へと変えられてしまう脅威に襲われるのですが、その世界を主人公が英雄を従えて救うという、王道RPGのストーリー設定になっています。

量産型のスマホRPGだとシナリオ部分が弱かったりするのですが、本作は非常に練り込まれた重厚なシナリオとフルボイスで展開されるストーリー、そしてテンポのよい会話と全体的な質が高いです。

また、私がもっともオススメするスマホゲームとして挙げる理由の一つが、細かく描写されたキャラクターと3Dグラフィック、そして家庭用ゲームのような洗練されたRPGバトルです。

リアルタイム制バトルなのですが、随所に発動するスキルでコンボを重ね、英雄ごとに異なる最終奥義の演出がカッコいいんです!(ただ、今は通信エラーが多めで評価が落ちてしまっていますので、その点だけはご注意を!)

ソウルリバース ゼロ
ソウルリバース ゼロ
評価
料金:無料
運営元:SEGA CORPORATION
AppStoreボタン
GooglePlayストアボタン

第5位:ホウチ帝国

なにもかも放置しておけば勝手に進めてくれる異色のRPG「ホウチ帝国」です。

リリース前からどれだけ放置していいのか話題を呼んでいましたが、実際に遊んで見ると本当に「ただ放置するだけ」のゲームでした(笑)

放置するのはメインのクエスト部分で、敵との戦いは勝手に進めてくれます。放置して14時間過ぎたのが上の画像の一番右ですが、1687回勝手にバトルしてくれていました(笑)アプリを開いたらめっちゃアイテムが手に入っていて、不思議と嬉しい気持ちになれたのが面白いですね。

バトル部分はビジュアルもないテキストだけの非常にシンプルなものです。30年近く前のPC-98で遊んだ文字ばかりのRPGを思い出します。

これだけ聞くと何が面白いのかと思われるかもしれませんが、放置して得られた装備やお金を使ってキャラクターを強くするのがなんか面白いんですよね。タダで手に入れたものを使ってる気分になれて(笑)

初めはあまりの簡易さにつまらないと思ったものですが、妙な中毒性があります。一度放置してみると分かるはずです!

ホウチ帝国
ホウチ帝国
評価
料金:無料
運営元:Glee Games, Inc. / Hideki Sekizawa
AppStoreボタン
GooglePlayストアボタン


ホウチ帝国 紹介パート

▲目次へ戻る

第6位:HIDE AND FIRE(ハイド アンド ファイア)

HIDE AND FIRE プレイ画像

スマホゲームで遊べるガンシューティングという新たなジャンルを切り開いた作品「HIDE AND FIRE(ハイド アンド ファイア)」です。

FPSやTPSといったジャンルはPCや家庭用ゲーム機では人気が高いですが、スマホでは照準を合わせるのが難しいためかあまりアプリが出て来ませんでした。

しかし、本作はそんな課題を感じさせない快適な操作性のシューティングが楽しめるようになっています!

HIDE AND FIRE プレイ画像

自キャラを斜め後ろから見下ろす形のTPS(サードパーソンシューティング:3人称視点)で、基本的には物陰に隠れて(HIDE)、照準を合わせて銃弾を発射(FIRE)するゲーム性になっています。

ハンドガンで撃つだけの単純なものではなく、アサルトライフルやスナイパーライフル、手榴弾やロケットランチャーと様々な武器が用意されています。兵士だけでなく戦車や軍事ヘリを破壊することもあり、戦闘の幅も広いのが特徴的です。

最大4人で協力プレイをしたり、PvPで「1対1のタイマン勝負」や「2対2のチーム戦」もできます。プレイヤーのテクニックが要求されるので、上手くなってやろうという気持ちが芽生えてしまい、ついつい熱中してしまう大作アプリです。

HIDE AND FIRE(ハイド アンド ファイア)
HIDE AND FIRE(ハイド アンド ファイア)
評価
料金:無料
運営元:NEXON Co., Ltd.
AppStoreボタン
GooglePlayストアボタン

第7位:#コンパス 【戦闘摂理解析システム】

#コンパス プレイ画像

ニコニコ動画が全面協力して作られた3人称視点のマルチプレイゲーム「#コンパス【戦闘摂理解析システム】」です。家庭用ゲームではFPSやTPSといったジャンルが人気ですが、これはスマホで遊べるTPSだと思ってもらえば分かりやすいですね。

ゲーム性は基本マルチプレイ前提の、3対3のTPS(Third Person Shooting:3人称視点シューティング)です。現時点では10人のヒーローの中から選択して、手に入れたスキルを選んで装備してバトルに挑みます。

1試合は3分で各マップ上に配置された5つのポータルをどちらが先に制圧するかというルールになっています。コメントを選ぶとニコニコ動画風に文字が画面上に流れたり、ボカロ(ボーカロイド)の曲が流れたりとかなり雰囲気が出ています。

シューティングというよりアクションゲームの方がジャンル的には近いですが、Splatoonにハマった人は本作も絶対ハマると思います。移動や攻撃の操作性もよく、マッチングもあっという間でストレスなく、オンラインで遊ぶ3人vs3人のマルチプレイはめっちゃ面白いです!

ただ、グラフィックやマルチ処理など負荷が高いアプリなため、特にAndroid端末だとスペックが足りないとキツイ気がします。実際にインストールして試してもらえば分かりますが、その点はご注意ください!

#コンパス【戦闘摂理解析システム】
#コンパス【戦闘摂理解析システム】
評価
料金:無料
運営元:NHN PlayArt Corp.
AppStoreボタン
GooglePlayストアボタン

第8位:ヴァルキリーコネクト

ハイファンタジーな世界が舞台となった王道RPG「ヴァルキリーコネクト」です。

練り込まれたストーリーとテンポよく展開されるバトルは遊びやすさを追求された結果と言える仕上がりになっています。

リアルタイム性バトルではスキルを駆使し、ゲージが溜まったら発動できるリミットバーストの超強力攻撃で敵を蹴散らします。キャラクターも作り込まれており、育成する楽しさが盛り込まれています。15人でリアルタイムバトルを行うコネクトバトルもあり、王道RPGとしての要素は充分です。

王道RPGとしての目新しさは少ないですが、これだけしっかり作られていると長期で人気が出る大作になる可能性が高いと感じました。気になった方は早めに始めて欲しいスマホゲームです!

全キャラ最高レアリティまで成長させることができ、武器や防具でキャラを育成する点などRPGの重要要素もきちんと押さえています。

最近の新作RPGは特徴を出そうとしてシステムが複雑化することがありますが、本作はゲーム性をシンプルにしながらも丁寧な作りになっていて遊びやすくなっています。評価もかなり高いので、RPGが好きな方全てにオススメできるタイトルです。

ヴァルキリーコネクト
ヴァルキリーコネクト
評価
料金:無料
運営元
AppStoreボタン
GooglePlayストアボタン


ヴァルキリーコネクト 紹介パート

第9位:ライバルアリーナVS

rival-arena-001

同時ターン制バトルゲーム」という新たなジャンルを打ち出した、新感覚のスマホゲーム「ライバルアリーナVS」を今熱いタイトルとして挙げさせてもらいます!

ボードゲームとカードゲームのいいとこ取りをしたようなゲーム性なのですが、自陣・敵陣ともに3×3のマス目にコマ(ヒーローやクリーチャー)を配置します。TCGによくある、左上に攻撃力、右下にHPが書かれているのでカードみたいな感じですね。

盤面上には3体まで配置できるのですが、同一直線上にいる相手にターン毎に攻撃を加えます。この時、相手キャラがどこに移動するかを予測しながら、自分のコマを動かします。これが「同時ターン制バトル」と呼ばれる所以(ゆえん)になります。

そしてここで重要なのが、各ヒーロー・クリーチャーには「グー・チョキ・パー」という分かりやすい属性が付いています。そのため、相手の動きを推測するときにはこのじゃんけんの優劣も考えなきゃいけないんです。

こうやって書くとなんだか複雑なゲーム性のように感じてしまうかもしれませんが、やっているうちにすぐ慣れますし、対戦の時にヨミが当たった時は本当に気持ちいいんです!かなり斬新ながら作りがしっかりしているので、評価も非常に高いです!

ライバルアリーナVS
ライバルアリーナVS
評価
料金:無料
運営元:SuperAppli,Inc.
AppStoreボタン
GooglePlayストアボタン

第10位:オーシャン&エンパイア

オーシャン&エンパイア プレイ画像

大航海時代が舞台の新作ストラテジーゲーム「オーシャン&エンパイア」は、後発がゆえの質の高さを追求しているハイクオリティなゲームになっています。

遊んでみて非常に驚いたのが、グラフィックの美麗さと遊びやすいUI(ユーザーインターフェース)、そして親切なガイダンスです。今までの洋ゲーによくある投げっぱなしの違和感がまったくありません。絵のテイストは洋物ですが、遊んでいる感覚は国産アプリと勘違いしてしまうほどです。

海が舞台のストラテジーゲームはこれまでもありましたが、本作は帝国を築き、帆船を建築し強化、兵隊を育成して、海上に存在する巨大な魔物を退治したり他国を攻撃するなどのゲーム性になっています。

随所に挿入されるCGムービーや帝国内を歩く人の姿を見ていると、自分の帝国が実際に存在しているような感覚を得られます。人が動く様子がちゃんと描画されているタイトルって少ないですからね。

美麗」「操作しやすい」「進めやすい」「魔物を倒せる」「人が動く」と特徴が多く、マジなユーザーレビュー(サクラっぽくない)が多めなのにも関わらず高い評価を得ています。ストラテジーゲームの面白さが理解できずプレイをやめてしまった方でも、これはプレイしてみて欲しいです。めっちゃ遊びやすいですよ!!

オーシャン&エンパイア
オーシャン&エンパイア
評価
料金:無料
運営元:JOYCITY Corp.
AppStoreボタン
GooglePlayストアボタン





▲目次へ戻る

第11位:オルクスオンライン

オルクスオンライン プレイ画像

こちらもMMORPGとして長く遊ばれているアソビモのアプリ「オルクスオンライン」です。

他のMMORPGと比較して特徴的なのが、アクションの連続性がとてもスムーズなところです。ビシバシ攻撃を決めてダメージを与えていく様子は、アクションゲームの醍醐味である爽快感を味わえます。

MMORPGならではの他プレイヤーとの共闘が楽しめるのはもちろんなのですが、なんと言っても「オルクスオンライン」では対人バトルが可能なのが大きいポイント。

自チームと敵チームに分かれて3D空間でバトルロワイヤルが楽しめるゲームはなかなかありません。やっぱりオンラインの対人はかなり白熱するので、未体験の方にはぜひ試してもらいたい要素です。

オルクスオンライン
オルクスオンライン
評価
料金:無料
運営元:Asobimo, Inc.
AppStoreボタン
GooglePlayストアボタン

第12位:誰ガ為のアルケミスト

誰ガ為のアルケミスト プレイ画面

スマホゲームとは思えない超美麗グラフィックの本格タクティクスRPG「誰ガ為のアルケミスト」です。

このゲーム、遊んでもらえば分かりますが、家庭用ゲーム機向けなのかと思わされるほど気合が入った作品になっています。

随所に挿入されるムービー、アニメ、フルボイスで進むストーリー、そして完全3Dで描かれるバトルシーン。どれ1つ取ってもレベルが高い仕上がりになっています。

バトルは斜め見下ろし視点のタクティクス要素の強いものになっています。マス目で区切られた高低差のあるマップで、キャラクターを動かしながら攻撃をしていきます。ジョブによっては近接戦闘ではなく、中距離・遠距離を得意とするキャラもいるので、どういう立ち位置で戦うのかを考える思考性の高い内容になっています。

スーファミ時代の某タクティクスRPGが好きな方は、きっと気に入るゲームだと思います。ただ一つ難点なのが、超気合が入りまくったゲームがゆえにダウンロードファイルも多めなので、その点だけはご注意ください。

誰ガ為のアルケミスト
誰ガ為のアルケミスト
評価
料金:無料
運営元:gumi Inc.
AppStoreボタン
GooglePlayストアボタン

第13位:ひめがみ絵巻

himegami-emaki-001

姫神」という色んな個性がある女の子の神様と一緒に突き進めるRPG「ひめがみ絵巻」です。

こういう女の子(?)が登場するゲームだと個性が重要になってくると思うのですが、初めに遊べる3人の個性がバラバラ過ぎるのにまず衝撃を受けました(笑)

基本的なゲームシステムとしては王道RPGになります。横視点でほぼオートで繰り広げられるバトルものになっています。

本作の特徴的なポイントが「ポジションちぇんじバトル」というもの。戦い自体はオートなのですが、戦況に応じて戦いを一時停止し、前衛と後衛のキャラを入れ替えた戦略的な遊び方ができる点です。

姫神ごとに異なる様々なスキルを駆使して戦うのですが、なんといってもアプリがめっちゃ軽い点は特筆すべき点として挙げさせてもらいます。

最近は容量も多く重たいアプリも多いのですが、本作はかなりサクサク遊べます。想像以上の軽さなので、ストレスなく遊べるゲームを探している方にはぜひオススメしたいゲームです。

ひめがみ絵巻
ひめがみ絵巻
評価
料金:無料
運営元:Aiming Inc.
AppStoreボタン
GooglePlayストアボタン

第14位:三国大戦スマッシュ

三国大戦スマッシュ ゲームプレイ画像
三国志が舞台の引っぱって弾く系のゲーム「三国対戦スマッシュ」です。ゲーム性自体はいわゆるひっぱりアクションゲームですが、後発だけあって非常に研究して作られている印象を受けました。

本作はその名の通り三国志が舞台なので、登場するキャラクターの多くはお馴染みの武将たちです。「劉備」や「呂布」「曹操」などもそうですし、特に女性キャラクターも多く登場します

ストーリーを見てるとシナリオにもユーモアがありますし、何より独自要素であるプレイヤー同士のオンライン対戦(PvP)は注目すべきポイントです。1対1のガチバトルは白熱します。

今では当たり前になったマルチプレイも5人同時までできますし、アプリの軽さもこちらの方がよいので、個人的には本作をおすすめしています!

三国大戦スマッシュ
三国大戦スマッシュ
評価
料金:無料
運営元:Ateam Inc.
AppStoreボタン
GooglePlayストアボタン


三国大戦スマッシュ 紹介パート

第15位:サマナーズウォー

サマナーズウォー:Sky Arena画面ショット

全世界7000万人が選んだ王道RPG」と言う謳い文句通り、世界中の人が遊んでいるスマホゲーム「サマナーズウォー:Sky Arena」です。

王道RPGとしての基本を押さえている上に、大勢のプレイヤー同士が闘えるので全然飽きが来ない作りになっているRPGです。まさに「ターンバトルの面白さを突き詰めた王道RPG」です。

自分自身は召還士となって、モンスターを使ってゲームを進めていきます。そのモンスターが既に1000体以上用意されているので、コレクションを楽しむという遊び方もできます。

なかなかガチャだと★5のモンスターでないんですが、★1のモンスターでもちゃんと★6まで育てることができますので、「課金はしないけど時間を掛けて強くしたい」というプレイヤーの希望も叶えてくれるのが素晴らしいです。

「アリーナ」で全国のプレイヤーとバトルして勝つと、名誉ポイントがゲットできます。これを貯めていけば課金するのと同等のアイテムと交換できます。自キャラ20体でのワールドボスバトルなどやり込み要素も多いので、洋ゲーに抵抗がない方にはおすすめです。

サマナーズウォー: Sky Arena
サマナーズウォー: Sky Arena
評価
料金:無料
運営元:Com2uS
AppStoreボタン
GooglePlayストアボタン

▲目次へ戻る

第16位:アヴァベルオンライン

アヴァベルオンライン プレイ画像

MMORPGと言えばアソビモの作品が多数人気ですが、世界中でダントツ遊ばれているのがこのゲーム「アヴァベルオンライン」です。

実際の人間と同様の頭身でリアルなキャラクターを操作して、広いフィールドでオンライン上のプレイヤーと一緒になってクエストを進めていきます。

アヴァベルが3DタイプのMMORPGでは最もバランスが良いと思います。操作性もよく、職業によって使える技や魔法が異なるので、どうボタンに配置しておくか嬉しい悩みどころ。

進めば進むほど敵も強力になっていき、エフェクトも派手になっていて楽しくなっていきます。ゲーム機のマルチプレイアクションゲームが好きな方でも満足できるMMORPGですよ。

アヴァベルオンライン
アヴァベルオンライン
評価
料金:無料
運営元:Asobimo, Inc.
AppStoreボタン
GooglePlayストアボタン


アヴァベルオンライン 紹介記事

第17位:城とドラゴン

城とドラゴン プレイ画像

ドラゴンポーカー」で有名なasobismが贈る人気のリアルタイム対戦ストラテジーゲーム「城とドラゴン」です。ストラテジージャンルではありますが、いわゆるタワーディフェンス系のゲームシステムになっています。

ドラゴンシリーズとしてリリースされた本作ですが、タイトルからも分かる通り「城」と「ドラゴン」が登場します・・・が、ドラゴンだけではないです

敵と味方の城がある中で、どちらが先に城を落とすかが勝負のゴールになります。出陣させるキャラを選び、配置ポイントにタッチすると召喚玉を消費しながらキャラを出現させます。出陣したキャラはその個性に応じて自動で動いてくれるのですが、敵に陣営に応じて戦い方を考えなくてはいけません。

ワラワラと進撃していく剣士や遠くから敵を攻撃するアーチャー、敵を吹っ飛ばすリザードマンや味方の盾になるオークなど、キャラによって役割や行動が異なってきます。より強力なキャラはもはや怪獣・巨人クラスで、戦いにめっちゃ迫力が出ます。

フレンドと協力しながらクエストを進めることもできます。何よりもっとも白熱するのが他のプレイヤーとのPvPになります。チーム戦もできるのですが、こういう「どっちが先に城を攻め落とすか」をオンラインで遊ぶとめっちゃ興奮しますよ!

※2/16~3/2まで進撃の巨人とのコラボ開催中!!進撃の世界観とゲーム性がうまくマッチしています!!

城とドラゴン
城とドラゴン
評価
料金:無料
運営元:asobism
AppStoreボタン
GooglePlayストアボタン

第18位:キング・オブ・アバロン: ドラゴン戦争(KoA)

キング・オブ・アバロン プレイ画像

世界的にストラテジーゲームが人気ということもあり、最近色々な種類のものが増えています。そんな中、本作はドラゴンを従えて戦うことができる新作「キング・オブ・アバロン: ドラゴン戦争」です。

世界の舞台は中世。帝国の中に「ドン!」と鎮座するどデカいドラゴンの卵が印象的なのですが、孵化すると様々なタイプのドラゴンが誕生します。

ドラゴンを育成して強力な武器として従えつつ、戦力となる兵士も育てていくわけです。資材を集めて、施設を建て、帝国を大きくするという点はよくあるストラテジーゲームと同じです。

また、ワールドマップを開くと巨大なモンスターがうろついているのも特徴的です。

スキルをうまく使って有利に進めたり、同盟を組んで助けてもらったり、遊びやすい作りになっています。チャットも活発な印象を受けました。

キング・オブ・アバロン: ドラゴン戦争
キング・オブ・アバロン: ドラゴン戦争
評価
料金:無料
運営元:DIANDIAN INTERACTIVE HOLDING
AppStoreボタン
GooglePlayストアボタン

第19位 : トーラムオンライン

トーラムオンライン プレイ画像

自由を謳歌する正統派MMORPG」というキャッチフレーズで人気が出て来ているアソビモのアプリ「トーラムオンライン」です。

キャラメイクが500億通りを越えるということで、自分なりのキャラ作りができることが特徴として上がっています。職業制がないRPGなので、職業に縛られずキャラ育成ができるのは個人的に評価が高いです。

ゲーム性自体は王道で、キャラクターは少しデフォルメされていますね。まさにファンタジーRPGという世界観

全体のクオリティがバランス良く高く作られているので、とても遊びやすいMMORPGになっています。

トーラムオンライン
トーラムオンライン
評価
料金:無料
運営元:Asobimo, Inc.
AppStoreボタン
GooglePlayストアボタン

第20位:エイリアンのたまご

エイリアンのたまご プレイ画像

エイリアンを交配してたまごを産み、より強いエイリアンを誕生させていく新感覚のシミュレーションRPG「エイリアンのたまご」です。アプリ名も見た目も可愛いですが、ゲームとしてしっかり作られているタイトルです。

通常のソシャゲ―だとキャラクターはガチャで入手しますが、本作の大きな特徴になっているのが「エイリアン同士を交配することで子孫繁栄できる」ことです。

特定のエイリアン同士を配合するとより強力なエイリアンに変異したりと、配合する行為がすごく面白いです。家庭用ゲームでは配合要素のあるゲームは色々なジャンルでありましたが、スマホゲームでもこういうのは面白いですね。

ゲーム性としてはクエスト型のオートバトルになっています。オートではありますが、それぞれのエイリアンがちゃんと意思を持っているように動いてくれます。自分が配合したタマゴから生まれたエイリアンなので、なんか不思議と愛着が湧いてくるんですよね(笑)

エイリアンですが見た目は人っぽいものやロボットっぽいものなど様々なので、コレクションする面白さもあります。可愛いだけのゲームではないので、女性だけでなく男性も楽しめると思います。

エイリアンのたまご
エイリアンのたまご
評価
料金:無料
運営元:株式会社パオン・ディーピー
AppStoreボタン
GooglePlayストアボタン





▲目次へ戻る

第21位:チェインクロニクル3

チェインクロニクル プレイ画像

圧倒的人気と高い評価を誇るシミュレーションRPGの第三部「チェインクロニクル3 (通称:チェンクロ)」です。2016年11月に第三部のシナリオが追加され、ゲームタイトルにも”3″が付くようになりました。

第一部・第二部もそのまま遊べますし、新しい第三部からも遊べるようになっています。第三部は第二部エンディングの5年後という設定になっており、第三部は5人の主人公と5つの物語が互いに交差する壮大なストーリーになっています。

ゲーム性は横視点型のタワーディフェンスになっています。3×3マスの陣地を基準に、次から次へと攻めてくる敵を後ろに行かせないようにキャラの動きを指示する戦闘システムになっています。単調ではないので、バトルのやり応えがあるんです。

チェインクロニクルは評価は非常に高いのですが、売上ランキングの上位にはあまり出て来ません。というのも、課金しなくてもガチャで強いキャラを入手しやすいというのが理由として挙げられます。レビューを見ても、その点を高く評価している声が多いんです。

既に有名なゲームではありますが、ソシャゲ―・スマホゲーを幅広くたくさんの人が楽しめるようなゲーム設計がされている点がとても気に入っています。大人も満足できるゲームなので、今回ランキングに挙げさせてもらいました!!

チェインクロニクル3
チェインクロニクル3
評価
料金:無料
運営元:SEGA CORPORATION
AppStoreボタン
GooglePlayストアボタン

第22位:戦乱のサムライキングダム

戦乱のサムライキングダム プレイ画像

スマホゲームの中では長く運営されている人気作、ドット絵で描かれる歴史RPG「戦乱のサムライキングダム(通称:サムキン)」です。

イカした武将たちを集めて戦を進めていくRPGなのですが、本作の特徴はなんと言っても2Dのドット絵でしょう。

かつてのRPGの主流、横視点で繰り広げるバトルでは味方キャラクターは全てドットで描かれています。またこれが細部まで細かく描かれていて、往年のRPG好きにはたまらないビジュアルなんですよね。

MMO要素が強く他のプレイヤーと共闘しやすいという点や、ゲージが溜まると発動できる「全力解放」や「武心共撃」といった必殺技を与える気持ち良さがあります。

過去には「進撃の巨人」や「NARUTO」などとのコラボも実施していて、長く運営されているスマホゲームだからこその特典もあります。ドット絵になった話題のキャラクターたちに注目です。

【サムキン】戦乱のサムライキングダム
【サムキン】戦乱のサムライキングダム
評価
料金:無料
運営元:Mynet Games Inc.
AppStoreボタン
GooglePlayストアボタン


戦乱のサムライキングダム 紹介パート

第23位:ロードモバイル

ロードモバイル プレイ画像

クエスト型のRPGとストラテジーゲームが融合した、全世界で3000万以上DLされている戦略系ゲーム「ロードモバイル」です。

自国内に施設を建設して、資源を集め兵を増やし、研究をして国を成長させていくというのは一般的なSTG(ストラテジーゲーム)と同じです。そんな中で、本作の大きな特徴なのが戦争のリアルさだと思います。

よくあるSTGだと、戦いの様子は一瞬です。リプレイできるものもありますが、兵士1人1人が戦っている様子までは分からないものがほとんどです。ロードモバイルはその戦っている様子がかなり細かくシミュレートされています

また、どの施設を作るかの自由度も比較的高いのも特徴の一つです。お決まりの全部作りなさいではなく、空いた敷地には自分なりの方針を立てて作っていけるのも人気のポイントになります。

5人までのヒーローを編成して挑むクエストもあります。これがRPG要素にあたるんです。それぞれのヒーローにはスキルが設定されていて、自国の成長にも影響したりするのがまた面白い!

iTunes、Google Playどちらのストアでも評価が4.5以上とめちゃくちゃ高い評価を受けています。洋ゲーなのでグラフィックに抵抗感を受ける人もいるかもしれませんが、ゲーム性の面白さは太鼓判です。

ロードモバイル
ロードモバイル
評価
料金:無料
運営元:IGG.COM
AppStoreボタン
GooglePlayストアボタン

第24位:ブレイジングオデッセイ

ブレイジングオデッセイ プレイ画像

バトル × フィールド探索 × 巨大ボス協力バトル × クラフト × ストーリー」とRPGの面白い要素をてんこ盛りにしたgumiが贈る新作スマホゲーム「ブレイジングオデッセイ」です。

ファンタジーフィクションにあたるストーリーで、ジャンルとしては王道RPGにあたりますが、一つ一つのRPG要素が丁寧に作られています。

よくある王道RPGでは1回のクエストで数回のターンバトルが次へ次へと発生するシステムが多いですが、本作はローグライクRPGのようなフィールド探索をしながら索敵をします。探索型のクエストでは、マップ上にあるアイテムを拾い、隙をついて敵との戦いに挑んでいきます。隠しアイテムや隠し通路もあり、謎解き要素もあるのが特徴的。

バトルはRPGの王道パターンで、素早さを基準にしたターン制バトルになっています。シンプルではありますが、ゲージが溜まるとコマンドで発動できる必殺技がド派手なので、バトルに迫力のある作りになっています。

巨大ボスの戦いはリアルタイムで行われ、最大4人同時参加(合計16体のキャラクター)のバトルが熱いです!武器や食事を作れるクラフト要素もあるので、やり応え十分で今後大きな人気になると予想されます。

ブレイジング オデッセイ
ブレイジング オデッセイ
評価
料金:無料
運営元:gumi Inc.
AppStoreボタン
GooglePlayストアボタン

第25位:キン肉マン マッスルショット

キン肉マンマッスルショット プレイ画面

昭和の名作マンガ・アニメの代表格でもあるキン肉マンの登場キャラクターをひっぱって攻撃するスマホゲーム「キン肉マン マッスルショット」です。

某ひっぱりハンティングゲームも人気ですが、こちらもじわじわと人気を集めています(最近私はこっちで遊ぶ方が多いです)

主人公であるキン肉マンやテリーマン、ロビンマスクなどの正義超人だけでなく、悪魔超人や完璧超人など懐かしのキャラクターが多数登場します。キン肉マンⅡ世のストーリーも用意されており、キン肉マンの世界を堪能できる内容になっています。

何よりプロレスという世界観と引っ張って戦うゲーム性はマッチしているんですよね。基本はリングの中でバトルをしますが、ゲージが溜まってから発動する必殺技を決めた時の爽快感がかなりもの!

そして、アプリもサクサク軽快、協力プレイは全国で募集できる、そして超人玉がめっちゃ溜まりやすいので遊びやすさが全然違います。もっとひっぱりアクションを楽しみたい方にはおすすめのゲームです。

キン肉マン マッスルショット
キン肉マン マッスルショット
評価
料金:無料【PR】
運営元:DeNA Co., Ltd.
AppStoreボタン
GooglePlayストアボタン


キン肉マンマッスルショット 紹介パート

▲目次へ戻る

第26位:ARCANE(アーケイン)

ARCANE プレイ画像

PCゲーム「Arcane Heart Web」を題材にしたスマホゲーム「ARCANE(アーケイン)」です。PCのゲーム感をそのままにスマホでも遊べるようになったMMORPGです。

最近のアクション系MMORPGは3D化が進み、リアルなグラフィックのものが増えてきましたが、本作は2Dグラフィックを基本としています。グラフィックの雰囲気は懐かしさもありつつ、スマホの液晶でも映える出来になっています。

まずプレイして衝撃を受けるのが、シームレスに続くマップが非常に広大なこと。はっきり言って、広すぎてミッションを受けてもどこに行けばいいのかわかりません(笑)

それでもサクサクプレイできるのが「オートプレイ」に対応していることに起因します。ミッションの地点に進むのが楽になるので、このゲームはオートプレイがうまい具合に機能しています。

導入部分では洋ゲーにありがちなおつかいクエストは多いものの、広大なマップで遊ぶ2D MMORPGはやはり面白く、5ギルド最大150名が同時対戦可能な攻城戦といったオンライ要素もありおすすめです!

ARCANE
ARCANE
評価
料金:無料
運営元:Gala Japan Inc.
AppStoreボタン
GooglePlayストアボタン

第27位:イザナギオンライン

イザナギオンライン プレイ画像

アソビモがグラフィックを追求した結果、家庭用ゲーム機でも採用されているゲームエンジン「Unreal Engine3」で描かれているMMORPG「イザナギオンライン」です。

このゲーム、何がすごいってグラフィックの超美麗さなんです。

「Unreal Engine3」を採用しているだけあって、グラフィックはまさに家庭用ゲーム機レベルです。個人的な体感としてはPS2とPS3の間くらいのクオリティだと思います。

忍者が活躍する世界と言うこともあって、まさに日本人向けのMMOなのではないでしょうか。

ただ、スマホのスペックが低いと(特にAndroidだと)動かない場合があるので注意してください。高スペックスマホを使っている方にはぜひ遊んでみて欲しいほどのグラフィックが綺麗です!

イザナギオンライン
イザナギオンライン
評価
料金:無料
運営元:Asobimo, Inc.
AppStoreボタン
GooglePlayストアボタン

第28位:戦国アスカZERO

戦国アスカZERO プレイ画像

戦国時代を舞台にしたスマホゲームは数多くありますが、その中でも本作は武将がみんな美少女という特徴を持ったRPG「戦国アスカZERO」です。

突如として滅ぼされた国を復活させるべく奮闘する、「国づくり」×「本格バトル」の戦国RPGになっています。

王道RPGとしてもしっかり作られていますが、本作で肝となるのが「国づくり」と「美少女武将」です。

武将が美少女になる不思議さがまた妙なハマる面白さがあるゲームです。

戦国アスカZERO
戦国アスカZERO
評価
料金:無料
運営元:ORATTA, Inc.
AppStoreボタン
GooglePlayストアボタン

第29位:ぼくらの甲子園!ポケット

ぼくらの甲子園ポケット プレイ画像

全国4000校の中から好きな高校を選んで甲子園優勝を目指す「ぼくらの甲子園!ポケット」です。個人的な印象としては、スポーツゲームというよりは育成シミュレーションの要素が強いゲームになっています。

育成する選手のポジション(投手、外野手、内野手、捕手)を選び、すごろく風の練習を重ねて能力を伸ばしていき、グローブやバットなどの身に着けて選手を育成していきます。

ボードゲームが好きな私が非常に面白いと感じたのが、すごろく風の練習なんです。サイコロを転がして出た目の分だけ進み、そのマスに設定されている練習をしたりアイテムをゲットしたり。練習ではちょっとしたミニゲームによって、成長ポイントが異なる仕組みになっています。

一般的なスマホゲームだとプレイヤー個人個人の強さが求められますが、このアプリが一味違うのが「プレイヤー同士でチームを組む」という点です。そのため、チームとして強くなることが求められます。

マルチプレイで遊ぶことが中心の野球シミュレーションゲームとして、よくあるスマホゲームとは一線を画しますが、これがなかなか面白いです。

ぼくらの甲子園!ポケット
ぼくらの甲子園!ポケット
評価
料金:無料【PR】
運営元:KAYAC Inc.
AppStoreボタン
GooglePlayストアボタン

第30位:エレメンタルストーリー

エレメンタルストーリー プレイ画像
あらゆる遊びの要素を備え持つ特大ボリュームのパズルゲームです。同じ色のピースを揃えて消して攻撃を与えるところは定番なのですが、そのピースの色の揃え方によって様々なスキルが発動できます。

キャラクターによってスキルが異なるので、どういうパーティを組むかで色の揃え方も変わってきます。プレイヤーとの共闘だけでなくほかのプレイヤー同士の対戦も可能になっています。対人戦ができるパズルゲームは珍しいですが、これがかなり白熱するんです!!

「広大なマップのどこからクエストを進めてもよし」「アリーナでリアルタイムバトルを重ね最強を目指してもよし」「4人共闘で仲間とワイワイ遊んでもよし」と、ゲーム要素がてんこ盛りなのが特徴的です。

今ならレアガチャ無料で引き放題、好きなモンスター最大10体まで無料獲得など、未経験の方が今から始めるのにチャンスなキャンペーン実施中です。めっちゃガチャ引けるので、虹色の玉がバンバン引けて楽しいです(笑)

エレメンタルストーリー
エレメンタルストーリー
評価
料金:無料
運営元:CROOZ, Inc.
AppStoreボタン
GooglePlayストアボタン


エレメンタルストーリー 紹介パート





▲目次へ戻る

スポンサーリンク

新着記事のお知らせ

もぐ
30代半ばの1児の新米パパ。5歳からファミコンを始めて今では立派なおっさんゲーマー。ネットワークなどのITインフラ全般、WEBシステム系の開発やディレクション、データ分析など色々やってるエンジニア。 当ブログ【時機到来】はおかげさまで毎月100万回以上読まれています。 お問い合せはこちら
 

関連記事